« できない V320 | トップページ | ゼロに戻す V321 »

2014年8月 7日 (木)

気づきとアイデンティティ B254

自分で気づいていることは直るのです。本当に気づいていたら、それが直らないと生きていけないというくらいに、こだわると直ります。そのこだわりはトレーナーに任せるのではなくて、自分でもたなければいけません。
 ある意味のこだわり、完璧主義です。それを何か方法をつかって、うまくやろうとすると、おかしくなります。
 プロとしてやってこられた人、トレーナーやキャリアを持っている人が来ることもありますが、まったくの素人であっても、レベルは違ってもここでは同じ扱いで充分のようです。

 本来は言語がベースのところで声はできるのです。ホーミーやヨーデルとかの特殊な歌唱法は別ですが、言語できちんと成り立たせておく。そうしないと、後で歌になったときに足のつき方とか、存在感や個性、そういったところが抜けたままいってしまう可能性があります。その人のアイデンティティ、それを日本の場合はあまり問わないのです。問わないできたからです。

« できない V320 | トップページ | ゼロに戻す V321 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事