« 20秒という時間 | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

2015年8月 5日 (水)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○基本の程度の差

 多くの人が勘違いをしているのは、基本について、です。教えられたままに疑問に思わず、2、3年でできていると思っている。2、3年くらいやっていたような人から基本と言われたことをやっていく。それを誰もが身につけているもの、動きやフォームのように考えているのです。
 それなら呼吸や発声の基本のできていない人などはいなくなってしまう。事実、そうでしょう。だからこそ、私はオペラ歌手、10年くらいのキャリアでの基本あたりを最低ランクにおいています。
 一般の人にも、発声や呼吸の基本を教えるとは言わず、しっかりやっていくと何年か経つと身についている、かもしれない、くらいでアドバイスしています。
 確かにテニスでも、その基本は、初心者レベル、中学校レベル、高校レベル…などと分けられるわけではないが、程度の差があるでしょう。しかし、テニスの基本とは、一流選手が共通してもつものとした方が明確です。多くの人が一生かかっても手に入れられない、身につけられないのが基本なのです。それを身につけるために体やフォームを準備していくのです。
 いや、現実には、完全には身につかなくても今よりもずっとよくなるように、よくなり続けているようにしていく基本こそが大切なのです。基本も必要とされる程度によって変わるものなのです。その習得を妨げる要因が、自己評価、自分で感じてできているという判断になっていることも少なくないのです。

« 20秒という時間 | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事