« NHKの「のど自慢」を観ていて思ったこと | トップページ | 今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方] »

2015年5月29日 (金)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○有能ゆえの無能  

一人で指導している人は、その人に合わない人が辞めていくので、もっとも大切な、合わない人への対処について、あまりにも学べていません。残るのは、自分のやりやすいタイプか自分のやり方に合わせられるタイプとなります。  私は心身が丈夫というか、人並みなので、そこの弱い人への対応は遅れました。喉や心身が弱い人へは、それを克服してきたトレーナーが適任で、うまく対応してくれます。それと同じく、有能なアーティスト、歌手、トレーナーが、一般の人への対応にうまくいかない。これは表面上でなく実質面でのことです。  特にクレームがあるからでなく、本当はもっと力がついていなくてはいけないのが、少しうまくなって止まっているのは、「教える人が有能ゆえ、他の人に対して無能」ということなのです。ヴォイトレはトレーナー本人が「有能なところこそ、対処に無能になる」です。この有能さを他人に活かすには、トレーニングの経験と、他のトレーナーからの気づきが必要なのです。

« NHKの「のど自慢」を観ていて思ったこと | トップページ | 今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方] »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事