« 夢とタイプ B276 | トップページ | 他のものと違うこと B277 »

2014年8月29日 (金)

一流の条件 V343

 頭で考えてもわからないと取りつかれたように繰り返す、数を重ねる、聞く聞く…たくさん、一流のものを聞いたあとは、出す…声を出してみるわけです。そう簡単に取りついてくれないものです。ここでも、取りつかれる状況をつくっていく。
 取りつかれるとは、疲れを感じなくなること、自分の体が自分のでなく、声も自分のでなくなること。残念なことに、私はまだ自由にそこの世界と行き来できません。昔、2回だけ行ったときに戻れなくて困りました。一流のアーティストとは、そこへ自在に行き来ができる人たちだと思ったものでした。

« 夢とタイプ B276 | トップページ | 他のものと違うこと B277 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事