« 演出としてのヴォイトレ B237 | トップページ | お笑いの声と耳 B238 »

2014年7月21日 (月)

伸びしろ V304

「声は日常の中にあるから、楽器のようにいかない」ということは、先生やトレーナーを選んだり、方法メニュを選ぶのにも、思っている以上に難題となってくるのです。
 まして自分の性格、個性や評判などを気にするようになり、本やCDや、ネットの多くの情報に翻弄され、自我ばかりが大きくなってしまうと、もはや、伸びしろがほとんどない状態にあるわけです。
 自分の力をつけたい、変えたい、変わりたいから学ぶのであるなら、今の自分自身の学びの限界を破るのが目的であるはずです。それを自分の頭で考え判断するのは、自分で考えられる限界のなかで動くのだから大して変わらないということなのです。
 

« 演出としてのヴォイトレ B237 | トップページ | お笑いの声と耳 B238 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事