« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | カラオケ お知らせ »

2015年4月25日 (土)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○歌の凋落  

よく「聞ける歌がなくなりました」と言われます。それはどの時代でも年をとるにつれ、若い人の新しい感性についていけなくなるから当然です。確かに、20世紀の歌、その歌手のもつ力に比べたら、今や風前の灯ともいえます。その理由について、私は相手によっていろいろと答えてきました。いくつかあげてみると、 ~カラオケが普及し、一般の人が歌う時代ですから ~ラジオやレコードの時代ほど耳が肥えていませんから ~あらゆる曲のパターンが出尽くしてしまいましたから ~小さい頃から歌に親しんでいませんから ~皆で歌える歌がなくなりましたから ~もっとおもしろくて楽しいことがたくさんありますから ~いい曲や歌い手が少なくなりましたから  それぞれについて、異論もさらなる各論もあることでしょう。残念なことに、日本人の定番だった「蛍の光」「仰げば尊し」「君が代」も外れました。老若男女、すぐに口ずさめる曲は、どのくらいあるのでしょう。相変わらず、「あの素晴らしい愛をもう一度」「翼をください」あたりまで遡ることになるのでしょうか。  流行するもの廃れるものは、時代、市場の動向によります。とはいえ、よりすぐれたものにすぐれた才能が結集したときに生まれます。そこは時代の産物であっても、市場は新たにつくれるわけです。  

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | カラオケ お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事