« 【代々木駅110周年 1906-2016】 | トップページ | 他の人と比べない »

2016年10月26日 (水)

目の前のことを全力で楽しむ

夢を持つことはとても大切なことです。夢があるから頑張れる。昨日の自分よりも一歩でも成長しようと思うことができます。しかし、目標を遠くに置きすぎてしまうと、なかなかイメージできずに、目の前のことに集中できなくなりますよね。
こうなりたいという理想像を強く持つことも大事かもしれませんが、私は、人生は成り行きとご縁で広がっていくものだと思っています。
思ってもいなかったところにたどり着いても楽しいのではないでしょうか。山を登ることそれ自体が楽しいし、もしかしたら、パラシュートで下る、というイメージの方が近いかもしれません。
努力、という言葉も私は好きではありません。山頂にたどり着くことだけが目的なら、「山を歩く」ことは確かに努力でしょう。でも山を歩くことそれ自体が楽しいのだとすると(空は青い、景色はきれいだ、体が気持ちいい、時間がゆっくり流れる、など)、これは修行、努力といえるでしょうか。
日々の練習でも、ぜひ練習そのものを、人と比べない自分自身の成長の一歩一歩を、何よりも楽しみとして取り組まれてください。
「いまここ」に集中する。一瞬一瞬を楽しむ。やらなければならないことに全力で取り組む。ご縁を大切にする。感謝の心を忘れない。これが人生を謳歌する秘訣かもしれません。そして疲れたら休憩することも!(♭∴)

« 【代々木駅110周年 1906-2016】 | トップページ | 他の人と比べない »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事