« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | ブログ更新 お知らせ »

2015年6月14日 (日)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○体で聞く☆

 昔の人、というと失礼ですが、私が研究所を始めたときには、レッスンの質問というのは、ほとんど出なかった。それは、レッスンを受けるまえに大方片付いていた。大体は、事務的な質問だったわけです。レッスンでは、参加者はひたすら体で吸収することに専念していたともいえます。
 もしかすると、私に聞きづらかったのかもしれませんし、そういう雰囲気でなかったのかもしれません。当時、私には、質問を聞こうとする姿勢も教えようとする姿勢も、今ほどにはなかったのを認めます。
 それは時代のせいでも私のせいでもなく、いらした方が優秀、かつ自立していたからだと思うのです。私も若輩でした。でも、他のトレーナーには質問しやすかったせいか、そこを介して質問回答集などをつくっていました。レッスンでは感覚を集中させたかったからです。
 今と異なり、レッスンで学びに行くのに質問するものではないという風潮もありました。体を使った人は黙ってコツコツと変わっていくのに、頭を使った人は身につかず口から文句が出てくるようになったのは、まさに対照的でした。
 

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | ブログ更新 お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事