« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 口を閉じて終わらせない »

2015年5月 7日 (木)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○プロに通じるヴォイトレ

 あるベテラン歌手から「ヴォイトレに行ったが大して効果がない」という話を聞きました。「メニュの大半は歌唱のなかでできているし、それ以外は特殊で、自分の歌に使える代物ではないから」ということでした。ありきたりの典型的なヴォイトレのメニュ、方法論、つまり、形式への否定意見なわけです。
 そこで私は、まったく異なるアドバイスをしました。これまでの歌の中のもっとも歌いやすいフレーズと声を出してください。もっともよい一音中心と、曲の1フレーズだけのメニュです。
 書道での墨の付け具合と、その一筆をみる。ピッチャーならもっとも勝負できる球、最高のスピード球と最高のコントロール球をみます。実践では、状況や相手により配分を変えて、表情もフォームも読まれないようにしますが、ここではまったく自然体にします。ストライクゾーンも無視です。もっとも楽に走る球を体で覚えることを最重要視するのです。すると最高のスピード球と最高のコントロールのよい球は、なかなか一致しないということになります。
 声なら、強い声、高い声、長く伸ばす声、質のよい声(情感のこもった声)、響く声までそれぞれに違ってしまう。何かを優先すると何かが犠牲になる。しかし、それでよいのです。
まずは、そこでの自覚が大切です。

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 口を閉じて終わらせない »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事