« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

2015年9月 2日 (水)

基本の声が大きいということに関して

ことばのレッスンの中で日常の声をよくしたいという目的でレッスンにいらっしゃいます。また歌や声などの区分をせずにどのジャンルでも声が小さいなと感じる方たちの多くは性格が内向的であったり、育ってきた過程で大きな声をしっかりと出していなかったり、大きな声をだすことをダメと言われ育ったり、声がよくないと言われたりした経験を持つ方が多いように感じます。
私のふるさとは田舎ですが、皆、基本的に声が大きいです。職種を問わずです。いい悪いという話ではなく、政治、宗教、仕事、家族のことも皆ざっくばらんに言い合います。嫌味と喧嘩にならない討論のような状態にすら見えます。
普段、東京で生活していると田舎の皆の声の大きさに驚きます。東京という集合住宅の多い場所で生活しているとどうしても騒音や近隣とのトラブルを避ける意味でも大きな声をだすことが悪いように感じてしまいます。保育園ですら騒音トラブルが絶えないという東京で大きな声をだして育つということすら難しい気もしますが今後日常の声で悩みをかかえるという方は多くなってくるのかもしれません。
ですがそれはレッスンで改善していくものですので一緒に頑張っていけたらと思います。(♭Σ)

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事