« 歌のレッスンの感想 | トップページ | 玄関先の灯篭 お知らせ »

2015年1月24日 (土)

表現者の精神力

錦織選手が全米オープンで準優勝しましたね。レスリングの吉田選手は不幸を乗り越え、金メダル。最近またV15達成したようですね。ソチオリンピックでは羽生選手が金メダルをとりました。浅田真央選手は、前日のショートプログラムでの失点を、翌日のフリーで見事に挽回しました。
これらの報道を見ていて、毎回思うのです。すごい精神力だなあと。どの選手も、インタビューの際に、「メンタル面を強化していく」というようなことを話します。技術は練習をすればついてきます。その技術を勝負の場で披露できなければ意味がありません。それが、精神力なのです。
芸術の世界も同じだと思います。日々のレッスンの成果を出せること、それだけでなく、目には見えない不思議な力が伴って、いつもより素敵なパフォーマンスができること、それがプロとしての意識であり、より魅力的な表現者になるのではないでしょうか?
人前に出て表現することは、自分を丸裸にするようなもの、とよく言われます。心地よいものである一方、もし失敗したら・・・もしうまくできなかったら・・・という恐怖心や不安感も伴います。頼れるものは日々のレッスンのみ。レッスンを重ね、自分に自信を持っていくこと。スポーツ選手を見ていて、毎回自分の職業と重ね合わせ、自分はどうであるかと振り返ってみています。(♯Å)

« 歌のレッスンの感想 | トップページ | 玄関先の灯篭 お知らせ »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事