« ホームページ更新 お知らせ | トップページ | 今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方] »

2015年6月29日 (月)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○正しいと正しくない

 「喉が痛くならないように」「安定して声が使えるように」など、いろんな目的がありますから、それに対応しています。すべてを同時に叶えられることもありますが、必要や優先順も人によって違うわけです。むしろ、そういう課題と自分の可能性、声の限界を明らかにしていくために行うのが、私の考えるヴォイトレです。
「正しい」と考えてしまうと「正しくない」が出てきます。「正しい」ということを行うのでなく、結果として「正しい」と思われたらよいわけですが、このときは、実際は、深くてすごいとか、心地よいとか、通るとかで、あまり「正しい」にならないのです。「正しい」は消えてしまうのです。なのに「正しくない」のをやめることは、「正しくない」から「してはいけない」となってくるのです。
そして、指導は、大半が「こうするな」「こうしなさい」となります。間違いを指導するのを間違いとは言いません。しかし、体のことは、間違いをなくしても正しくはならないのです。正しくなってもよくはならないのです。「正しい」とか「正しくない」で判断される次元を超えなくてはいけないということです。

« ホームページ更新 お知らせ | トップページ | 今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方] »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事