« 背中で動く | トップページ | 自分が舞台に立っている裏では。 »

2017年3月10日 (金)

声と向き合う

日本人は働き過ぎということはよく言われています。私もそう思います。台風直撃の日に仕事の心配や電車の心配をこれだけ多くの人がしているのは日本人くらいかと思ってしまいます。
一般の多くの社会人は自分と向き合う時間を持っている人はどれくらいいるのでしょうか。趣味でも家庭でもいいです。
自分の時間、自分をみつめる時間というのが現代の日本人には少ないです。音楽家は日常から自分の音の訓練は欠かせません。自分の弱点、克服しなければいけない課題と常に向き合っています。自分と向き合う時間が多いです。(だから人付き合いがうまくない人も多いですが)
これはプロのスポーツ選手でも、オリンピック選手でも同じことだと思います。レッスンを受けているとき、自宅やスタジオでトレーニングするとき、自分と向き合える時間だと思って有意義に使ってもらえるといいなと思います。特に歌の場合、うまくいかないと自己否定に走りやすい面もあるので、セルフコントロールが重要です。自分の声や呼吸と仲良くなりましょう。(♭Σ)

« 背中で動く | トップページ | 自分が舞台に立っている裏では。 »

08)トレーナーのアドバイス」カテゴリの記事