« 「しなければいけない」より「したい」 | トップページ | ブログ更新 お知らせ »

2015年5月27日 (水)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○表現力を高める  

ときに、表現力をつけたいと言って来る人がいます。この場合、ベテランの人ほど変わるのは難しいことです。初心者は、一流のものを聞くこと、そこから力が引き出されるようにプログラムすればよいのです。  しかし、ベテランは、それが終わったレベルに達していますから、新しく入れるにも、入れ方から、気づきから学び直さなくては大して変わりません。特に、よりよいものが相当に入っていると思える人ほど難しい。そこでは自らを白紙にできるか、ということです。(頭だけがベテランになっていて、力が伴っていない人には、さらに難しい問題です)  表現力をもう少しつけたいというなら、技術の問題ですから、発声の基礎からやり直します。しかし、本当につけたいなら、これまでのキャリアや自信まで白紙にします。  これまでのうまくやれてきたことが、さらなる成長、可能性の追求を邪魔していると考えるくらいの覚悟が必要です。その覚悟があれば、そこまで高いレベルで自ら気づけているなら、プログラムとして与えることができます。そこから自分にないものを必死で学びます。こういう人は、本当に稀です。ほとんどの人は、自分でやってきたことを取り戻し、確認できたら満足してしまうからです。  

« 「しなければいけない」より「したい」 | トップページ | ブログ更新 お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事