« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

お坊さんのお経

お経を読まれるお坊さんの声にもいろんな特徴があります。
私は子供の頃夏休みになると毎朝その地区の一番大きなお寺にラジオ体操に行っていました。そのお寺ではラジオ体操の後、皆でお経を読むというのが恒例で夏休み中お経を読んでいたのを思い出します。そのような体験があるからか葬式、法事などのお坊さんのお経の声というのが人によって聞きやすい、聴きづらいということに敏感になっていったのはあります。
正直一般の我々には亡くなった方の名前と少しの単語しか理解できないものも多いお経ですが、声がよく通る、読み方がリズミカル、いい声などのお坊さんの声は聴きやすく眠くならないのですが、声が小さく淡々と、棒読みのようなお坊さんのお経はとても眠くなります。どちらが正しいのかはわかりませんが、またお経を読んでほしいおもうかどうかの違いはあると思います。
私自身、声楽家としてイタリア語、フランス語、英語、ドイツ語、チェコ語などを歌うときに内容を伝えようと思っても、それがリアルタイムで歌詞の細かな内容まで伝えるのは難しいです。
でも音楽の雰囲気、楽しいのか悲しいのかなどは伝えたいですし、楽しんでほしいと思っているのでまずはいい声でありたいと思っています。歌詞がわからなくて、声もひんそではね。
そういう意味でもお坊さんのお経というのは、案外我々と同じ声の力が重要な仕事ではないかと思ってしまいます。(♭Σ)

2015年12月30日 (水)

上達のスピード

発声に限らず芸事の上達するスピード、タイミングはまちまちです。センスとやる気次第と一刀両断するのは簡単ですが、本人にとってはそう割り切れるものではありません。
悲観的になるのはなるべく避けたいものです。どんなに頑張っても上達しない時期やスランプの時期もあるものだと割り切ってください。そしてその停滞の期間が長く続くようでも、一筋の希望だけは失わないで下さい。そういう時期は休んでちょっと練習して、また休んでちょっと練習して・・・と緩く過ごせばいいと思います。
男性によくあることですが、短期間に急成長することがあります。一つ突破口となるコツをつかむと、練習が楽しくなり集中的に次々とコツをみつけ飛躍的に短期間で発声が伸びることがあります。
僕の経験上、先生のアドバイスだけを聞いて実践するのだけではなく、その意味を含んでいろいろな人の歌を聴いて研究し真似をします。そういう時期は起きている間は芸事以外のことは考えないくらい向上心に満たされています。
そして短期間に伸びる機会に多いのはオーディションや特定の役のナンバーをクリアしようと具体的なハードル、目標に向けて練習するときです。発表会でもカラオケ大会でもなんでもいいので、なにか披露をする目標設定をおすすめします。人間とは本気回路を開くと、神様からヒントが舞い降りてくるという経験を僕は何度も経験してます。「舞台の神様」は必ずみんなを見守っているのです。(♭Д)

【ブレスヴォイストレーニング研究所公式サイトのリニューアルのお知らせ】

・トップページに、「ヴォイストレーナーの選び方」ブログが追加になりました。
・全ページすべて内容を一新しました。
・サイトマップが充実しました。
・地図表記を増やしました。
・スマートフォンでも読みやすい形になりました。
是非、アクセスしてみてください。

ヴォイストレーニングと発声に関する情報を、ますます多く幅広く深く提供しています。

http://www.bvt.co.jp/new

2015年12月29日 (火)

オーディションやコンクールを受ける前に

世の中には、いろいろなオーディションやコンクールがあると思います。受けようと思っている人、実際に受けたことがある人などいろいろいらっしゃると思いますが、単純に人前で演奏する以外の緊張があったりしますよね。人前で演奏するだけの方が、はるかに気が楽なときもあります。ということを考えると、人前で演奏する機会の少ない人は、まず、そこから始めたほうがいいのではないかと思います。人前で演奏することが苦手な状態では、更に堅苦しいオーディションやコンクールで本領を発揮するのは難しいと思います。練習の時にできていたことができなくなるのが本番であり、更にそれよりも難しいと思います。もちろん個人差がありますが。
お友達やご家族、ご親戚の前でもいいので、自分が演奏する機会を作りましょう。そして、その機会をどんどん増やしましょう。上手くなってから人前に出そうと思っても、それはただ機会を逃すだけにしかなりません。
徒然草の第150段にはこう書かれています。「能をつかんとする人、『よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ』と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。
未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀り笑はるゝにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性、その骨なけれども、道になづまず、濫りにせずして、年を送れば、堪能の嗜まざるよりは、終に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双なき名を得る事なり。
天下のものの上手といへども、始めは、不堪の聞えもあり、無下の瑕瑾もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして、放埒せざれば、世の博士にて、万人の師となる事、諸道変るべからず。」(♭Я)

2015年12月28日 (月)

今日のトレーナーのできごと

Sさん、息を背中に吸い込んで、空間を広げてから歌っていただいたらとても綺麗な響きの声が出ていらっしゃいました。この調子で練習してみてください。(アロマ)

【今年最後のレッスン】

今年の最後のレッスンが無事に終わりました。 どうぞよいお年をお迎えください。 virgo

2015年12月27日 (日)

声のレッスンの感想

1.体を大きく揺らしながら、文章を読む。
2.体を使って表現しながら読む。
3.発音する形に口の形を作ってから息を吸う。
4.これから何を言うか口の形、動作、表情で相手に予測させてから、声を発する。
5.早口言葉の言い方。
6.文章を読む時のブレスの位置。

体を揺らしたり、表現したりして読むと、声の無駄な力が抜けて滑らかに発音できて表情もつくことが分かりました。
息を落ち着いてしっかり吸うことを心がけるようになりました。 
早口言葉は、口の形を動かし過ぎないで、くちの力を抜いていうと、言い易くなることが分かりました。(A)

今日のトレーナーのできごと

小さい声を意識して勉強されて来ました事が良くわかりました。小さい声を意識して歌った時が声に芯があり、綺麗な声が出ていました。引き続き今日の事(小さな声)に注意して取り組みましょう。体を使う事を忘れてはいけません。(ガッツ)

2015年12月26日 (土)

歌のレッスンの感想

1.片足で背中を押し返しながら歌うのが難しい
2.手を振りながら歌うのも難しいながら新鮮な感覚
3.腹筋をしっかりさせて体で歌う感覚をつかむことの大切さ
口をしっかり開けて発音を明瞭にすることの意識(O)

今日のトレーナーのできごと

Tさん、歌は、裏拍(2、4)を意識した練習をしました。
リズム、発声、ことばがうまく作用してより音楽的になりました。 (マナブ)

2015年12月25日 (金)

「2015年を振り返って」

今年もあと1週間ですね。
この1年間、発声や歌を勉強してきて、皆さんはどんな1年でしたでしょうか?
目的、目標はさまざまだと思いますが、研究所でのレッスンが、少しでも皆さんの身になっていることを願います。
私も研究所のトレーナーとして皆さんのレッスンをしていく中で、色々と学んだ年になりました。
長年レッスンを続けていて毎回お会いする方、新しく入会された方、振り替えなどで一度だけお会いした方など、多くの方と出会いました。
研究所に通っている方は、初心者の方からプロの方までいらっしゃいますが、その経験や年齢にかかわらず、受講者の方をレッスンすることで、トレーナーとして自分に欠けていることは何か、また、どんな伝え方をしたらこのレッスン時間が有意義なものになるかなど、日々考えさせられることがあります。
また、皆さんとのレッスン時間で、自分自身の歌に関しての気づきもあり、逆にこちらが皆さんから良い影響をいただいていると感じることもあります。
また、皆さんが提出してくださるレポートで、励まされたり、反省したりもしています。
ついつい夢中になり、無意識のうちにきつい言葉を投げかけていることもあるかもしれません。
傷ついてスタジオを後にする受講者の方もいらっしゃるかもしれませんね。
もしそんなことがあったらごめんなさいね。
言葉は良くありませんが、憎らしくて、とか、イライラして、とかそんな気持ちでみなさんに強く伝えているわけではないのです。
研究所を通してたとえ30分でも私と時間を共有する、これはご縁だと私は思うのです。
そのかけがえのない時間、私の経験したこと、思ったことを一つでも持ち帰ってもらえたら、心に留めてもらえたらいいなと思います。
レッスン時間は皆さんの時間です。
ただ黙って言われるまま、指示されるままの受身でいるより、何が分からないか、どう思ったか、どうしたいかなど、遠慮なく伝えてください。
2016年、皆さんとのレッスン時間がより一層有意義なものになるよう、私自身も精進していきたいと思っています。
また来年、お会いしましょう。
良い年でありますように。

2015年12月24日 (木)

今日のトレーナーのできごと

Zさん、来年は、楽曲の内面を作っていくことと、体をもっと使って発声していくことを目標にしてレッスンしていきましょう。(琴)

2015年12月22日 (火)

今日のトレーナーのできごと

Iさん、お芝居などでは、相手の台詞の部分での自分の気持ちを、持つことと、息を止めないことを心掛けると、やりやすくなると思います。 (牛若丸)

2015年12月21日 (月)

今日のトレーナーのできごと

Eさん、支えの方法、裏声のチェンジの仕方など、体の使い方が少しずつ分かってきたようですね。よくなってきましたよ。この調子で、来年も楽しく歌いましょうね。(アリス)

【ホームページ更新】

ホームページ他を更新しました。 http://www.bvt.co.jp/

2015年12月20日 (日)

声のレッスンの感想

1.腹式呼吸。
手と足で体重を支える。頭は背骨の延長線上。背中に息をためる。背中の手を押し返すほど。肋骨ではない。
4拍吸って(鼻で)4拍吐く(口から 声を出すイメージで)。4拍吸って8拍吐く。2拍吸って8拍はく。1拍吸って8拍吐く。
2.あくびののどでア行 1の腹式呼吸を使って3連続  これを背中にためて3回繰り返す。 肩に力を入れない、力を抜く。肋骨を開かない、下の意識を。
3.開口で1,2を。節をつけない。さらに半母音のナ、マ、ヤ、ワ行で。
腹式呼吸と発声をつなげていく練習を知ることが出来た。(W)

今日のトレーナーのできごと

Uさん、キャラクターの設定を、自由な発想で広げていきましょう。
まずはモノマネからでも、語り部と三人のパターンを変えてできるように
していきましょう。

2015年12月19日 (土)

今日のトレーナーのできごと

Nさん、ブレスをした瞬間が最も大事です。声を出すポジションが一瞬できまります。力んで声をだすのではなく 常に柔らかく楽な気持で声をだしていきます。今日はオの声の出し方が、口の形もよく、声が前にでていました。(このは)

歌のレッスンの感想

1.声帯を動かす
アエアエアーで声帯を動かす
2.地声と裏声
地声、裏声を交互に。裏声は息をなるべく使わない。
裏声に行くには自分の中で準備がいる。
裏声のフォームで地声をやる。裏声は喉を守る。
地声→裏声→地声(ミックスボイス)
どれも出来ると柔軟性があって良い。(N)
 

2015年12月18日 (金)

テンションで歌わない

これはいつも私自身が歌い手として舞台に乗るとき頭に入れていることです。自分の中で大事にしていることは普段の稽古通りを大事にすることですね。「毎回新鮮な気持ちで」「本番を楽しんで」などはどこでも聞くのですが、普段の稽古でできないものが本番だけできるわけがないと思うのです。もしできたとしたらまぐれです。舞台の神様が味方してくれたのでしょう。いつも真剣にやっている稽古をそのまま舞台にもっていく、そしてそれを繰り返す。これが自分がいつも念頭にいれていることです。
そう考えると毎回の稽古、レッスンの質、価値は断然上がります。
これはどの役でもそうですが主役をやるときはより普段の稽古通りに舞台にのぞむことが重要です。芝居も声の稽古以上にテンションでもっていってしまうと事故や怪我のもとになります。脇役もそうです。普段の同じことをやるからこそ主役は安心して芝居にのぞめます。そうなると舞台は成功の方向へとむかっていくものです。
本番の前に稽古やレッスンでその公演の価値は決まっていると思います。(♭Σ)

2015年12月17日 (木)

今日のトレーナーのできごと

Kさん、「ふるさと」を少しだけ歌ってみました。声帯は回復しているとのことなので、徐々に歌い始めて良いのではと思います。寒い季節どうぞお大事にしてください。(マナブ)

【クリスマス飾り】

クリスマスまであと1週間です。今日は飾りつけをしました。virgo

2015年12月16日 (水)

今日のトレーナーのできごと

Zさん、顎が上がると、どうしても喉で頑張る方向になりやすいので、特に曲を歌うときは意識するといいですね。「今出しやすかった(気がする)」と感じるときはぜひ大いに喜んでください! (サンデグジュペリ)

2015年12月15日 (火)

今日のトレーナーのできごと

Zさん、中低音は、なるべく太い声を出すように心がけて、低音開発の一助としましょう。(逗子)

2015年12月14日 (月)

今日のトレーナーのできごと

地声がだいぶできるようになったので、頬骨を上げてポジションを高くすることと、息をしっかり流すことを練習しました。次回もやりますので、復習してみてご自分の感覚に落とし込んで言ってみてください。(♯)

2015年12月13日 (日)

声のレッスンの感想

まっすぐ平らにする。首の角度に注意する。 顎が上がる傾向にある。 最初はストンと首を下げ力を抜く。 目だけまっすぐにして声をまっすぐ前に出していく。(E)

今日のトレーナーのできごと

Sさん、声が良く出ています。息、声を前に出しすぎる傾向があります。壁にくっついた時のフォームで後ろを空ける、使う事を意識しましょう。曲は旋律を母音で繋げることを心掛けましょう。(ガッツ)

2015年12月12日 (土)

歌のレッスンの感想

1.発声
力を抜き、吸った息を声の響きとして使う練習をしている。
顔の響きを気にしてしまうと重心が上に来てしまう。また顔に力が入ってしまう。
注意が必要。
舌の位置を下げて口の中に空洞をつくることを指摘されたが、舌がまだうまく
動かない。
2.コンコーネ35番
小節頭のアクセントは歌いなおすようにすると良い。
 
3.Piacer damor
最初の方は一本の線にのせて絶対にそこから出ないように歌う。
Piacer damorの最初の数小節は一本の線にのせるようにがまんして歌うことを
学んだが、録音を聞いていい効果が出ていると思った。

今日のトレーナーのできごと

Dさん、高音の難しい歌でしたが、最後まで力強く歌えました。とても立派です。 身体に息をためて(止めて)歌う練習は低音も高音も有効ですのでぜひやってみてください。また高音を思い切って裏声で練習してみたあと混ぜるとうまくいきました。その感覚を憶えてみてください。 (マナブ)

2015年12月11日 (金)

エンリーコ・カルーゾの声について考える。

カルーゾはオペラ史上最も有名なテノールの一人です。無声映画や蓄音機の普及で世界中で知られた存在になったイタリア人歌手です。彼の録音を聞くとまずは思うのは、録音が残っている古い時代のテノールに比べてかなり声が太く中音域が充実しているということです。
日本で学ぶ声楽の多くは「響きを高く、声を明るく、力まずに」ということが出てきますが彼の声はこのようなことを超えた声を出しているの思えてきます。
まず彼の声は基本的にかなり響きが集まって聞こえます。しかしこれは呼吸と横隔膜の使い方、斜腹筋の究極ともいえる使い方で響きを生み出しています。自分から響きを集めているというよりは身体で響きを生み出しているいう印象です。私の一番印象深い点は声が暗めということでしょうか。この暗さがジラーレとアクートを生み出していると思います。(文字にすると誤解を生むことが多いので実感してください。)
カルーゾの声を聴くと音域の広さに驚きますが、マリア・カラスの音域の広さにも驚きます。カラスの声を聴くと頭声だけで歌うソプラノはびっくりするかもしれません。
おそらくカルーゾのような発声を100人やっても一人それっぽいのが生まれるくらいのレベルの発声だとおもいます。
でも歴史上にはこんな発声をした歌手がいるということは全くの不可能ではないともいえます。(♭Σ)

2015年12月10日 (木)

今日のトレーナーのできごと

Iさん、まだまだ、自分の声を聞く傾向が強いので、ちょっと違う意識を持って練習してみたらどうかなと提案します。それから、発声の時、目を瞑らない事。意識して目を見開いてみてください。 (琴)

【fukugen更新】

fukugenを更新しました。 http://bvt.txt-nifty.com/fukugen/

【大掃除】

年末も近づき、毎年恒例の大掃除をトレーナーと一緒にはじめました。clover

2015年12月 9日 (水)

今日のトレーナーのできごと

Tさん、「歯を閉じる+鼻をつまむ」の後では発音が前に出てきてとても聴きやすかったです!歌うとき以外で、朗読や普段の声にも同様の効果があると思います。(サンデグジュペリ)

2015年12月 8日 (火)

今日のトレーナーのできごと

Jさん、声の通り道が良い方向に来ています。 引き続き、口の開き方と、息の吸い方、発音の位置を大事にしていきましょう。 (牛若丸)

2015年12月 7日 (月)

今日のトレーナーのできごと

Rさん、呼吸が安定して、アップアップしなくなりましたね。今日の支えをいつも忘れないように復習してくださいね。同じ曲でもう少し練習しましょう。(アリス)

2015年12月 6日 (日)

声のレッスンの感想

1.接続詞を考えると人に伝えるという感覚になれた

2.頑張ろうとして力んでいる自分に気付けた

3.ニュートラルな状態を意図的につくれるようにする事がまず課題だと感じた

普段意識せずに自然に話している状態、 きちんと失敗せずに言おうとしている状態、 表現をしようとしている状態、 聞かせる事を前提に語っている状態 今まで話したり文章を読むにあたって様々な状態がコントロール出来ていなかったことを改めて感じました。 実際に文章を読んでいる最中の判断は難しいとは思いますが、もっと客観的に自分をコントロールしていきたいと思えました。(A)

今日のトレーナーのできごと

Zさん、アカペラでも、音をキープできるようにメロディラインと歌詞をしっかり体にいれましょう。ブレスの練習も積み重ねていくと安定してきますので、 やり続けていきましょう。 (風)

2015年12月 5日 (土)

歌のレッスンの感想

1.高い音は、上へのベクトルと共に、下へのベクトルも意識する
2.高い音が苦しいのは、母音によって息の通り道が違うため
3.軟口蓋に息をあてて、その息の上に言葉がのる
口の中のポジションのイメージが徐々にできてきた。(O)

今日のトレーナーのできごと

Wさん、今日は低い音を出す発声をしました。小さな声でも柔らかい響きを意識して声をだすと、空気の振動をうまく使って声は前にきます。きれいに響いていました。(このは)

2015年12月 4日 (金)

怪我がないプロはいない

これは歌い手に限らずプロと呼ばれる人の多くは何かしらの傷を抱えているのではないでしょうか。プロスポーツ選手ならベテランになればなるほど傷は増えるでしょうし、皆様どんなジャンルでも多かれ少なかれ肉体的、精神的なものもの含めて傷はいつもあると思います。
よく歌のレッスンになると「そんな歌い方じゃ声でなくなる」「喉つぶす」などという文言が出てくるのですがトレーナー自身は喉をつぶしたことがあるのかな?実際に声が出なくなったことはあるのかな?(風邪など以外で)とも思います。なったこと無い人に言われても説得力がないのですよね。ちなみ恥ずかしい話ですが私はあります。声帯に結節もポリープも作りました。でも今でも現役で一般の歌い手さんよりも多くのステージに立たせてもらっています。
喉をつぶしたりポリープができることを奨励しているわけではありません。できないほうがいいに決まっています。でもプロを目指す以上アマチュアのように風邪っぽいから稽古やすみますや声でませんはないのです。そしてこれは私の経験上ですが、よく若いうちはたくさん失敗しなさいといいますが、これはアマチュアの世界の話です。プロの中では名前のあるベテランさんがミスをおかしても笑い話で終わります。皆実力を知っているからです。でも若手はミスをすればそれが実力だと思われます。
喉が不安なときでも体調を崩していても(ある程度のレベルで)仕事をやれるだけの実力がないと厳しいです。
特にスター選手は怪我があっても休めないのです。その人を見る為にチケットを買うお客様がいるのですから。(♭Σ)

2015年12月 3日 (木)

今日のトレーナーのできごと

Uさん、お腹をぺちゃんこにする体操と背骨を動かすのを宿題にさせてください。
今日は声の強化のために大きな声を出していただきました。少し割れてしまったので、次回は息を吐いてから大きな声を出していきましょう。(アロマ)

2015年12月 2日 (水)

今日のトレーナーのできごと

Tさん、1発音の位置をそろえる 2息の流れを整える 3身体を使って音程を取る。

とても良く実践できていましたが、また次回も確認します。 (サンデクジュペリ)

2015年12月 1日 (火)

今日のトレーナーのできごと

Eさん、息をゆっくり吸うことと、口の形を中心にレッスンを行いました。
この部分を慣れさせることが、

この先の進歩に欠かせない部分だと思いますので、

しっかり身に付けましょう。(牛若丸)

【ホームページ、ブログ更新】

ホームページ http://www.bvt.co.jp/

ブログ http://bvt.txt-nifty.com/professional/

更新しました。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »