« 大きさより通る声 B187 | トップページ | 聞いてもらうには☆ B188 »

2014年6月 1日 (日)

ことば力 V254

 緊張して話せない人、ことばがなく話せない人、ことばにできない人の多い、「葦原の瑞穂の国は神ながら言葉解せぬ国」(柿本人麻呂、万葉集)の日本では、アグレッシブに論じたり、諭すことが、ますますできなくなってきました。リーダーのような立場の人さえ、話させることの大切さを説くばかりになりました。日本国民総ヒーラーかカウンセラーですね。声に問題を抱える人に対し、ヴォイストレーナーにも、それが求められるのは当然なのでしょうね。
1、 たくさん聞いて、たくさん声にする(歌う)
2、 よく聞いて、よく声にする(歌う)
聞くのは歌い手なら歌がことばです。この2つの主題なくして
1、 たくさん話す
2、 よく話す
が努力目標になってきました。私としては、たとえビジネスや日常生活でも
1、 たくさん聞いて
2、 よく聞く
という前提は崩せないと思うのですが。

« 大きさより通る声 B187 | トップページ | 聞いてもらうには☆ B188 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事