« 発声のメソッド | トップページ | 桜 お知らせ »

2015年4月 1日 (水)

今日のメッセージ

〇鍛えるということ

Q.喉を鍛えるのはよくないと言われました。

A.私は、トレーニングとは鍛えることだと思っています。ヴォイトレは、ヴォイストレーニング=声トレーニング=声を鍛えるです。筋トレ=筋肉を鍛える、ですが、これと異なり、声を鍛えることは、よくわからないことがたくさんあります。喉の筋肉を直接鍛えることも難しいです。
 鍛えられるということは、そこが弱っている人がいることからも確かですが、鍛えた筋力で声を押し出すわけではないからです。また、他の筋肉や骨のように壊して再生、強化するのでもないでしょう。
 声のトレーニングとなると声に関して行うトレーニングとなって、もっとぼやけます。でも「鍛えられた筋肉」というのに「鍛えられた声」というのを対置するのはおかしくないでしょう。それは確かに存在すると、多くの人が感じているからです。現実に、言語機能回復のリハビリでは「鍛える」ようにしているわけです。
 今のヴォイトレというのが、鍛えられた声を目指すとは限らない、むしろ、目指していないから、わかりにくくなっているともいえるのです。
 

« 発声のメソッド | トップページ | 桜 お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事