« 声のレッスンの感想 | トップページ | 怪我がないプロはいない »

2016年2月 5日 (金)

アドバイスをする

トレーナーとしてアドバイスというのは、私の場合は年々シンプルになってきています。トレーナーをはじめた頃はよくしたい、直したいという思いが強く、時間をフルに使って今よりももっとたくさんのことを言っていました。足りないと思うこともしばしばでした。でも、海外のレッスンやマスタークラスというのは1人につき30~40分ほどのレッスンが多いです。その30分の中でその指導者のメソードや発声などを学ぶのですが、集中した30分というのはだらだらした60分よりも体、心もかえって集中力が増します。
私のレッスンの場合は特に指定がない限りは、最初に声を聴かせていただきその時点で今日メインにアドバイスしてお互いが考えていくことを決めてそれに特化した30分にします。
ちなみに私自身は毎日朝8時から基礎訓練を行っています。稽古場などにいることが多いので昼、夜の稽古が多く結果的に朝からのトレーニングがメインになります。トータルで毎日60~90分が多いですが(時には30分のときもあります)1クールは30分と決めています。30分以上はやりません。しかし集中して30分毎日2オクターブ半ぐらいを色々なメニュで歌うとそれだけでとても疲労します。 (♭Σ)

« 声のレッスンの感想 | トップページ | 怪我がないプロはいない »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事