« うまくなるな B275 | トップページ | 夢とタイプ B276 »

2014年8月28日 (木)

取りつかれる V342

 エネルギーとは何なのでしょうか。言霊とか物の怪と言う人もいるようですが、能の声のレッスンなどをしていると、人間としてのよい声だけでは、つくりすぎてだめなのですね。もっと違うものが伴わなくてはいけません。何かが降りてこなくてはいけません。その状況を呼び込む声、息、体でなくてはならないのです。
 名人の渋い声に感じられるのに、若手のよい声に欠けているものです。同じフレーズでの比較から、私は、伝統芸の声に入っていたのです。
 トップレベルの演者の同じ演目、たとえば「船弁慶」を何人も比べる。これは、オペラやカンツォーネなどを通じてポップスやクラシックの本質をつかんだレッスン法と同じです。
 

« うまくなるな B275 | トップページ | 夢とタイプ B276 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事