« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

2015年8月10日 (月)

今日のメッセージ[ヴォイストレーナーの選び方]

○トレーナーと違う声

 自分の感覚で正しいのに、トレーナーは違うと言う。
 トレーナーは正しいと言うのが、自分のではピンとこない。
 これらは、ときたまみられることです。私のところは2、3人のトレーナーが担当しているので、珍しくも、そのことを検証する機会をもてるのです。
 それはどの声が正しいかでなく、トレーナーの判断の違いがどういう価値観に基づいているかということです。このときに、私なら「トレーナーに合わせるように」とは言いません。トレーナーの方が経験も耳も肥えているとしても、です。
 ここで正しいと言い張ることを認めたうえで、その根拠を問います。質問するのでなく本人が何をよしとしているかを声そのものでみます。よほどの人以外は嘘ではありませんが、よいとか正しいという声の範囲が定まっていないと、自分でわからなくなります。
 困るのは、くせ声での快感や個性的という実感です。高く出したりハスキーに聞かせるようにしてつくった声です。大体は体で支えられていないものです。そういうときは、その柔軟性の応用力のなさを問います。しかし、それを使えないというのではない、むしろ、区別です。
 どれでもよいと思いつつ、柔軟な声に絞られてくる時間を待つ方がずっとよいのです。急かされない限りでは、私はゆっくりと何年も待つつもりで対しています。ただ、聞くだけ、それでも声は育っていくのです。

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

13)連載「ヴォイストレーナーの選び方」」カテゴリの記事