« エヴァ・メイのレッスンを聴講して | トップページ | ブログ更新 お知らせ »

2015年2月15日 (日)

声が細くても大丈夫

 あなたの声が他の人に聴き取れないほどの弱々しい声で、日常的な会話に不自由するくらいならば、異常があるということも考えられます。一度、医師に相談してみた方が安心でしょう。
 でも、思い通りにすぐに声が出ないという程度であれば、その必要はありません。
 声は個人差の大きいものです。声量や声質は誰一人として同じ人はいません。気分や体調にも、状況や相手にも大きく左右されます。
 とはいえ、一般的に声が太いと力強く、声が細いとどうしても弱々しく聴こえるものです。
 声が細い人は、それが自分の声が本来もっている特色、個性ですから、無理に太くしようとせず、声の使い方に磨きをかけるつもりでトレーニングをしましょう。細くてもよく通り、張りのある声であれば、充分にどこでも通用するものです。
 逆にいくら太い声で声量があっても、ただことばを発しているだけでは、誰も耳を傾けてくれません。

« エヴァ・メイのレッスンを聴講して | トップページ | ブログ更新 お知らせ »

12)音声と表現の話」カテゴリの記事