« 聞く B194 | トップページ | ホームページ お知らせ »

2014年6月 8日 (日)

日常のトレーニング V261

 普段の話も大きくすることについては、練習でないときはよいのですが、ステージやトレーニングを歌唱目的でやっているなら、疲れの回復を遅らせ、慢性の疲労になりかねません。
 特に相手のいる会話では、正しく発声する余裕はないので、せめて一人のときに朗読などで行うようにしましょう。
 練習のヴォイトレ、母音、ハミングなどに比べて、せりふは子音などがあるので、ややハードなもの(疲れやすいもの)です。中心は、母音とその共鳴(レガート、ロングトーン)などですね。

« 聞く B194 | トップページ | ホームページ お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事