« 皮肉 B235 | トップページ | レッスンは継続的に行いましょう »

2014年7月19日 (土)

「本当に学んでいくために」 V302

○身につくということ

 本当に身についていることの結果は、身についているのですからそれでよいのです。そこで価値が本人に感じられていればよいのです。他人に与える価値ということなら、他人がそれを感じていればよいのであり、本人は知らなくてもかまいません。それでやっていることがうまくいっていることが、身についているということなのです。
 何も、「身についていますか」「できていますか」などと聞かなくてもよいのです。聞かなくてもわかるものであり、わからなければ、まだ、それだけのものなのです。
 また、聞かなくてわからない人もいれば、そうでない人もいます。自分の伝える相手が認めればよいだけのことです。日常、自然のことなのです。
 不自然なのは、身につけようとするからです。それを早くとか、他人、この場合、先生とか師とかトレーナーから学ぼうとするからです。それを特定の相手、あるいは、不特定な人々に、特別に認められようとするからです。不特定、と言っても、実のところ、仕事なら仕事をくれる相手と、その向こうの客と特定できるのですが。

« 皮肉 B235 | トップページ | レッスンは継続的に行いましょう »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事