« 歌い手の力 B239 | トップページ | 実力 B240 »

2014年7月23日 (水)

カラオケ化するヴォイトレ  V306

 本当に学ぶというのは、自分の理解をはるかに超えるところに学ぶということです。すぐれた人は、海外の一流のアーティストのステージや作品にストレートに学んでいます。ですから、ヴォイトレなら「どうしてあのような声が出るのか、まったく理解できない」が「実感できない」になり、「実感できてきたが、できない」が「できないのができるように理解できる」。やがて、「これだけ足らないと実感としてみえてきた」となっていくものです。  ただ、この分野は、アーティストであっても一般の人にわかるようにレッスンするとなった途端、適任者でなくなります。ストレートから濃縮還元になるようにです。 カラオケ教室や本やDVDなども同じです。ないよりもあった方がよいのですが、それで人が育つことはめったにありません。0よりは1でもあればまだまし、という点では教育のノウハウの一つでなあります。それを100パーセントやったところで、必要な分の1割に達しないと思ってください。  

« 歌い手の力 B239 | トップページ | 実力 B240 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事