« 【大平透さん】 | トップページ | 【熊本地震 お見舞い】 »

2016年4月15日 (金)

身体と声について

体調、寝不足、ストレス、気温、湿度・・・人は思いのほかいろいろなことから影響を受け、それが声に多少なりとも関係してきます。そんな中で一定の自分の声の状態を保つトレーニングは非常に大切なことですし、声の状態をよくしておくことによって、外側からのストレスに負けないでいることもできると思います。
そんなことを考えているここ最近ですので、身体と声によさそうな事柄をいくつかご紹介します。
・低い声でのハミング
喉を適度に充血させてすぐにパフォーマンスしたいときに効果的です。
低い音域でできるだけロングトーンのハミングを繰り返します。マスクをしていてもできますね。
・床と一体になる
背中、お腹、足、頭、ごろごろできるスペースがあれば、体を床にぴったりつけて床を感じてみてください。そして、ごろごろ転がりながら好きな方向に動きます。10分くらい続けてみてください。あー、うー、と声を出しながらでもOK。
あまり人に見られたくない野生的なエクササイズですが、身体も喉も軽くなります。
・ゆっくり首を回す
30秒かけて一周するくらいの速度で。
首周りの筋肉と対話するような気持ちで、ゆっくり回します。
ある角度で痛いとか、左右で感じ方が違うとか、日によって違う発見もあります。(♯ё)

« 【大平透さん】 | トップページ | 【熊本地震 お見舞い】 »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事