« 【代々木ハロウィン】 | トップページ | 伝える声 »

2016年10月12日 (水)

自分のタイプを知る

発声練習などでドレミファソファミレドのような音階を歌うことがあると思います。これらの練習での重要なことは自分の声や癖のタイプを知るということです。例えば人によって早く歌うのが得意な人、ゆっくりな歌を歌うのが得意な人などさまざまです。
自分はどちらのタイプかをしることで解決法が変わってくるので要注意です。例えば
・早く歌うのが楽なタイプの方
ゆっくりが苦手なので、支えや呼吸が甘かったり、苦手な方が多いです。このようなタイプの方は呼吸から見直しましょう。どこを意識して吸気を行うのか力みすぎていないか、脱力しすぎていないかなど注意しましょう。片足で立ったり、下半身に負荷がかかる体勢で歌うのも効果的です。
・ゆっくり歌うのが楽で早い歌やことばが多い歌が苦手なタイプの方
早い歌や早いメニュのトレーニングになるとブレスがあさくなったり身構えてしまうことが多くないですか?鏡を持ってゆっくり歌っているときと変わらない表情やブレスを心掛けましょう。ゆっくり歌うのが楽なタイプの方が発声的にはいい方向へ向かっていることが多いので早くても身構えないようにしましょうね。
このように一口に発声といっても声のタイプや熟練度で気をつけることが変わると思います。自分がどんなタイプかを知るのは重要です。(♭Σ)

« 【代々木ハロウィン】 | トップページ | 伝える声 »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事