« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | fukugen更新 お知らせ »

2015年7月 9日 (木)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○歌、せりふの成立を

身についていた可能性を人間の教育でいかに壊さないのかを問う、と言いつつも、私たちは幼いまま、この社会を縄文人のようには生きられません。大人になれ、学べと言われることと、それをどう整合すればよいのかを考えてみます。
教育の偏りのせいにはできません。正しい教育も正しい育ち方もないからです。
スポーツはルールと場をさだめ、それでこそ、才能を選ぶこともできます。結果として、感動できるほどハイレベルな技能をみせられる人が育っています。
アートも似ています。新しいアートを創り出すこと。アートでありたいとはいえ、クラシックもポピュラーも固定しつつあります。
新しいスポーツが、これまでのスポーツを乗り越えるには、これまでのスポーツのファンを超えていくスーパーヒーローが必要です。その一人の登場で、すべてが変わります。それに憧れる人が増え、層が厚くなり、全体のレベルがアップします。裾野が広がることでトップレベルに才能が集まるのです。そしてプロの基準が定まって、人に見せて興行するプロが成立します。
 声も同じでした。ただ、相撲などと似て、神事にも使われていたものを、歌やせりふに限定するのは無理があります。個分化され形骸化していくのは、根本を失っていくからです。歌もせりふも日常の延長で、そのクライマックスにあったものだからです。

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | fukugen更新 お知らせ »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事