« 台風11号 お知らせ | トップページ | アラウンド40 V325 »

2014年8月11日 (月)

守る B258

毎日舞台が2回、365日、そういう人もいます。そうなったときにはやれない。日本のプロの場合、ほとんどの場合、3日おきのコンサートさえきつくなります。毎日2回になっても耐えられるようにやるというのが、トレーニングの意味ですね。  たとえばタップや踊りをやっている人もクラシックバレエを習います。それをバレエで踊らなければいけないからやっているわけではない。そういうことをやることで、体の感覚を鋭くして体を守る。バレエの動きをできるような体を持っていたら、他の踊りも、長く続けることができる。それから自分の身を守ることができる。  サッカーや野球でも、一流である条件は、けがをしないということです。怪我をしたら、何もならないです。うまいという前に、続けて出られなくなってしまったら終わりでしょう。そういう意味でも、ヴォイストレーニングを位置づけると、よいと思います。  

« 台風11号 お知らせ | トップページ | アラウンド40 V325 »

14)レッスン録アーカイブ」カテゴリの記事