« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 【鳴門鯛焼本舗 代々木駅前店】 »

2016年5月20日 (金)

身体が力んで吸いにくいと発声しにくい

身体が力んでしまうという人の多くに見られる現象として、「息を吸い込もうと思っている」、「胸が硬く、肩が上がってしまうような状態で吸っている」、「短時間で急いで吸っている」というようなことをよく見かけます。「息を吸い込もう」としてしまっている場合、掃除機のような音を出して吸っていることが多いです。
お腹や胸が硬くなり、どんどん力みに繋がります。「胸が硬く、肩が上がるような状態で吸っている」という時は、いろいろな原因が考えられますが、息を胸に入れすぎていることが考えられます。また「短時間で急いで吸っている」ということに繋がりますが、あわてて吸っている結果、そのようになってしまっているように感じます。「短時間で」というのは、本人としてはあまり自覚がないようです。本人は時間を掛けて吸っているつもりなのですが、客観的に見ると、明らかに早いことが多いのです。この部分を自覚するのは大変なことだと思いますが、慣れるまで、穏やかにやさしく取り入れることを心がけましょう。
力まないためにはどうすればよいのか、自分がどのように行動した結果、力んでいるのかを自覚することからはじめましょう。(♭Я)

« 今日のトレーナーのできごと | トップページ | 【鳴門鯛焼本舗 代々木駅前店】 »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事