« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | スカイプレッスン お知らせ »

2015年4月20日 (月)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○当てはまらない人

 これはこれまで述べたように、天才的、あるいは、オリジナリティあふれる人、これをプラスの極とすると、全く人並みから離れてうまくいかない人、これをマイナスの極として、この両極の人には、ほぼ当てはまらないのです。これを一本の線上に並べてプラスマイナスの極とみるよりは、平均的な人を真ん中に、円の周辺の人になるほど平均的なことは当てはまらないとみるとよいと思うのです。多くの人はどことなく当てはまり、どことなく当てはまらないのですが、それをよしとみるか、違うとみるかだけなのです。
 私のところのトレーナーは、ほぼ皆、声楽専攻で音大にいましたので、そこでの標準化されたやり方やそれによる一般的な習得プロセスは、ほぼ理解しています。十代後半で普通の喉をもつ、優秀なのかどうかはともかく、ひどい損傷のない人への確実な上達方法は知っています。
 しかし、一般社会へ出たら、年齢も育ち方も全く違う人たちがいます。同じ日本人とはいえ、千差万別、「そのなかのルール」に当てはまらない人は、相当数いるのです。少なくとも、音大生はドの音を出してドを出せない人を身近にみてきていないのです。そういうトレーナーにいきなり異分野のプロを任せるのです。するとショックを受けて厳しく育ちます。
 よいトレーナーは、自らが育つトレーナーですから、育つようにします。すると、生徒さんもそうなるからです。
 

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | スカイプレッスン お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事