« ポップスの声  B192 | トップページ | 海外に行く B193 »

2014年6月 6日 (金)

オリジナルへのアプローチ V259

・一フレーズでの高さ、大きさ、長さ、音(発音)での完成、それらのMAXのもの
・全体のしっかりとした流れでのデッサンのよいもの
・軽くバランスと流れがスムーズ
・出だしの声一つで全体が動く、変じていくもの
同じ声や歌い方はないのですが、共通として、そのヴォーカリストのもつ固有性、他人にできないオリジナリティをどこにみるかは大変な問題です。
声楽家は声10+1~10~20
    歌10+1~10~20(ただし発声レベルとして共鳴上での歌唱)
メンタル―元気、威勢のある、楽しい
     威厳、説得力、重さ
     余裕、懐の深さ
スタンス―引いている、小さくまとまる→解放
声    くせ、かぶせる、おとす、もたれる、ほる→芯と共鳴
フレーズ 押しすぎない、ひっぱりすぎない
構成   変化(みせ)―収め方

« ポップスの声  B192 | トップページ | 海外に行く B193 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事