« 今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方] | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

2015年8月12日 (水)

歌い手として、トレーナーとして

歌い手として様々な現場で歌わせていただくと自分とは全然違う発声で歌っている歌い手さんというのは数多くいます。私としては無い発声でもその方にとっては有りで、その発声で実際歌って仕事しているのですから何も問題ないです。それで言い争うことも、あなたの発声はだめだということもありません。
現場にいると様々なタイプの発声や歌い手さん、役者さん、ダンサーさんなどと知り合うので色んな考えを吸収できます。私が歌い手として外の世界をしり、たくさんの人々と知り合うことでより多くの選択肢や考え方、舞台や声の世界を提供できると思っています。むしろトレーナーとしての自分の強みかもしれません。
トレーナーという仕事は案外視野がせまくなりがちです。私の場合は歌い手として現場にいることでトレーナーの仕事がうまくいきます。歌い手として現場にいれば教わることもたくさんありますし、当然のごとくダメ出しもされます。そういう現場にいることで自分を客観視できます。私などは教える仕事のみになると視野がせまくなるタイプだと思うので現状がちょうどよいです。
教える側だけの立場ではなく教わる、ダメだしされる立場にもなることで抱える問題やできないことの辛さやもどかしさもわかりやすくなるのではないかと考えています。(♭Σ)

« 今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方] | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事