« くり返しだけではない V379 | トップページ | 目的とスタンス V381 »

2014年9月30日 (火)

少しの違い V380

 「少しの差」からものごとというものは、決まっていくものです。音楽でのリピートでの快感の積み重なりは、まさにそうでしょう。同じことがくり返されるから、ちょっとした変化に敏感になり、感覚も高まるのです。つまり、興奮して感動できる状態がもたらされるのです。
 レッスンやトレーニングもおなじです。同じことのくり返しでの少しの変化から快感になってくるのが理想です。そうなっていないとしても、その「少しの差」がわかってくればよいのです。
 同じことをやることで、慣れからくる安心感や、継承感だけで充実し、満足するのではありません。そこから出てくる、あるいは気づく「少しの差」に新しい自分の可能性を嗅ぎつけるところに本意があります。それは、心身の感覚センサーのなす術です。
 この働きを助けることがレッスンの第一なのです。これを邪魔して、トレーナーが自らの指示に従わせることがレッスンの目的であってはいけません。それはプロセスだからです。
 未来への一歩、「何ができた?」「何ができる?」は、このわずかな差に気づくことにあります。それをくみ出すことこそが、芸なのです。だからこそ、同じメニュを真剣にくり返す必要もあるのです。
 

« くり返しだけではない V379 | トップページ | 目的とスタンス V381 »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事