« トレーナーとしての自分と生徒としての自分 | トップページ | 芥川賞受賞 羽田圭介氏 お知らせ »

2015年7月15日 (水)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○体になじませる

 現実的には、リスクもあるのでシミュレーションによるでしょう。そういうレベルの違いが、車の運転でさえ、一般の人の周りにもあるわけです。これがF1のレーサーともなれば、想像しがたいでしょう。速度の出せない教習所よりは、自然のなかや、広い空港みたいなところで車を体になじませた方がよいでしょう。一方で、ある点では、ゲームでもシミュレートできます。ただ、それを全てと思うと危急の際に何ともならないのですが、宇宙飛行士などは、万一の対応も徹底する心身づくりをするのです。
 車の助手席でもつかむし、無免許運転でもつかんでしまう人もいるでしょう。鈍くても旅や長い道中のときに、そのステップアップした感覚をつかむでしょう。
 車で例えたものが、体かもしれない。いや体と同じです。それを楽器やボールと一体となって感じるときに、ここで自分自身の肉体と、ここで述べる感覚で捉えた体とは異なっているのです。私たちは自分の体を何か行うことにフィットさせるのにも手間がかかるということです。

« トレーナーとしての自分と生徒としての自分 | トップページ | 芥川賞受賞 羽田圭介氏 お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事