« 人前でパフォーマンスする際には立ち振る舞いがとても重要 | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

2015年5月22日 (金)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○多様なもの、変じるもの

 ですから、メニュもやり方も、すべて変じて自ずと多様なものになります。変じてあたりまえです。トレーナーも多様でありたいものです。多様であることが豊かなことだからです。
 なのに、レッスンで、やり方がどうなのかとすぐに言う人をみると、言う前に、なぜ一度受け入れ学ばないのかと思うのです。私もトレーナーも瞬時に変じているのです。変じたものでなく、変じることを学ぶべきなのです。
 とはいえ、先生でもトレーナーでも、大して変わっていないかもしれません。ここに入ったときのトレーナーも2人に1人はそんな感じです。「私が教えられた発声を教えにきました」というようなものです。それを「私の発声を教えにきました」にしてスタートしていただくのですが。
 どのトレーナーも、自分以外にも、いろんな正解、いや、いろんな方法やよいメニュがあるとわかるのに、案外と時間がかかります。わかっても、それを教えるのがよいのか、それが早くできるようにするのがよいのかは別のところで触れます。
 すぐれた歌唱をする人ほど、自分の今と過去のプロセスに自信をもっているから変わりにくいものです。特に、教える相手が自分よりも未熟であるからそのままです。変わらないのはまだよいのですが、「変われない」のが困るのです。
 

« 人前でパフォーマンスする際には立ち振る舞いがとても重要 | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事