« 【Bリーグ開幕】 | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

2016年9月23日 (金)

力みをとる

普段、当たり前のように取っている自分の行動や仕草、すべてを意識して行動する人は皆無だと思います。しかし、その部分に声の改善点があることが多いのです。人というのは無意識に行動している部分が少なからずあります。その部分が要改善点であることが多いのです。
その最たる例は、「力み」の部分です。人というのは意識している力み以上に、とても多く力んでいることがあります。その結果、声が出しにくくなったり、仕草がぎこちなくなったりします。
まずは、自分の改善ポイントを見つけることからはじめましょう。そのためには、自分とよく向き合い、自分のダメなポイントを洗い出すことが必要になります。これは辛い作業かもしれません。肉体的にも精神的にも。しかし、更なる改善のためには、避けて通れない部分だと思います。スポーツ選手も、ものづくりのプロも、きっとそうだと思います。目の前の現象を見つめ、理解し、解決策を考え、取り組む。声も同じです。自分の弱点を知り、改善していきましょう。(♭Я)

« 【Bリーグ開幕】 | トップページ | 今日のトレーナーのできごと »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事