« 慣れと本気 B245 | トップページ | 逆効果 B246 »

2014年7月29日 (火)

スタンス V312

学ぶというスタンスがわかっていない人は、学んでいるようでも大して学べないし先がありません。スタンスは、声を学ぶことよりも大切なことです。声を学んでいるつもりでも、学ぶのは声ではないのです。スタンスが学べたら声もものになる可能性が高まります。身につくところのベースができることがスタンスというものです。
 自分への評価などはトレーナーに任せればよいのです。一人でなく、何人かのトレーナーが認めているならば、それは力となり身になっているのです。ただ、やさしく甘いだけのトレーナーではだめです。厳しいトレーナーがいなくなってきたことが問題です。レッスンやあなたに対してでなく、声や表現に対して厳しいということです。
 トレーナーの基準(ここでは、トレーナーが自分で身につけたもの)だけでは、ダメです。世の中においての価値、それも創造的な仕事への評価においてみなくてはなりません。
 自分で自分をいくらよいと思っても仕方ありません。トレーナーをもっとも厳しい客として使うことです。トレーナーの力を判断しようなどとしたところで、より学べない状況から抜けられないようになってしまいます。それは、最悪の接し方です。自分の実力を自分で固めて、最低レベルに制限してしまうだけだからです。

« 慣れと本気 B245 | トップページ | 逆効果 B246 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事