« 子役オーディション番組を見ていて | トップページ | 体を例に V296 »

2014年7月13日 (日)

似せない B229

大きな声や高い声が出せないなら、神様は違うものを与えてくれている。それを磨きなさいと。そのほうが世の中に通用する、必要とされるし、接点になる。
 今、皆がこういう音楽をやっているから、こういう音楽をやろうと思った時点で、出ていけなくなります。こういう音楽を10年前からやっていたらよいのですが。
 何をやっていくかということでは、その人の人生の目的というのはさまざまです。
 素人で今まで歌ったことがない人が、ビートルズのコピーをやりたいといったら、それはよいことです。今まで3,40年、ビートルズを歌ってきた、あるいはプレスリーをずっと歌ってきて、これ以上似ないから、ヴォイストレーニングでもっと似させてほしい。そういう場合は難しいでしょう。でも、本当の基本に戻れるチャンスでもあります。
 

« 子役オーディション番組を見ていて | トップページ | 体を例に V296 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事