« 真の目的 B197 | トップページ | 質を問う B198 »

2014年6月11日 (水)

フィードバック感覚の差 V264

いつもバッティングの例で恐縮ですが、私たち一般人が、ストライクのボールにあたったというレベルで喜ぶのに対して、プロはボールのどこに当たったかまでを正確に捉えられる体感力があるのです。ボールの10センチくらい上を空振りして「惜しい」と、私が思うのに対して、1,5センチくらいの差で大空振りと感じているというのくらいの大差があるのではないでしょうか。(私の想像です)
 つまり、素人は10回スイングして、毎回2㎝以上違うし、そういうことも把握できていないのに対し、プロは全く同じ、何ミリにしかずれないスイングをしているのです。

« 真の目的 B197 | トップページ | 質を問う B198 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事