« 響きの問題 | トップページ | 自分の限界を突破する »

2017年1月 2日 (月)

自主トレのタイミング

自主トレは、いつ実施するべきでしょう。やはり、起床して、体が充分ウォーミングアップのできた午後でしょうか?それとも、夕方?あるいは、実際にコンサートなどで歌う時間帯の夜?スケジュールの自由がわりとききやすい受験生や学生の頃は、とぎどきそんなことを思い悩んだものでした。
理想を追求すれば、なるべく毎日同じ時間帯に、同じ場所で歌うことが、体のペースも喉のペースも整えやすく、また体のリズムとしても自然にできあがっていくので、ベストだろうとは思います。しかし、実際にそんなことは夢のまた夢で、朝の8時ごろから、仕事で歌わなければならないことも、めずらしくはありません。そんなときに、なりゆきにまかせて、なんとなく声を出してしまうプロの歌手は、ほとんどいません。いつもの声を出すのにベストな体の状態、呼吸の状態、喉の状態を、なんとか再現して、いどむものです。そうしなければ、いい演奏ができず、無理をして喉も傷めやすくなることを、実感しているからです。ですから、自主トレももちろん、よいからだの状態、喉の状態にしてから、取り組む必要がありますが、それをいい訳にしてしまうと、働きながら自主トレをすることは、かなり難しいものになってしまいます。ここは発想を変えて、どんな厳しい条件でも、よい声が出せるようにと、出勤前や退社直後などの、声を出しにくいからだの条件のときも使って、自主トレを実施することが、定期的な自主トレの継続にもつながることでしょう。(♭Ξ)

« 響きの問題 | トップページ | 自分の限界を突破する »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事