« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

2015年6月 1日 (月)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○一流を入れる

 スポーツや音楽の世界では、ときに教えられずに、あるところまで才能を発する人がいます。しかし、それにはやはり条件があります。必ずやそれ以前、一流のプレー、試合、作品などに接して、自らそこから吸収しているのです。独力で伸びる人は誰よりもそこから多くのものに気づき、学び、自分をコントロールし、足らないところを補っています。語学などもラジオだけで何か国語もマスターした人もいますね。何から、あるいは誰から学ぶかもセンスであり、才能の一つです。
 オペラにはメソッドがありますが、ポップスや邦楽にはありません。メソッドといっても、その時代の流行のもので、全世界で統一してあるというわけではありません。
 ここで述べたいのは、独力であれ、学校であれ、一時期はしっかりと他の人に学んでいるという事実です。歌を聞いてもいないし歌ってもいないで歌手になった人もいません。最初からうまかったとしても、しゃべれなかった時には、プロのように歌えていないでしょうし…。実力は、何に出会い、どう反応してきたかの積み重ねなのです。

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事