レッスン効果・体験・音信 No.344

<レッスン効果・体験>

 

低音を強く出すために必要な喉の下の力が弱いことに気づきました。

そのほかの部位の働きは毎日の呼吸体操の効果で鍛えられていることが確認できました。(YD

 

口を楽にしてあげようという意識が生まれた

立体的に声を出す意識で声が変わる

気持ちも楽になった(UG

 

正しい発声練習のやり方を確認できた

意識の重要性を認識した

体幹の力みが取れることを感じた(MU

 

たまに言葉が胸に響くようになった(HY

 

裏声の高音は自然なチェンジが出来るようになってきた。(YR

 

疑問点が解決して嬉しかった。

だんだん声が出しやすくなっている。(EN

 

上顎に音を感じることができると、低い音もあくびのまま、響きを保ったまま出すことができた

低い音でも響きを出すことができた(IA

 

レッスン後、声の通りが良かった。普段だと同じ部屋でもうまく会話が伝わらないが、レッスンから帰宅後は、1階から2階まで会話が届いた。(YU

 

話し方が良くなったと言われるようになった

低い声の方が良いと言われるようになった(ED

 

体をストレッチしながら声を出すと気持ち良く声が出ているように感じる

口蓋を上げる意識を少し持てたように思う(ER

 

表情筋のトレーニングは、前より意識的に唇の上の筋肉を使っているのが感覚として分かってきました。

ア・エの舌根の力を抜くトレーニングは、舌根の力が抜けている感じがします。

舌の力が抜けると多分言葉が明瞭になるし、声も出やすい気がする。(AA

 

今まで出したことのない声を練習することで、のど、声帯、口、顔などの筋肉が、違った動きをする感触を得られて、声が出しやすくなってきました。

2.高音の響きを保ちながら、定めた方向に声を出していく感覚を意識するようになりました。

3.高音、低音とも、少しずつ声が出しやすくなってきました。(HN

 

階段を一段上がったみたいと、言っていただき、少しずつ進歩していると思えて、嬉しいです。トレーナーのおかげです。感謝します。(KR

 

喉下からの発声が良く響く(TK

 

聞こえるよう息を使わなくてはいけないと言う強迫観念が強すぎて、不自由になっていたのかもしれないと感じた。考えてみると、自分自身良い感覚の時、息を吐いている意識があまりない時がある。意識的に息を吐きすぎないよう、質の良い息を纏めて出せるようなイメージを持ってみたら良いのかもしれないという新たな感覚を得た。(RT

 

曲のサビで、声質を変えずに自然に繋げられるようになってきました。息が続くようになり、曲のフレージングが楽にできるようになった。(ZZ

 

気になっていた声が口元で止まっている原因がわかりました

前回教えていただいた能の姿勢の発声を本番で実感しました(MN

 

脱力の重要性を感じた。なかなか抜けないので感覚を覚えていきたいと思います。(YI

 

真ん中に集めて響かせる感覚が分かってきた。

イタリア語の発声を意識して声を出すと広がらず芯のある声になることを実感した。(MO

 

レッスンに通い日常にも変化も出て良いし健康にも繋がるように思います。(JS

 

高音を出す練習と、歌う際の声帯の使い方毎日の練習法が勉強になった。

喉のチェンジについて、理解できるようになってきたので、練習しマスターする。(DN

 

ボイスサンプルの出来上がりが送られてきました。

想定と結構違う感じに…ただ音が散ることに関してと、全体的な仕上がりに関しては以前に録ったサンプルよりは少なくともマシだったので進歩はしてる、かな…と思いました。(OO

 

身体の動きをつけると、直立より余計な力が働かず、声が、スムーズに出る体感が得られました。(RR

 

Skypeの為、スケール等で音が取りづらく感じましたが、以前と比較すると、少し声()が出しやすくなったようにも感じました。(MH

レッスン効果・体験・音信 No.341

<レッスン効果・体験>

 

声のトレーニングは普段あまり使わない体や骨や筋肉を働かせる事で沢山の時間も掛かるし訓練の継続も大切だと知りました。

教えて頂いた動作をじみちに繰り返し練習しようと思います。(JS

 

元来自分はラ行の発音が苦手で、初期から口角を上げたり横に開いたりすることを学び、自分でも躍起になって練習してきましたが、ある程度の改善はあったものの完全には解決できずにいましたが、今回は今まで躍起になっていたものを一旦忘れ、体を楽にして口を縦に開くことを学ぶことで越えられなかった壁を越え、ラ行も楽に発音できるようになりました。(YS

 

前はもっといろいろ気にしないと全然だったけど、息を流すとか呼吸をする、ということを意識するだけで安定するところが少しずつ増えてきた気がする。(OO

 

喉の痛みと咳が出たが、声は意外と出たのでよかった。

喉痛みがあるときや、体調が悪い時の対処方法など教えていただき、勉強になった。

喉のチェンジについて、理解できるようになってきたので、練習しマスターする。(DN

 

なるべく毎日最高音まで出すように心がけてます。

低音が少し出し易くなった。(YR

 

高い声域でも無理なく発声練習できるようになった。

HY

 

今までお腹で支えるという意識を持ったことがなかったのですがこのような意識を持って発音してみようと思います。(HN

 

たっぷり吸わなきゃ、という思いを離れて、幸せな炊きたてご飯のイメージを吸うことで、発声のバランスが整ってきた気がします。(KR

 

コーラスの指導者に言葉が良く聞こえるようになったと言われました。

子音の練習のおかげだと思います。(ZZ

 

歌は、なめらかに調和していることが大事だな、と思った。(ON

 

唇をはっきり動かすことを意識しました。

緩急をつけることを意識しました。(UR

 

以前と比較すると、呼吸が少し操りやすくなったように感じます。

それに伴い、裏声の弱々しさも少し改善したように感じます。(MH

 

1日の生活のリズムを保った中で、声、歌の練習を無理なく継続していくことが、大切だと感じました。(NK

 

感覚はつかめたので、1ヶ月の自主練習が必要(KG

 

慎重にぶつ切れになりながら声を出すのが心地良くないと感じるようになってきた。(MO

 

身体の動きをつけると、直立で力が入りがちな音域も、体幹を使う感覚を感じられるように思います。(RR

 

ほぼ毎日レッスンの復習をしているのもあって翌日の声が安定していることが以前に比べて増えている。(NN

 

普段自分で無駄な力が入っていると感じ、力を抜きたいと思い、調べたり考えすぎてわけがわからなくなってしまったのですが、一見関係無さそうに感じる息を吐く練習?などしていくことで力が抜けていくんだなあと、やはりひとりで調べててもできないなあと感じました。

YO

 

60代になっても、70代になっても、大人の歌と朗読を求めて立っていたいと願うようになりました。

技術もさることながら、この気持ちこそが研究所で得られた最高の宝だと思っています。(SK

 

録音を聞き返して思いましたが、指摘された台詞の部分が明瞭になっていました。

自分の感覚でもなめらかになっていたと思います。(AA

 

低音が体に響いてきた。

声が掠れなくなってきた。

声が安定してきた。(SU

 

--------------------------------------------------

 

<音信>

 

思えば、人生初のレコーディングで当時のプロデューサーにかなりの嫌み?を言われたのがきっかけで、書店でステップアップするきっかけのものを探していたとき

福島さんの本に出会いました。

それからセミナーに参加し、福島さんの声にカルチャーショックともいえるような体験をし、そこから声を磨くという意識が芽生えていきましたね。

今思うと、ほんとにいろいろ勉強させていただき、トレーナーからも様々なアドバイスをいただき今でも感謝ばかりです。

 

歌をやっていて良かったのは自分のオリジナル曲を、母校の中学校でのイベントの時、関係者からわざわざよんで頂き小さいホールですが地元の人たちの前で歌えたことが何よりの喜びでした。

 

声を鍛える・・・

私は研究所での通信でのトレーニングや実際のレッスンを通じて一番印象深いのは、息吐き、声を鍛える、です。

今でも朝早く会社に行き、誰も出勤してない時に、息吐きやレッスンでやっていたトレーニングメニューなどをルーティンとして続けています。

 

長くなってしまいましたが、福島様はじめスタッフの方、ありがとうございました。(JN

 

レッスン効果・体験・音信 No.338

少しイタリア語に慣れてきました。声をしっかり前を出す、意識しようと思います。まだつい引込んでしまうことがあります。

イタリア語のカ行の音について、どうしても慣れている外国語が英語なもので、ちょっと気を抜くと破裂音になりがちなので、気をつけます。(TW

 

自分も楽しく感じる歌になってきました、

素敵な歌を教えて頂きましてありがとうございます。

歌うとき、あくびと同じぐらい喉を開けたら声が出たように感じました。

冬季に息を吐き両手を温める

この時の温かみのある息吐きは気持ちも身体も穏やかでぬくもります。

こんな自然体の息の仕方が出来れば嬉しいですし歌にも活かせたらなお喜びです、そして歌は奥深いとますます感じました。

でも現実は厳しく全然体得できていません、練習が必要で大事と思いました。

明るく楽しい歌、これからも教えてください。(JS

 

1.その後、人としゃべるのが話しやすくなりました。口の力が抜けていた感じがする。

2.翌日のバイトをしている最中に前より口の中の力が抜けている気がして話しやすくなっていた。

3.日常会話で前より噛んでない。だから気持ちが明るくなる。

4.鼻で吸った時も前よりお腹が膨らみやすい。

5.口をトランペットの先のような空き方をしたら、喉が開き声が「ウワー」っと前に出ている感じがした!

AA

 

体を使いながらいろいろな声の出し方をさせていただき、とても新鮮でした。

喉も痛くならなかったですし、楽しみながら声を出せたような気がします。(HN

 

1.発声 話し声と音をつけての練習で同じ音でもなぜか声の出し方がなぜか違っているのがわかってきた。

2.語りもの 自分で自信がないので曖昧な読み方になり、どうしたいのかを指摘されると自分でも困ることがわかった。(MT

 

1.発声練習をする度に、自分の声が全然操れてないことが分かってきました。

2.ハミングでの発声が、少しずつ楽になってきています。

3.少しずつ、のどに過度な負担をかけずに声を出せるようになってきました。(NK

 

今回は、書道でいう「墨がかすれた状態で、いい加減に崩して書いている」ことがわかりましたので、「しっかり墨を筆に付けて、楷書でしっかり書く」やり方を学び直しました。

具体的には、ロングトーンでの発声練習、ゆっくり一音毎に確認しながら唄う練習です。(YD

 

声を出すのは楽しいなーと思えるレッスンです。それで、笑顔も出てきたと思います。発声を学んでいると、真面目になりすぎて煮詰まりそうになるので、今のこの、楽しい感覚を原点と思って、いつでも帰れるようにしたいと思います。(KR

 

声を出す基本ポジション感覚が違っていた事が何となく理解してきた。

顔を動かさないで発生する=ブレないポジションで歌う。口の真ん中より下が働く感覚なのでは?(RT

 

手で頬骨を真ん中に寄せて声を集めることを意識したら音色が変わった。録音を聴いてさらに実感したので、声が横に広がらないように注意したい。(MO

 

ハバネラのポイントを教えていただいたので、歌のイメージがより具体的になりました。ダイナミックに歌えるように頑張りたいと思います(ON

 

1.いつのまにか地声で高い音(レ♭)がだせるようになっていました。

2.裏声と地声の切り替えが上手く出来ることが増えました。最近のポップスが歌いやすくなりました。(ZZ

 

1.身体を動かせば人から聞いて声が変わるのだとわかった。

2.省エネグセを自覚した。筋力?持久力?を育てないとなと思った。(UT

 

1.喉の調整がスムーズにできていないように感じました。

2.一度変な癖がでると、なかなかリセットできない傾向にあるのも感じました。

3.スタッカートで1音ずつ、間と呼吸を置くことで、上記2つが改善されやすくなるよう感じました。(MH

 

レッスンは、自身に足りないもの、必要なものをとても明確にピンポイントで教えて頂けるのでとてもありがたいです。(IY

 

1.変な力を加えずに、歌えるように少しずつなっているように思います。

2.力が入ってしまったとしても、身体を動かして力を抜いたり声が前に出るようなコツを教えていただき、即効果が得られます。(RR

 

様々なストレッチをしながら、呼吸をしたり、発声をすると、普段使っていないような感覚もあり、たくさん学べたと思います。(TO

 

まだまだレッスン時の基礎発声ですと、声の色があっちに飛んだりこっちに飛んだりしますが、10年前と比べますと、独自に組むライブのなかでは、いくつかの声の色を自信をもって使い分けられるようになってきました。(SK

 

1.吹き矢をとばす感じでSの発声練習をすると、おなかの筋肉も上手に使えるようになってきた気がする

2.曲の情景を浮かべながら歌うことができるようになってきている(AR

 

以前より声が出やすく、安定してきたと思います。前屈して頭で支える姿勢の効果がすごいと思いました。(OT

 

ストレッチ、こんにゃく体操、リップロールなど、体全体を柔らかくすることで、負担をかけずに声を出す。

声がだいぶ出しやすくなったが、沢山喉を使う練習は咳が出やすい。

呼吸法、共鳴の際、鍛える=少し負荷をかける、という言葉を常に意識したい。(DN

 

1.話すとき姿勢を気にするようになった

2.呼吸するとき、横隔膜をさげる?意識を持てるようになった(NN

 

息を吸うときも、声を出す時も首に力が入っている事に気がついた。

リラックスながら、身体を使えるようになりたいと思います。(YI

 

1.今日は下あごに変な力や意識が入らずできた。なぜ?上顎に意識が集中していたから?

2.前にベタッと音を出すのを意識していると、顎の位置が自然な位置になってきた?

3.丁寧に音を出しつつ、もう少し表現のあるところまで歌いたいと思った。(IA

 

低音を出すために、如何に上半身をリラックスするかがわかった。

ため息に声を載せるように、無理をせず自然に、ゆったりと息が声に変わり、響いていく実感が得られた。

高音を歌う時は、エアーの椅子に乗るイメージで支えが必要。(ZW

 

1.高音、低音がかすれ、出しづらかったのですが、状態がよくなれば、前よりも出しやすい感じになると、なぜか実感できました。

2.とにかくどんな状態でもいい声が出せるように、切り替えて出来るようにしたいです。

3.喉のケアをがんばりたい。(OJ

 

“らしさ”を壊した先に何かがあるように感じた。(BU

 

 

<音信>

 

丁寧に教えていただきありがとうございました。

これからの生活に少しでも活かせればと思います。

大変お世話になりました。(SY

レッスン効果・体験・音信 No.335

<レッスン効果・体験>

 

今は全然出来ませんが要領をつかんだら童心に戻り楽しく出来そうな予感がします。

欲のない童心のままで行う大切さも教えていただきました。

なかなか出来ませんが出だしをしっかり息を使い切るくらい大きな声で歌う大切さも初めて知りました、知らない事が多すぎです。

知る機会を持てる自分は恵まれています、周りの方に感謝致します。(JS

 

きれいな声が少しずつ出てきた

低音が体に響いてきた(SU

 

ブレストレーニングで、少し身体から息が流せるようになった気がする。(YI

 

声量が増えたとコーラスの仲間にほめられました。

音程を保つのが楽になりました。(ZZ

 

演出がどのような役作りを求めてくるかがその時にならないと判らない今回のような場合、演じる役のキャラを前以て複数想定しておくと、どのような役作りの要求にも対応し易くなります。(YD

 

無声音で息を吐いてから有声音で声を出すと、力みが減るようになった。(MO

 

息を上手く吐けるようになった

以前よりも話しやすくなった(GI

 

声を出す位置により、声の表現が変わるとともに、声帯への負担についてよくわかった。

声帯回りの筋肉を鍛えることが必要であり、大きな声を出さなくても出来る練習があるのだとわかった。

声が出しやすくなった。(DN

 

演歌、歌謡曲を歌う時に、以前に比べて母音やコブシを入れやすくなってきました。(NK

 

4つの音でメロディを作る発想が今までなかったので、うちでも自分の好きな曲を作るときに取り入れたい。

AR

 

ツで息を止めないことを意識するようになりました

口蓋の奥から話すことを意識しました(HA

 

朗読の冒頭は、本当に大切ですね。ここで「つかめる」か、どうかが。アドバイスいただいた通り練りに練ってみたいと思います(UW

 

間違うことを気にして、小さくまとまってしまうよりも、はずしてもいいからとやっていく方が、人の心を動かす表現につながるのかなと気づきました。

間違わずに歌えるに越したことはないと思いますが 、はずしても人の心を動かしていたならその方がいいのかもしれないなと思います。

目標としては人の心を動かす歌を歌ってみたいですから 、これから、はみ出すことを意識することが大事かもと思いました。(なかなか、すぐには出来ないことですが)

声の統一感が出てきているというのは嬉しかったですが 、この小さいままで、まとまってしまうのは、もったいないなと自分としても思うので 、息吐きのトレーニングを地道にやって、大きく強くしていこうと思います。

正しいとか間違っているではなくて、いろんな視点でアドバイスいただけるので、とてもありがたいです。(BY

 

舌の置き場所やリラックスの仕方がわかった。

歌う時の姿勢や横隔膜のあり方が理解できてきた。(ZW

 

一つ一つ整理しながら曲を歌ったら、表現したい事、感触が自覚できた。(RT

 

フォームのチェックは、とても助かります。自分では気がついていない、後ろ重心になっていたことを指摘していただき、ありがとうございます。(KR

 

息をたっぷり使って歌うと、体で歌っている感覚があり、きもちよい

なるべくレガートで歌うと、歌がグレードアップしたように感じる(ON

 

体の脱力のやり方の方法や、顔まわりの力の抜き方などたくさん教えて頂き、やはりそこをしっかりやっていくと、良い発声ができる実感があるので、頑張りたいです。

お腹の下の筋力のトレーニングを最近やって頂いていますが、深いとこからの息に乗せた声が徐々に分かってきた感じがします。(OJ

 

あくびを意識して口をあけて発声すると、喉の引っかかりがなくなるように感じる

下腹部の筋肉の動きを意識して発声していると、喉や首の力が緩まるように感じる

椅子を押すように息を吐くと、声や息、身体が安定するように感じる(IY

 

喉や舌の高さを変えると、鼻声にならない箇所があるように思いました。(TO

 

発声で抜けない、浮かない声の出し方 

のどぼとけの位置で確認 今までの口を縦や、あくびの喉につながるのではないかと思う。様々なアプローチがあるのだと思った。

要はどうすると良い声が出てそれを使えるかということ。(MT

 

以前よりも声が楽に出せるようになり、とても嬉しいです。(RR

 

<音信>

 

丁寧に教えて頂きありがとうございました。

これからの生活に少しでも活かせればと思います。

大変お世話になりました。(SY

レッスンからの声 No.335

咳は少なかったが、声枯れがひどい。

マスク、肋骨にコルセット着用。

声の出し方 何種類か実践。 色々な出し方の訓練を行う

アで音階を発声 ロングトーン、スタッカート 高い音と低い音

ハミング 毎日行う。

喉の下 声帯がつきやすいが、高音でにくい。日本人ほとんど使わない。

あくび(声帯を使わず出来るも声帯のトレーニングにはならない)

大きな声は出るが、こもりやすい。

鼻の下からまっすぐ

別メニュとして、息のトレーニング(声を出さずに息だけで行う)

喉まわりの筋肉を鍛えるため

目と目の間(良い声はでるが、喉に負担がかかるので注意する)

口、目、鼻の下順番で練習すると良い。普段の会話で意識する。

脱力 力を抜き発声。意外と綺麗な声が楽に出せる。

練習時にはマスクをしながら行うが、息苦しく酸欠で頭が真っ白になった。

声を出す位置により、声の表現が変わるとともに、声帯への負担についてよくわかった。

声帯回りの筋肉を鍛えることが必要であり、大きな声を出さなくても出来る練習があるのだとわかった。

色々な出し方をマスターし、バリエーションを増やす練習を行い、場面、声の状態に合わせ、適宜組合せができるようにしたい。(DN

 

1.スケールでの地声、裏声

ハミングでの地声の発声

2.声帯ではなく、のどを使って声を出す練習

音の高さを決めて、大きく声を出してみる。

同じく大きな声を出す感覚のまま、実際には声を出さずに息を4秒ほど吐く。

同じく大きな声を出す感覚のまま、実際には声を出さずにスタッカートで8回、短く息を吐く。

3.息はもっと音が聞こえるように吐く。

4.真っ直ぐな姿勢で、口の開き方(あごの固定)、顔、体の位置を同じに保つようにすると、声が出しやすくなる。

過度な負担をかけずに、声、歌の練習をするようになりました。

自分の呼吸が浅く、もっと深い息が必要だと感じました。(NK

 

1.太い声にする練習。軟口蓋を開け胸に響かせる。

低い声がキチンとでる人には効果的。

2.低音域のロングトーンについて、

大きな声で頑張って出そうとすると、喉が疲れ、楽して出るところを探そうとする。

そこで出すことで筋肉が作られる。

苦手な音域なので、探すだけではなく、自分にとっては育てる作業になるという事。

始めから楽なところで出すと、探せない。

何度か聞いているはずの事がちゃんとイメージ出来てなかった。

再確認したので、今一度意識して取り組もうと思った。(RT

 

1.喉の下(肋骨の一番上)、両目の間、頭頂部のそれぞれから出すイメージで声を出す

2.楽に出る高い声はファ♯まで。それより高い声は、現状、色々無理をしながら出しているので、今は無理に出さない方が良い。低い声はミまで。

3.地声を使う男性の場合は、女性に比べると呼吸はそれほど必要不可欠ではない(発声の仕方にもよる)。

4.肩と胸を柔らかく広げたまま、お腹全体を使って吸ったり吐いたりする。お腹は、横隔膜を意識する。

うまくいけば、半年程度で横隔膜を自覚できるようになる。

5.あくびの練習:軟口蓋と口の奥を下げる練習をする(声を出さなくても出来る)。

6.喉の下から出すイメージで声を出す:声帯をあまり使わずに、強い声を出せる。イタリア人がよく使う発声方法。

7.頭頂部から真上に出すイメージで声を出す。

8.体とつながった声を出すためには、お腹のトレーニングがいっぱい必要。

前かがみになった状態で、お腹だけで息をして、吸えなくなったら10秒間、横隔膜を意識して広げるイメージ。

体のどこか一点(腹筋、つま先など)に力を入れると、喉に力を入れずに声を出せる。

9.両目の間を意識して、まっすぐ前に声を出す。

10.喉が疲れたら、いっぱい食べる。

使える声の幅(声域)を知ることができた。

横隔膜を意識できるようになるまでは長そうだが、お腹周りのトレーニングを継続して体得していきたい。

声を出す際に、喉の下や、両目の間、頭頂部など、出す場所をイメージすることで声や響きが変わる。

様々なレッスンを受けてこられた先生なので、呼吸法や発声法などに関するエピソードを色々聞くことができて、とても参考になった。(ZW

 

1.出しにくいところは、喉の形を変える工夫をする

2.低いところは、しっかり出して安定させてから、オブラートに包んでいく

3.声が小さいうちは、音程が狂わないが、ある程度出てくると、音程が狂ってくるので、よく聴くこと

喉の形に意識をもちながら発声をしてみる

まずは、大きな声が出るようになることが大事、ということで発声をおこなう(ON

 

1.「ん」と「ぎ」の発音で、軟口蓋を閉じる感覚を身に付ける

  1. 舌を様々な位置にして発声してみる

舌の位置や軟口蓋を閉じる感覚を意識して発声することが、少しわかったと思います。(TO

 

コンクールで、声が出ていない評価だったことについて、マイクの使い方を考えていくこと。それと、食事の栄養不足。指摘されて、そういえば高齢者に食べさせることばかり考えていて、量もタンパク質も少なかったと気がつきました。

低い音は軟口蓋が下がらないために縦あきを意識する。体の感覚は、自分の胃を出すような感じで歌った時に、体が使えてきたと言われた。(KR

 

1.力で押さず大きな声を出せたら、更に必要な力を抜かずに小さな声を出す練習をするようにする。

2.クラシックの発声=軟口蓋を開けるというイメージ。

(ポピュラーでは日本語が発音できない場合もある。)

低音域の、自分の声と体のイメージがわずかながらであるができてきた。(RT

 

1.息吐きのsがどうしても力が入ってしまうので力を抜く意識でしっかりと息を吐けるようにする。

2.腕を肩まで上げ、肘を曲げて手をまっすぐ広げての発声と、さらにそこに腰をゆっくりとひねる動作をやりました。

3.それをやりながらの発声と、歌もやりましたが動作に集中しているのもあり、あまり声もぶれず、コントロールできたと思います。

4.後はお腹の安定、踏ん張りが分かりやすく、その踏ん張りで発声が出来たように思います。

歩きながらなどの動作をつけながらの発声、歌をここ最近やっていますが、今日の動作は意識しやすく踏ん張りも意識しながらできました。

歌が、最後の方になるとやはり息がだんだんとキツくなってきて息を吸う時に余計な動作が入っているとの事だったので、余裕を持ってブレスをして、下の踏ん張りを保ちながら、さらに息が続くよう頑張りたいです。

余計な力をしっかり抜けるよう、いい状態で歌えるようにしたいです。(OJ

 

課題曲で歩きながら歌いました。直立だと気を張ってしまうのか緊張して身体が硬くなっていたように思います。本番で歩きながらは無理ですが、前に進んでいく感じが、テンポだけでなく、声も前に出る感じがして、感覚を捉えながら、普通の姿勢でもできるようにしたいです。

RR

 

1.前回よりもsotto voceのコツが掴めてきたように感じた

2.とても小さな声にも、どんな声にも感情をこめること、相手に何かを伝えることはできるということ

3.zuの発声の時、音程が上がる程に吐く息を強くするとzuがブレない

4.それはsaでも同じことだった

5.歌詞とzuを交互に歌うとzuの最初の準備が遅れる

小さな声だから楽に出せるということではないということがsotto voceで感じることができた。

音程が上がるところで息を多く使いたいので、フレーズでの息量のバランスを考えるようになる

zuで歌う時のように、歌詞で歌う時ももっと集中して声や息を出せるようにしないといけないと思った(IY

 

1.「ま」

口角は上げるけれど、あごは引いておく。

2.高い音を出すというよりも、響かせる場所を変えていく、息を多く送る意識でやるといい。

構えてしまうと余計に出なくなってしまうので。

3.自分の得意な音を増やしていくという意識を持って、進めていくといい。

4.カンツォーネ

曲の中で膨らませる、山を作るなど、動かしていく意識を持つ。

最初に、声を出そうというよりも、まず、力を抜いて息を吐くというのをしっかりやっておくと、発声になった時にやりやすいなと思います。

カンツォーネの時は、特に、喉の奥を開ける意識を持っていると深い声になるし、閉じてしまっていると浅い声なってしまうのが、録音を聞くとよくわかります。

出口を開けておくことが、本当に大事だなと分かります。(BY

 

1.ナ発声の時、自分では、まだまだあくびの形を思い出せない(常に意識することができない)

2.曲のハモリ部分のリズムがまだ完全に体に入っていない

口の開け方に関して、先生に意識するよう声をかけてもらうと、思い出してできるようになった

ハモリ部分に関して、メロディはつられないでできるようになった(AR

 

1.発声

息を吸う時、声を出すときと同じエネルギー量を使っているので、改善する余地あり

幸せと感じている時の吸い方

肩でなく肋骨を膨らませる

出しにくい音域 自分の設定が合っていない 高すぎる

2.物売りトレーニング

イントネーションがわかっている文章なので、さらに表現でのトレーニング

前回同様、近しい人に言う感覚 でないと自分の色が出ない。

イントネーションが崩れないように感覚が常にある。

どんな文章を読む時でも、ただ読むだけでは他人を惹きつけることはないのでそれをどう読み、表現するかの方法をアドバイスしてもらっていると思う。そのための表情や呼吸での表現が自分としては一番難しい。(MT

 

1.日本語のプロミネンスは高低

2.ラとダの区分けは、一音ずつ舌の動きを認識すること

3.弱くして強調する時は、前後を高くする

4.日本語は文頭を強くすると伝わりやすい

強調のレパートリーが増えました(UR

 

1.ストレッチをしながら息を吐く

2.寝た状態で上半身だけを起こして息を吐く

3.音階で有声音で息を吐く

4.肋骨を広げた状態での発声

息を吐くトレーニングなどを一通りやった後に歌ってみると力が抜けて声が出やすいと思った。(MO

1.歌を、歌うにあたり、表現していくということが、まだまだ、歌うことで精一杯で大事なことが欠けていたということがとてもよくわかりました。

2.言葉を大切に、自分なりに伝えていくことが大切でその意味をもっと理解して歌っていこうと思いました、

3.日本語以外の歌になると、発音の意識や、音程、言葉の意味など、一気に注意すべきことが増えてそこだけで精一杯になってしまうのでそこを理解しながら歌に集中していけるように、まだまだ歌を歌う以前に努力不足であり、もっとがんばります。

一度歌を聴いて頂いて、アドバイスを受けたあとの歌が全く別物になったと実感できました。いかに、ただ歌を歌っていただけだったんだなと感じました。

自分なりに伝えていくこと、表現していく大切さを今回のレッスンでとても学ぶことができました。

まだまだその歌に対する理解も低く、表現力に欠けているので、どの歌に対しても伝えたいことをしっかり自分なりに考え、伝えていけるようにしたいです。(OJ

 

1.自分の表情筋の弱さ

2.口蓋をあげるのが難しい

3.下腹部や骨盤底筋の筋力が弱い

4.息を吸うことへの意識が低い

5.鼻に声を集める感覚を掴むのがとても難しい。声がすぐに広がってしまう

酸っぱい顔や舌根から舌を出す動きをした時に、自分がどれだけ普段表情筋を使っていないのかがわかった

息を吸うことにはイメージ力がとても必要なのだと思った

いい声が響いている感覚が少しわかった(IY

 

私の欠点も見逃さず教えてくださいましてありがとうございます。自分のことは自分で気付き難いです。

客観的な目と耳を持っている先生ならではの指摘は的確ですし、指導者としても尊敬します。

無駄な力も入らず、あごも上がらず首は長が真っ直ぐ、

口は縦に大きめで開く課題が数々あります。

一つ注意していると別の所がおろそかになったりします、

自分の欠点を直しつつ基本を心掛けて練習しようと思います。(JS

 

横隔膜を張る際の、腹筋のあり方

曲にもよるが、吸って横隔膜を張っておいてそのまま歌う。

くしゃみや咳が出る時のように、横隔膜を張るイメージで良い。

ウォーミングアップとして行う吐く練習では、お腹をヘこますが、それはお腹を動きやすくするためのもの。

横隔膜を張って、胸と肩はそのまま乗せるイメージ。肩にも胸にも力は入れない。

このまま生活をするイメージ。

お腹には力が入らない。

丹田から息を吐く。胸も肩も落として力を入れずにやる。

ツイスト:ゆっくり→一気に。左右。

寝ながらツイスト:一気に。へこませる+広げるをセットで行うことで、筋肉の稼動域が広がる。

胸郭を広げる:胸・肩ストン。10秒とめる。「スー」で息を長く吐く。次に「ズー」で。

息を吸って横隔膜を広げる時は無理しすぎない。80%で。

発声の時:胸郭を広げて張ったまま、声を出しながらより広げるイメージで! 

でも、力を入れず、やわらかく。

軟口蓋を上げて、軟らかく発声。

オー・ソレ・ミオ:レガート気味で歌うこと。

横隔膜を張る際に、腹直筋を固くする印象があったが、違うことがわかった。

お腹をへこますのはウォーミングアップであって、(曲にもよるが)横隔膜の張りをできるだけキープしながら歌うことが大切だとわかった。

大きな声や高い声を出すと、喉が痛みやすい(声帯が弱い)。

自然に声の響く体づくり・呼吸を行い、ハミングや発声で声帯を鍛えようと思う。

横隔膜を広げて、そこに胸と肩をストンと乗せるイメージがまだつかめないが、

トレーニングをして、生活に結びつくまで身につけていきたいです。(ZW

 

1.脱力(喉の筋さすって緩める 鎖骨周りさすって緩める 肩甲骨まわす 

2.ストレッチで脱力(脇腹伸ばしながら息吐く 肋骨を緩めて)

3.呼吸のトレーニング(おなかを押しながら息吐き、ツイストして息吐き、横隔膜を動かして息吐き)

4.支えのトレーニング 胸郭や脇腹をつかんで拡張したまま息吐き

5.発声 ドレミファソファミレド ア 三点D 頭蓋骨の上側に響きを当てる。

筋肉不足を痛感しました。

無意識のうちに、声を喉の下に落として発声していたようです。

脱力、呼吸のトレーニング後に声を出すと、いつもより声が出しやすい感覚がありました。(HN

 

1.息を吐くと意識する時、喉を使ってしまうくせがあり、びびったようになる。あくび、噛み付く口を意識する。

2.前回・今回とやってきたのは口蓋の前の方の使い方の練習。喉で確認しなくてよい。充実感がなくても◯

3.音階のとき、一つの息に5つ音を乗せるようなイメージ。

4.上の響きで歌うと抜けた声になる。

5.早く息を吸うのが苦手である。

上の響きを使うと、しっかりとした高音が出せた。裏声の弱い感じでなく。(IA

 

1.アの発声練習(一音、ドレミレド)

2.オの発声練習(ドレミレド)

口を極力丸くする。

音階の変化に合わせて体を三次元的に広げてゆく。

3.アエイオウの発声練習

アは明るく開き、そこからオで口をすぼめる。

4.リズムのトレーニング(1/21/31/4、声と手)

正確に等分でリズムが取れているかどうかが自覚し難い。

まずは1枠の中に回数を納めることを意識する。

5.息吐き(2拍、4拍、8拍)

全身を徹底的に使う。ヘトヘトになるくらいやると、体が解れ、平素使えていない部分が使えるようになる。

ただ我武者羅にやるのではなく、体のどこをどう使ったら効率良く息が使えるか?を手探りのように探す。

6.スタッカート

「腹から笑うように」、今回は特に植木等さんの「無責任男」をイメージして「高笑い」してみた。

発声中に姿勢が乱れるのは、体が縮んでしまっている証拠。

体が三次元方向に広がるように体を使って息を吐く。

そのためには体が万遍なく働くことが前提。(特に背中が使えておらず、固まっている。)

7.楽曲「カロ・ミオ・ベン」

イタリア語の発音では、極力母音を伸ばす。

但し、イタリア語が解らなくても、日本語訳から類推して感情を表現できるように抑揚を付ける工夫をする。

発声練習中の姿勢の乱れから、体の使い方に偏りがあることに気づきました。(特に背面側が使えていない。)(YD

 

1.発声(「あ」で同音、ドレミレド)

2.息(ふー→口笛→s、強く長くふー)

3.ソルフェージュ

口から息を吸って口から吐く 鼻から吸っていた

口から息を吸うと鼻から吸う時よりたくさん吸える気がする

一定のリズムが刻めていない それに気がついていない

引き続き息のトレーニングを続ける(HN

 

1.「が」の発声の時、「んが」と発音すると綺麗に聞こえる

2.異なるリズムを同時に 刻むことの難しさ

3.高い音を出すときどうしても顔を上に向けてしまう癖がある

4.歌詞からではなくメロディが気に入って、この曲を歌いたいと思うことが多いので、歌詞の意味を深く掘り下げていないことが多い

高音発声時には上から見下ろすように歌うテクニックの習得(AR

 

1.「あ」

前回よりいい。

お腹が凹んだほうがいい?

2通り考え方があって、今はその方がいい。

2.息を出来るだけ死ぬ直前くらいまで息継ぎをしないで。

息が浅くなっている。

「あ」1フレーズの間で息をせずに、苦しくなってきたら息継ぎをする。

無くなっても、しばらく息を吸わない。

これが身体の使い方イメージ。

深呼吸、息が無くなってもそのまま。

深呼吸、「す~」息が無くなってもそのまま。

今は、あえて負荷をかけているが

歌っているときも、声が無くなってもお腹はしばらく

同じ方向を向かっていなければならない。

野球で例えると、投げてすぐ投げた。じゃなくて

投げた。どうや!という余韻が必要。

8拍全力で吐く。一瞬で吸うを繰り返す。

3.椅子に座る。

声を楽に出す感覚。

唇を軽く付ける感じでハミング。

大きめに上げ下げ。

音階で、ガクガクっとならない。

急に動かすのではなく、11つをゆっくり味わう。

唇が震えるところがある。

響きを前の方に感じてみる。

音が変わるときの、間が欲しい。

間を埋める感じ。(レガート)

4.お風呂に入った感じで

はぁ~。

あああ~。

楽に出せる部分、響きの部分、ハードな息やお腹がリンクしていくといいかな。

4.曲

アマリッリ

大きめ、低めに。イタリア語で読む。

日本語で。

2000人いる舞台で、役者として。

イタリア語に戻って、母音で。

息を吐ききっていないので、呼吸が苦しくなるのかと思いました。

吐ききる身体の使い方を取得したいと思います。

言葉の繋ぎが途切れている、11つになっているのでレガートに発声出来るようにしたい。(YI

 

1.何となく声を出さない

2.コンコーネ

3.音階の発声とハミング

4.リズムのトレーニング

思い通りの声が出せなくても意思を持った声を出そうという意識ができるようになった。

意思のある声を出す、コンコーネでフレーズの意味や歌い方を考えることは、ダンスや他の表現と共通してると思った。(MO

 

1.体をほぐす

背骨をほぐすように手を前後にまわす。息は深めに吐く。10回。

手を下ろしながら息を吐く。10回。

四つん這いになり手と膝を肩幅くらいに開く。首は力抜く。背中を高めに持ち上げる。おなかをしっかり動かす。20回。

膝立ちつま先を立ててかかとを後ろ手につかみ、おなかを突き出して首を上にして20回。

仰向け立膝背中が床につくようゆっくり息を吐く。10回。

2.息を声にする。

かかとをあげて、膝を曲げながら下ろす。そのときに息を混ぜながらだんだん声にしていく。10回目で大きな声になるように。

3.発声

2の動作をしながらアエイ(ミレド)。都度膝を伸ばす。

ハエイ。ハの時思い切り息を吐く。→ゆっくり確実に発音する。

声を出している間はプリエの姿勢を保つ。

リップロール(ドレミレド)→リップロール+ア 声が下りてくるときに引っ込めない。→アのときプリエ

チェンジのところスムーズに。

4.曲

鏡の中の自分の目を見て歌う。プリエの姿勢→息のみ、の後に歌うと声が前にでる。サビ→片足立ち上半身倒して揺れながらだと歌いやすい。重いものを持ち上げるような姿勢もよい。声を前に出すことを意識。音のラインがぶれないように。

汗だくになるほど体を使いましたが、そのおかげか楽に声が出せるようになりました。自分の目を見て歌うと必死さが増すように思えました。(OT

 

1 .ドッグブレス 

四つ這いになって背中を猫のように高く上げて丸めて/膝をついてかかとを後ろでつかんだ体勢で。しっかりお腹を動かして。

2.息「ハー」から「ハアー」10回のうちだんだん強い声に。

身体を左右にひねり、両腕を巻き付けるようにふる

3.アエイ 音程ミレドで

膝を曲げて身体、踵を上下、腕を振り下ろして

3.仰向けで、膝を立てて床面と腰の隙間をなくすように床に押し付けながら息を吐く

4.リップロールからアー 音程ドレミファソファミレド

境目を作らず 強い声で

5.歌唱 冒頭の部分一定の強い声で歌うように

強い声を出すトレーニングをたくさんできました

自分だけだと喉声をどのくらいまで出して大丈夫なものかわからないし、早く裏声にした方がラクなんですが、こんなに使うんですね。レッスンで鍛えて、力強い声を身につけていきたいです(UW

 

歌の準備にはなりませんが、肋骨下骨を包み込むように手を入れる練習は湯船でしてみました。

アエイはなかなか出来ません、声に出すのはまだ難しいようです。

生まれ持った豊かな感性もないので、良く話して説明して頂きレッスンを受ける事が出来感謝しています。

横隔膜の大切さも、目にも当てずでこの年で知り嬉しく思います。(JS

 

1.高いロングトーンなど、ここぞという時には背中を壁に押し付ける感じで

2.V、ZPrrrで、一曲歌ってから歌うと、よいトレーニングになる

3.ロングトーンでは音程を当ててから徐々に強く出してみる

4.発音によって声を引っ込めないように

5.いい声はいつまでも伸ばせる

息をたっぷり使うこと

声をこもらせずに前へ出すこと(ON

 

1.姿勢で、そのままスウッと立った時に、手が脇の縫い目に来るのが、体幹がしっかりしている。私のは、前寄りになる。とはいえ、以前よりはよくなっている。

2.呼吸は、口から吸う場合と鼻から吸う場合と、どちらでも対応できた方がよい。吸うときは、花瓶にザパッと水が入る感じに。声を出すときは歯磨きのチューブを絞る感じ。出し終わりを固めないで、ブレスに入る。

3.巻き舌は少し良くなっている。プロを繰り返したり、トロロと言ってみたり、引き続き、取り組みます。

4.今日は声がよく出ていると、トレーナー。自分では、よくわからないけれど、発声が楽しかったです。

5.首が前に出ない代わりに、上を向いてしまうことについて。首の付け根が折れるのでなく、頭との継ぎ目が上に向くなら良し。首と胴体は繋がって、むち打ちの首バンドをしているイメージ。

立つ、とか、呼吸、とか、すごくシンプルなことに、こだわって見ていただけて、とても良いです。(KR

 

  1. 録音技術のない時の映像や録音を聴くと良い。生々しく、その人の存在や声や歌が伝わってくるので。
  2. 体は、一番力の入りやすい所を使ってしまうから、使っていないところは、使えないままになってしまう。

トレーニングで、もっと体を使えるようにしたら、それが表現にも繋がっていく。

  1. 今の私は、素直に声が出ているけれど、細いので、それを太く豊かにしていくといい。
  2. 口の中を開ける。

母音を、もっと口の奥でとらえると、出口が広いので、 出やすい。

声の伝わり方が違う。

息も吐かないとできない。

  1. アエイエア

舌をどう使えば良いか意識することで、深い母音に作り直していく。

意識的に、お腹にストレスをかけて、ボリュームを作る。

こういう練習をしていくと、声を支えるということが、分かってくる。

歌での表現というのは、どうすればいいのかなと思っていたのですが、体を本当に使えるようにしていく、ということが 、そこにつながる道の一つなのかなと 感じました。

今、習っている先生のメニュを、その音を出すために、どう体を使うか いろいろ試してみる、という発想を教えて頂いて助かりました。

先生の通りにはできていないので 、その課題を使って、自分の中で見つけていく作業が大事だと分かりました。

取り組み方のコツを教えていただけて、良かったです。(BY

 

上で固めてやっている。

押さえつけている癖を直せば取り戻せそうな気がする。

「お」

「あえいおう」感覚を足のところまで伸ばしたい。

確実に声にする部分をみてみたい。

「がー」

音色を太めに。

「がーがーがーがーがー」

途切れない。レガートに。

意図的に呼吸を結びつける。

息が50声が100になっている。

息が50なら50100なら100

身体を使わないと力が働かないような連結をつけたい。

上で作るビブラートでなくて、息で作るビブラートができれば。

中に深く入っていくイメージで。

「ゲ」

今までとは違う

暗くて・太くて・重いようなイメージで。

階段ができないように、つなげていく(レガート)

腹話術のような。

「ゲ」を切らない。

喉に触っている。ノイズが乗っている。

それを外す。

「ゴ」

少し長めにやったほうが、身体が使えているかどうか分かる。

声にいきなり入るのではなく、吸気と支えの準備を意識。

スタジオに響くような感覚で。

1音ずつ、弾んでいる。

中にきちんといれると、遠くに飛ぶ。

体が整っていないと、締めていくばかり。

「ギ」

「リ」

広がっている。他のが鳴っている。

演歌の人は、「い」を一番響くようにやっている。

「グ」大きめに。

「ガ」に戻す。

「ゲ」

出来ない所をやるより

出来る「ガ」で調子を戻していくといい。

繰り返すほど、悪い方に揃ってしまう。

ちょっとした調整のズレが、複雑になっていく。

太いイメージで。

変に固める発声を覚えてしまっている。

前よりもレベルを高くしようという気持ち。

もっと先のゴールへ行こう。

練習をする時は、広いところで、物理的に声が響いている・響いていないを感じる。

プロの中のプロでやっていくには、メンタルには限界がある。

フィジカルがプロでないと。

1音を繋げて発声しているイメージだったのですが

1音、1音途切れている事に気が付きました。

上で固めてしまっているので、それを取りたい。

身体と、息と、声を繋げて行きたい。

現状を改めて知ることが出来た。

練習、頑張ります。(YI

 

今回のレッスンでも幾つか強い印象を残したポイントがあります。

まず、歌唱を真似ながら、歌のデザインというものを身をもって感じたこと。

息の引っぱりと、そのためのブレスの深さも含めてです。

また曲では、現状の7割の声で柱を創るようにというのも、あらためて自分のものにしたいと思った課題です。

「ピアニシモの声で刺しなさい」

なるほど、それが自分は出来ていないのです。

そうありたいと願います。(SK

 

ドレミレド(ma)レガートで。3音目が少しはじく。ハミング高いところが裏声と同じポジションで取れているので裏声を入れてもいいかも。1オクターブ半を確実にとる。

ミレド(ga)ドレミレド(ga)胸に響かせる。レガートで。3音目にかけクレッシェンドかけるつもりで。体から呼吸を使う。発声の位置をバラつかせない。縦に伸ばす感じ。アクセントはつけない。

go-ge-gi ga-ge-gi-go体使う。上に行くにつれ体抜けないように。ga-ge-gi-go-gugi-go-guが浅くなる。体から息を流して結果的に声になるように。低い音は後ろに引く必要ない。

イ音の響き作らない。表現と分ける。

「体を入れる」という感覚がかなり実感できました。意識しなかったり、疲れてきたりすると抜けてしまうことが多いので、安定するよう、今後も体力づくりをしていきたいです。(OT

 

テープ審査に応募した曲を聴いてもらう。三拍子の軽快な曲、こういうものの方が、私の場合はボロが出にくい気がする。高い音の裏声は、以前の声のように、広がりがち。指摘されて、裏声かどうかわからないが、もう少しまっすぐ出せる声も別に持っていると気が付く。少しずつだけれど、声がしっかりしてきたかもしれない。下の声も出てきたかもしれない。もしかしたら、半音下げた方が高いところはしっかり歌えるかもしれない。こういう曲は振り付けや衣裳も大事。もし、審査に通ったら、スカート用意して臨もう。

レッスンを受けるのだ、という意識がはっきり持てます。何かが変わるのを待っていてもらえている気がします。(KR

レッスン効果・体験・音信 No.332

<レッスン効果・体験>

 

ストレートな声の響きというのは(まだまだ完成形ではないのだろうが)初めて自分が感じた感覚だったので、とても不思議な感じがした

本調子じゃない時でもできることはたくさんあるのだと嬉しくなった(IY

 

前屈や、その他教わった方法で早くいい状態の声が出せるように頑張りたいです。

かべに体をつけながらの発声がとにかく声を出すことに集中できてとても良かったです。

お腹の踏ん張りもとても感じられ、むしろ踏ん張らないと出せない状態だったので、あの感じが普段から感じられるように歌を歌わないといけないんだなと思いました。

同じ歌を歌っても今の方が息が続くのと歌いやすくなってきてる実感がとてもあり、嬉しかったです。(OJ

 

舌根を下げて気道を開けることで、声と発音(発語)が明確になるように改善できることがわかりました。

また、舌根を下げて口腔を縦に開くことで、腹を下げて胴体の容積を縦に広げることも意識できるようになりました。

以上の裏返しとして、今まで胸や腹、口蓋など、筋肉が使われずに縮んで固まっていた箇所に気づくことができ、今後の身体運用の改善に大きなヒントとなりました。

YD

 

レッスン始め、力みが強くあったが、最後は比較的良い感覚で出せた。

まだまだわずかだが、あるべき方向のイメージをレッスン毎に積み重ねてきている感じがした。(RT

 

レッスンの前と後で、声が変わったのを実感した。(IG

 

肩甲骨から腕周りを回した後など声の通り(息の通り)が良くなった

体の部位の緊張に少し敏感になってきた(HS

 

裏声でも、フワフワしない声が出せるようになってきました。高音は歌詞の表現がしにくかったのですがだいぶ言葉をはっきり発声出来るようになった気がします。

まだ完全ではないですが、地声と裏声のつなぎが滑らかに出来る時があります。(ZZ

 

数行の文章でしかないだけに、いろいろな解釈ができ、また何通りもの言い方、表現の仕方がある。そこに個人の色が出てくるので、それがどれだけ他人を魅了する

かが結局その人の持つ能力に気づいた。(MT

 

お腹を横に広げて話した時に、今まで出したことのない声が出た

トレーニング後は体幹がしっかりしている(UR

 

おかげでお腹を強く使えるようになりましたし、お腹を鍛えることが楽しくなりました。間違いなく、強いお腹を!と3秒に1回唱えています。(SN

 

発声をしようと思うと、身構えてしまうので、そうならないようにするのに、今日やったみたいに 「な」で自由に声を出してみるとか、自由に歌ってみるとか、そういうのを入れるというのは、いいなと思いました。

家で練習する時に、そういう自由なことも入れながら、やってみようと思います。どうしても、真面目に固くなってしまうので。(BY

 

状況を自分なりに咀嚼し、ナレーションと曲が一体になるように表現するということがわかった。(GU

 

ひとつのフレーズのなかでは、すこしずつ音を安定させられるようになってきたように感じます。(MH

 

少しずつですが、英語歌詞には慣れてきました。

歌詞を覚える速度も上がってきたように感じます。(SG

 

声が出しやすくなりました。身体のつまりが取れたというか、声が身体の中をスムーズに通って外に出た気がします(UW

 

この頃、発声時に体が、以前よりバタバタしなくなったと感じます。体の引き上げのおかげではないかと、思っています。(KR

 

息が大切であること

身体全体を使うこと

息が前よりきれなくなった(GI

 

風邪や喉の調子が悪い時の対処法がわかり、今後はひどくなる前に早めに対策をしていきたい(HN

 

喉の後ろ側を意識すると、前に声が詰まらずに発声しやすかったです。(TO

 

テンポを体に入れると自信をもって声が出せると思う。顎を動かすといいい意味で力が抜けて、柔らかく聞こえる。今までに聞いたことのない声が出るようになって驚いた。(OT

 

前屈で体を揺らすと声が出しやすい(SU

 

<音信>

 

(前略)レッスンの録音を何度も聞きながら練習を繰り返し、当時は理解出来なかったことも少しずつ分かるようになりました。

コーラスでもとても楽に声が出せるようになり、自分の声が良い方向に変わって行くのを感じています。

先生方にはお世話になり、本当にありがとうございました。(II

レッスンからの声 No.332

歌だけの練習だと、自分の出せる音域が狭くなってしまうこと。

ハミングでの声出しを活用すると、音量を抑えての練習ができること。

自分の話す声の音量、スピードに気を配り、相手に伝わるよう心掛けること。

スカイプ講座での、実際のレッスンの雰囲気が掴めた。

スケールで音を取り、声を出す練習の必要性が分かった。(FN

 

高音は、脱力してハミングを練習すると出るようになる

地声の高いところは、楽でなかったら地声を出さず、ミックスヴォイスにしたほうがよい

響きを得るためには、まずは強い声をトレーニングしていくこと

目と目の間、おでこからの発声で響きが感じられるようになる

9つの発声、ハミング、あくびの練習、最後に力を入れず出す、を毎日続ける

発声練習を毎日続けることの大切さを再確認

地声だけでなく、ミックスヴォイスも鍛えていく(ON

 

発声・呼吸

裏返った方にいくと楽。高い声を聞いて育つと低い声は使わない。

呼吸練習:みぞおちとへその間を膨らませる→勢いよくハッと息を吐く練習。下腹は力を入れて膨らませない。

4つの点

ハミング→喉の下から斜め下→頭の天辺から上:低い方ができると細く小さくなる

支えを気にする:お腹全体、特に中心を膨らませて支えるのがおすすめ。膨らむ位置にベルトをして、押し出すようにするとよい。声を安定させることにもなる。声をコントロールできるようになったほうが感情が伝わる。

声を前に出す:目と目の間から出す。

スケール:おでこから斜め上に声を出す。

口の中を広くする:口を閉じてあくびの練習。高音が出しやすくなる。

高音で裏返る感覚が難しかったので、練習していきたいと思います。ベルトを使うと膨らませる位置がわかりやすいです。支え・前に出す・軟口蓋を意識すると自分でも聞いていてハラハラしないです。(OT

 

連続してみぞおちの反発を使って声を出せない

喉の下を意識して声を出すのが一番安定するし出しやすい

高低の音を出していけば音域広がる、逆に使っていないと出なくなる

下腹を使った方が声が出るとのことだが、自分はみぞおちを意識した方が声が出る

歌い手でも下腹とみぞおち使い方は色々(HA

 

ハミングできちんと出ていれば、他の発声(練習)でスムーズにできる様になる。(できないから、他の発声は違う方法で出して、ブレてしまう。

高い音域は実際使用する2度上くらいは安定して出せる様にした方が良い。

声を前に出せる様、額、目の真ん中、首の後ろ(高音域)の練習をすると良い。

ハミングはとても手軽にできる練習だが、他の発声方法にも影響を与えると言う事、重要性を知った。

最近、声を前に出せているか確認しながら曲練もする様にしている。(RT

 

声の出し方にはいろいろあって、状況や目的によって使い分けることもできると知り感心しました。

小学生の合唱コンクールでアルトを担当していたとき、地声でバリバリ歌ってみんなと調和が取れなかったのを思い出しました。

息が続くようになって、フレージングが楽になりました。(ZZ

 

高音を頑張った後だと低音が出しにくい。←のどの使い方の切替が出来るようになるのが良い。

低音を安定させるために「のどの下」「頭のてっぺん」のみラまでスケールをやる事。

「ハミング」をもっとやる事。それ以上にエッジボイスをやる事。

地声の範囲が広がった。(EO

 

息を吸う時に、顔の筋肉が横にひっぱられたりしないようにする

息がきちんと吸えた時は、そのまま発声がしやすかったです。(TO

       

先生の「息吐きの練習は裏切りません」という言葉が心に響きました。

日々精進致します。ありがとうございます。(IY

 

身体を前に倒し、首、頭をだらりと垂らして力を抜いて、息+アオアオア

前歯をかみ合わせた状態で読む

前歯をかみあわせて、さらに鼻をつまんで読む

サ行の発音がシャシュショに聞こえる時がある、息が弱いのかもしれない、との指摘をいただきました。今後は強く息を出すように気を付けます

前歯を合わせてさらに鼻をつまんで発声をしたあと、普通の状態で読むと、以前よりスッキリと声が出たような、響きが良くなったような気がしました(UW

 

息を途切れないようにする

背中を壁に付けて体を支える感覚を得る

手の動きを付けることで息の流れをスムーズに

腕回しで胸と背中を広げる

前屈で 息の流れを整える

息の流れが切れないように意識しました(UR

 

トレーニングによって安定性が得られているということ

俊敏さが得られている

すなわち、安定性の中でつらつらつらと音が流れるように出てくること。

トレーニングが身体に”馴染む”という言葉が私にぴったりでした。

馴染みの良いトレーニングっていいなと思いました。身体を馴染ませる、トレーニングを私の身体の一部にすることが好きになりました。(SN

 

呼吸 スッ シュッ ヒッ

SaオSaSa ミドレドソミファレド(音に合わせて息を吐く→音程をつけて歌う)

SaオSaSa ミドレドソミファレド(同上)(壁に背中をつけて片足)

テキスト:Sa1番歌詞で歌唱(壁に背中をつけて片足)

壁に背中をつけて片足は踏ん張れている気がします。

口を開くことを意識するのをつい忘れてしまいますが、

先生のご指摘で口にも意識が向くようになります。(HN

 

今まで前屈やsaの発声で、ふんばりを感じて声を出す、ということをやっていただいておりましたが、今回、それを実際の楽曲での歌唱に活かすことの感覚を少し体感できたように思います。

今まで、歌詞や音程などに気を取られていたので、そこまで余裕がありませんでした。

前屈など身体を使って発声することの効果は毎回感じています。曲でも活かせていけるよう、より意識したいです。(RR

 

今日は顔辺りだけで歌っていて、体が使えていない。たしかに上の意識が強すぎたかもしれない。背中、特に左側の背中が固いと分かった。

壁を腕立て伏せの要領で、肘をまげて押しながら、声を出す。私の場合は腰が反ってしまうので、そうならないよう研究する。

コンコーネの28、シュタァで歌う。腕を広げながら、体を使って歌う。

腰が反ってしまうというのは、数年前にも言われたことで、腰を入れるのと反るの違いが分からないのが、私の問題だと思います。気にすると、声が出なくなるのは嫌ですが、とはいえ、せっかく二回目の指摘していただいているので、この機会に、腰を反らせないで体が決まるようなフォームを、追究します。(KR

 

発声

吸うとき、身体を横に広げる感じで

読み

イントネーション 微妙な違いがある。

感嘆詞 思うようにならない、またはどのように言うか迷う。

イントネーションも含めて、色合いをつけるのがまだまだできない。

せりふをもっと乗って言うように自分の中での気持ちがもっと必要。

せりふの前の呼吸から表現を。

喜怒哀楽を言葉でなく呼吸で表す練習を。

たった.12行のせりふでもいろいろな場面、表現があり、どう読むのか難しい。

聞く人を考えると、一本調子にならないように緩急、間、大小 色合いを出さないとつまらない。

もっと表現をオーバーにと思うが、そうすると変なイントネーションが出てきそうである。(MT

 

肋骨の間にも空気を入れるイメージで伸ばすとそこがとても広がるような気がした

あくびの口の開け方が少しわかった気がした

イタリア語の難しさ、美しさ

最後の伸ばす所は、前に前に前に出す。

自分の周りの範囲程でこもらせないように。

あくびの口で発声すると、喉に引っかからずに綺麗に声が出てくれる

最後の伸ばす所は、先生にイメージさせてもらい、導いてもらうと、とてもいい声になったような気がする

首の後ろにとても力が入っていたのを先生のストレッチや発声でほぐしてもらって、とても声が出しやすくなった(IY

 

やはりうまく体の力を抜けると、良い発声が出来てくるので、早めに下顎も固めず、首、背中などの力を抜けるよう頑張りたいです。

簡単なストレッチを教わったので実践できるようがんばりたいです。

喉のポジションを変えず、音階を上げていく

下のお腹から息を送り、そのまま全ての音を同じ状態で出す

上に行く程に息量が必要で、体を踏ん張り息をもう一息頑張る。

全ての音を息をつなげ、喉のポジションをそのままで発声していくことが、なんとなくわかってきた気がしました。

どうしても下に声が落ちてしまいがちなので力を抜く必要はあるのですが、お腹や下半身は踏ん張り、息を送っていくということがとてもよく分かりました。

イタリア語の滑らかさと発音をもっとがんばり自主練していきます。(OJ

 

声が遠くまで飛ばないのは息が前に出ていないから

声は息の力

胸を固める癖がある

息を前に出して声を出すと気持ちいい

腹式呼吸のトレーニング

息を前に出す感覚が少し分かった

声が以前より響いている気がする(HA

 

ドレミレド のような上がって下がるような時、息・音を前に、もっと遠くに送り続けることを意識すると、いい音が出ていると言われた。高い音をピークに息の出し方がすぼまってしまう癖がある。

下顎に力を入れないように。いつもの感覚よりも、少し顎を前に下げるイメージの時○

ポジションを変えないこと。軟口蓋をあげて、鼻筋~眉間のあたりから音を出すイメージ。 

少しづついい発声を捉えるまでの時間が短くなってきたように思う。

ドッグブレスが少しできるようになってきた。20回×2セットほどやると後半コントロールができなくなるので、一定の速度でできるのを目標に。(IA

 

口をしっかりと開けること

喉をしっかり開く

以前より力まずに発声ができるようになった(GI

 

呼吸法 スッスッハッハッ

発声・スケール アエアエア 下歯に舌をつけ、舌を上下させて、アとエを区別する。

早春賦 歌詞の朗読 一番のみ歌う 高音を思い切って歌うこと 裏声はやはり出ない。

レッスンの前と後で、声が変わったのを実感した。

新しい歌にチャレンジしたいという前向きな気持ちになった。(IG

 

言葉のトレーニング≪613音≫

一連の言葉から、無声映画のような映像を連想してみる。

言葉一つ一つに色、温度、音なども連想してみる。

コラージュ(バラバラのものの寄せ集めで構成される作品)を作るイメージで一連の言葉を語る。

五十音のトレーニング

言葉ごとにテンポや音程、抑揚を変えてみても良い。

慣れてきたらリズムに乗って軽快に語っても良い。

「作品」というものを作るとき、何か厳密な計画を立て、その計画に沿って製作活動を進めなければならないように思いがちで、重く考えすぎてなかなか初めの一歩を踏み出しにくくなってしまいますが、コラージュという手段によれば、今あるもので作れるものをとりあえず作り、あとから浮かんできたアイデアやイメージによってさらに作品を発展させてゆけることがわかりました。

コラージュにより、「悩むよりはまず実行してみよう」という考え方に転換できるような気がしました。(YD

 

ステージング

姿勢

お腹の使い方

声の出し方(途中で切らず、息に乗せるように)

高音の処理の仕方

印象的だったのは、レッスン後に胸板などの響かなかったところが短時間で響くようになったことです。

声への配慮は最近行うようにしていましたが、まだまだだったことを改めて認識しました。

色々な方から見ていただいて色々な切り口でアドバイスを頂戴できるととても面白いと感じました。

まずは姿勢と息の出し方を意識してみます。

声の支えは少しずつできてきたよう感じます。

自由に動かせる音域が広がってきています。(SG

 

ソルフェージュ

腹式呼吸の方法

音程をとるコツが少しわかった(TU

 

音読(カンツォーネの本)

1番~3番まで歌う

リエゾンを意識してつなぐように歌う

通しで歌う

念願のBella Ciaoが歌えるようになって嬉しいが、Amalilliのほうが自分の声に会っているような気がする。

Amalilliを歌うと、のびのびと声が出せて、歌自体が声のトレーニングになっているように思う。

最近、気がつくとAmalilliを口ずさんでいるので、歌詞も暗誦してしまった。歌から言語を学ぶということも同時に学んでいる。

まさか自分がイタリア歌曲を唄えるようになるとは思わなかった。新たに「蝶々夫人」へのトライを提案していただき、不安とともにワクワクしている。

イタリア語は声に利くと、漠然と感じている。「蝶々夫人」を歌えるとは夢にだに思わなかったが、新しいことに向かう気持ちを大切にしたい。(IG

 

あめんぼ赤いな、サ行とラ行の滑舌練習。すごくゆっくり読む

口の開け方、母音、特にウの音

50m先に届けるように声を遠くに飛ばす

文章をあえて平板に読む

姿勢。基本の立ち方。正しい立ち方をすると、自分の感覚ではかなり反っている感じがするのがわかった

正しい姿勢をあらためて理解しました

口の開け方について今回指摘をうけた部分については、朗読の先生からも指摘されたことがなかったです。意識して練習してみます

朗読の先生には指摘されたことがなかったことも、色々指摘していただけてよかったです

それから姿勢のレクチャーの時に、筋力が弱いのかな?と言ってらして、私もそうだと思いました。足は結構強いのですが、他、特に体幹が弱いので、ダイエット兼ねて筋トレもちょっと工夫してみたいと思います。一石二鳥ですね(UW

 

伴奏無しでリズムを取ることの難しさ

メトロノームのリズムがだんだんゆっくりに感じるという不思議(歌っていると、気付かないうちにスピードが早くなるんだということ)

歌詞の意味を考えることの楽しさ

自己流で歌うことの楽しさ(AR

 

発声時に目立って首が前に出ている。壁に背をつけて姿勢確認。壁に頭を付けると意識していたら、今度は首が上向いてきた。体幹さぼったせいかもしれない。

低い音を下顎に落とさない。上顎を上げることを考える。明るい音になるようにしていく。そのためには、顔の筋肉をよく動かす。首が前に出るのはその辺りの筋肉が凝ってるのかもしれないから、よく動かす。

宿題は、巻き舌。プロ、と言うとき、ちょっと巻き舌になる、その感じ。サッポロラーメン、みそらーめん、で、練習。(KR

 

体のほぐし方と体を使っての呼吸、

喉を鍛えた上で、息をうまく使うとより良い声になる

横隔膜を下げる意識

高い声は息をたくさん使うが、低い声はコントロールしないとぶれる

カラスの「アー」の鳴き声で、始まるの音をしっかり出す

息、呼吸の大切さを意識する

始まりの音の出し方コツがわかる

裏声とミックスヴォイスの違いが少しわかる(ON

 

カラスで出た後も強くする意識で息をたくさん吐き出す

出にくい時はバレエの足、お辞儀で出しやすく。

ド〜ド♯辺りは体幹をしっかり使って

喉に負担を感じず声を声を出せました

カラスの練習で、吐く息が全部声になる感覚を掴むことができました(MN

 

歌うときにどうしても力が入ってしまうので、手をぶらぶらさせながら歩いて

発声練習は、力を抜くのに効果があるということ

まだまだ手を後ろに組んでしまう癖が抜けない

コンコーネ3番ー階名でなく「も」で歌うと音を見失いがち

リラックスして自然に声をだすことにより、自分の好きな声がだせると発見した(AR

 

ひらがなの生き方は自分にとってとても有効だと思います。

人としての生き方の原点を声に発する事はすがすがしいです。

詩と解説の朗読

情景を語ることと、詩から感情や情景をイメージし表現することに役立ちます。(GU

 

「な」での声出しは、力を抜いて、あくびの感じで、息を吐くだけの イメージ でやる。

「も」自然な流れで息を吐いて、伸ばしている間、息を吐く量は同じにする。

「ま―も―ま 」声は、出そう出そうとしなくても届く。

コンコーネ29

早いクレッシェンドをうまく使っていく。

最後の「ファ」を一番美しく出す意識で歌う。それには一つ一つの音を、大切に歌っていく。

声を出そう出そうとしないで、息を吐くのをつないでいくくらいの感じでやった方が、良いのかなと思いました。

今まで声を出そうとしすぎて、余計な力が入っていたかなと感じました。

一つ一つの音を大切に、一本の道を進む感じで歌うというのは、体や喉のポジションは 変わらない意識で、音だけ変えていく感じなのかなと思いました。

今まで、音が変わるたびに、体や喉もいろいろ動かしてしまって、道が外れてしまったのかなと思います。

録音で聴くと、同じ道のまま出せた時は、感じよく聴こえるなと思いました。 これを、自然にできるようにしていければと思います。(BY

 

口を開けたまま発声

あえあえあ-

あえいえあえいえあ-

らがらがら-

下あごを動かさず、舌を動かし発声する

口を開けたままの状態で発声する事を、具体的にわかり易く教えていただけたのでよかったです。

トレーニング帖に説明されていたことがようやく理解できました。

継続し自分自身の新しい何かを発見できたらと思います。

また今回教えて頂いた発声方法を継続していきたいです。(GU

 

なんの発声だろうと、ロングトーンが揺れるのはお腹が使えていないからだということ。

鼻腔のニィーニィーニィーニャーニャーニャーというけたたましいトレーニングで得られるポジションがミュージカルで求められていることだということ。オペラティックはノー。これは胸声とも頭声とも分ける。

レッスン直後、新しい人や新しい場所で必ず100%のことができるように真剣に考えました。

胸声で持って行って、例えば言葉の頭じゃないところだったり高い音ですっとぬいた頭声にしたっていい。両方中途半端にしないこと。

自分でよく考えること

どんな発声をしたとしても横隔膜の練習を念入りにし続けようと決意したところです。

胸声を強く、頭声を強く、と決意しました。(SN

 

声を出す時、あごを引く。

高い音になるにつれて、少し引いていくぐらいがいい。

瞬発的に声を出した時、そのポイントが、もう10cmぐらい下がるといい。今はまだ、ちょっと浅いところでやっている。

これは、息はきのトレーニングで深くしていく。

女性は声の響きを上に持っていくので、同じくらい下に引っ張る必要がある。

なので、男性より、深くしていくトレーニングをやる必要があるかも。

低い声で、「ワッハッハッハッハッ」と笑う時は、ギリギリ深いところを使えている。

ベースになる和音は、一番低い音のところ 。

伴奏を聞いて、和音の変化を感じ取れるようになることも、一緒にやっていくと良い。

ささる声というのは、下にしっかりささっている声ということで、それは、息はきのトレーニングを地道にやって、深くしていくしかないと、よく分かりました。

低い声で、ワッハッハッハッハッと笑う時は、ギリギリ使えているということなので 、これもやって 、つかめるようにしていこうと思います。

和音の変化を教えてもらいましたが、まずその前に、伴奏を聴きながら 和音の変化を感じ取れていないので、それを出来るようにするところからやります。

ベースになっている低い音だけを、弾きながら歌うというのを、やってみようと思います 。

伴奏を聴いたり、感じたり出来るようになると、また新しい感覚と言うか、扉が開くかなと思います。

歌うことだけに、精一杯になってしまっていて 、伴奏 をうまく使うというのか、乗って行くということを全くやってないと思います。

一緒に音楽を作っていないっていうことだなと思ってしまいました。(BY

 

三味線を弾きながら譜面に合わせて唄う

一の糸「テン」、二の糸「トン」、三の糸「ドン」(糸を押さえないとき)。

一の糸「チン」、二の糸「ツン」(糸を押さえたとき)。

慌ててテンポを上げないこと。

糸の弾き方は、糸の下の革を弾くように。

小指で革を受けるようにし、人差し指は伸びないように曲げて撥を握る。

喉を意識しないで声を出す。

喉に力を入れずに声が出せる。

但し、はっきり聞こえる程度に唄う。

このとき、自分の最も自然な声になる。

今の自分の一番の課題は「自分を知ること」。声を意識しないときに本当に自然な自分の声が出せるという原理は、広い意味で自分を知ることに役立ちます。

小学生時代から音楽の授業で上手く楽器を使うことができず、放課後に居残りさせられて先生に怒られながら練習した経験から、楽器には自信がなかったのですが、まさかここまで30分でどうにか弾けるようになるとは想像もつきませんでした。(YD

 

ステージを誉めていただいたことは何度もあります。

でも、「歌が良かったね」と言われてことは滅多にありません。

それゆえ、10年前にこの研究所に通い始めたのですが、

当時すでに40代半ば。

普通なら夢をあきらめる年齢です。

でも、自分の場合は、まだなにかやれそうな予感があったのです。

10年かかりますよ。

と最初に言われました。

本当に10年かかりました。

ようやく、これまでの評価とは違う、歌に心が吸い寄せられたという声をいくつももらいました。

もちろん、褒め言葉は話半分に受け止めなければいけませんが、明らかに、50代半ばにして、新しい大地に立っています。

派手な照明はもう必要がありません。

多くのお客さんを求めているわけでもありません。

しかし、歌のあるかけがえのない時間が、人生のひとつの宝になりそうです。

また新しい気分で勉強を継続していきたいと思います。(SK

 

発声

アでドードードー→ドレミレド

ソあたりから3つの音の音色がバラバラになるので、同じポジションで歌うとよい。

ハミングでドレミレド→ミレド

ハミングで音色を統一(不安定にならずに)できるなら、そのまま歌ったほうがいい。

声は、長期的にはベース(大きく、強く、効率よく…)、短期的には歌(ピッチ、発音…)で作っていく。

どう歌いたいかまだ伝わってこない。構成を考えて表現していくとよい。今はリズムに合わせようという感じがあるので、3拍子はワルツのダンスやナポリターナなどで体にリズムを入れていくとよい。せわしなく聞こえない声の強さやを身につけるか、ものすごくきれいに歌うかなどしたほうがよい。

声量を大きくすること、見られる研究をすること、伝わる歌い方をすることが課題だなと思いました。「間違えないように歌おう」と思うと、ただ声を出しただけになってしまうので、早く脱却したいです。(OT

レッスン効果・体験・音信 No.329

<レッスン効果・体験>

 

息が深くなった

息と声が結びついてきた(SU

 

「この歌をどう歌いたいか」だったり「私ならこう歌えるという」意思があって歌うことが大切だと感じました

UM

 

腹式呼吸の方法

歌の正しい発声の感覚がわかった(TU

 

普段からアクセント、イントネーションに意識するようになりつつある。(MT

 

今の自分が音楽を進めていくには、今歌っている音を伸ばすことより、次のためのブレスじわーっが大切と思った。(KR

 

喉の下に意識を持って発声すると少し低音が出るようになった

低音を強くキープできるように意識して5秒間精一杯出すというレッスンをすると少し出るようになるような気がした(IY

 

コーラスの先生に「言葉をはっきり!」と注意されなくなりました。発声が変わってきたからだと思っています。(ZZ

 

首を緩めていった時の声の出方や、飛び方、響きが明らかに違うのがわかりました。

吸った息を横に広げて行く感覚での発声も、声の出しやすが全然違いました。常に意識していきたいです。

口の上に息と声を当てる感覚でやると綺麗な声が出ると感じられました。(OJ

 

曲や女の子の当時の気持ちに沿いながら1つの形にするということ

構成を理解しながら曲と一体化させるということを経験できる(GU

 

台本を通し読みすることで、台詞のない役でも全体のストーリーの中での位置づけや役割が解るようになりましたので、当日は自分の役割を「無言の演技」で思い切り表現します。(YD

 

口蓋の正しい位置に気づけた。

音を置いていく歌い方ではなく、息に声を乗せる、というのが少しわかった気がした。(IA

 

発声ばかり考えて頭が硬くなっていたのを、本来的に歌を芸術的に感じる頭に切り替わりました。切り替えられる、使い分けられるようになりました。(SN

 

時間のない中でも、毎日の発声練習が一番大事という教えが、支えになっている。(OK

 

以前よりは低い所が出せるようになった気がする。

地声の音域が広がった気がする。(EO

 

低いところも届く聞きやすい歌に変わった。力まないことを意識するようになった。(KU

 

研究所に10年通わせていただいたことで、遠くの山に立つカルーソーがわずかに見える原野に立っているような気分になってきました。

歌い続けていくなかで、自分なりのカルーソー、自分なりの語りと歌の世界をあらたに構築していけたらと思います。(SK

 

エネルギーがよりまとまる感覚がしてきた。

不自由さの原因の一つが具体的に感じられた。(RT

 

何でも全力でやろうとしてしまう癖、声を作ろうとする癖があると思った。自然な感じで歌えたと思う。「声が前に出る」という感覚がつかめたような気がした。(OT

 

高い音は掴みにいくのではなく、すぐ隣の音を捉える気持ちでだす。

基本に忠実にレッスンをする大切さを感じる。(AN

 

1.力を入れなくても、正しい発声で綺麗な大きな声が出ることを知った

2.正しい発声ができなかった時、自分で「あ、やっちゃった」と気付く回数が増えた(AR

 

力を抜いて、喉の奥を開けておくということに気がついてきました。

今まで、結構力を入れて、開こうとしていたのかなと感じています。(BY

 

口蓋を開けて息を吐く、声を出す、というやり方ができたように思います。(UW

 

日頃から喉に注意を向け、ひどくなる前にケアをする

少しずつではあるが声が大きくなっている(HN

 

曲の練習を通じて可能性に挑戦するということはこういうことかと思った(IG

 

<音信>

 

大変ありがとうございました。

学ばせていただいたことをもとに、さらに深めていきたいと思います。(DA

発声そのものが根本的に変わり、歌うことに対する自由度が大幅に増しました。表面的なテクニックではなく、本体を改善していく感じが、どんなジャンルのシンガーにもプラスになると感じました。

また、声、歌、のみならず、生き方まで変わったと感じます。生き方が声にそのまま現れていて、声を整えていくことが、そのまま生き方の気づきへと直結していた点、感動的です。

本当に通ってよかったと思っています。自分のために時間がとれるようになったら、また受けにいきたいと思います。(II

レッスンからの声 No.329

1.息を声に変えることが正しくできるようになったら、いま聴こえている自分のうた声がどんな風に変わるのか楽しみに練習しています。

2.トレーナーの何気ない話し声がものすごく素敵な響きで、プロって凄いなと感動しました。いい声になりたいです。

週に23回は思いっきり歌える場所が確保できていますが、全く喉を痛めることがなくなりました。

風邪をひかないようにだけ、気をつけています。(ZZ

 

筋肉を付けたい場合は筋トレ+ストレッチ

筋トレだけだと筋肉が短くなって動かしにくくなる

鼻うがいは下を向いてする

水道水は煮沸してから使う

喉を早く回復させるにはしっかり食べて、しっかり寝る

喉のケア、たんぱく質摂取、鼻うがいなど、声を出すためにできることは積極的にやっていきたいと思います。(HN

 

1.声が少しかすれていたが、自覚があまり無かったという事

2.前日にたくさん歌った状態だったのですが花粉の状態よりも自分的には声は出しやすく、常にいい声が出せるようにトレーニングしたいです

3.頭の上からの発声のイメージを少し変えて、一本の線からではなく、上全体のイメージで出していこうと思いました。

4.新しく、鼻の下あたりからの発声をやりましたが、がんばりたいです

5.軟口蓋の練習、ハミング、頭の上、鼻の下からの発声を自主トレでがんばりたいです

・頭の上からの発声のイメージを変えるということ

・鼻の下からの発声は、すごく集中して、声を整えていくイメージで発声ができたので常に頑張っていきたいです。(OJ

 

1.普段の練習はやり過ぎると喉にダメージになるのでお稽古の2日前くらいにやるのが良い。

2.お稽古日にやるならお稽古の後が良い。

3.ハミングの低音は5分程度毎日やっても構わない。

4.ハミングと喉の下のトレーニングが良い。

・以前より低い声が出ている。(EO

 

1.どの母音も同じ口の形にしようとして、固めていた。もっと柔らかく、高い音を押し出そうとしないで口の中を柔らかく使う。

2.高い音は前に出すより、のどちんこの後ろに息が当たるように出していく。前でなく後ろに引いていく。(KR

 

1.腹斜筋を上げる

2.顔を上げる感じで、口を開き、喉が開くようにする

3.低い音も高い音も、喉の下のところで発声する

・喉が開くように息を吸うことができ、腹斜筋が使えた時は、発声しやすかったです。(TO

 

1.久しぶりのレッスンだからか今まで出てた息の量より少なくなった気がした

2.背中の振動を意識してちゃんと感じれている時の声はブレずにまっすぐ、まとまった声のように感じた

3.恐る恐る声を出している時があるように感じた

4.高い声よりも低い声の方が背中の振動を感じられる

・発声していくなかで少なく感じていた息の量が増えたように感じた(UM

 

1.息歌いをするようになってから、ロングトーンが長く伸ばせるようになりました。

2.練習が始まったときの声の立ち上がりをよくするために、SAオ~を息でやるようにしました。短い発声練習時間でも、わりと早くボリュームのある声を出せるので効率がいいです。

・鼻に息が抜けなくなりました。逆に以前どう発声していたか思い出せませんが…

・どんなに長く歌っても、喉を痛めなくなりました。

ZZ

 

1.呼吸 スッ シュッ ヒッ

2.SaオSaSa ソファミレドレミレド(音に合わせて息を吐く→音程をつけて歌う)

3.SaオSaSa ソファミレドレミレド(前屈で身体を揺らす)

4.テキスト Saで歌唱、Sa→歌詞を交互に歌唱、前屈で身体を揺らす

歌詞の後、出だしのSaが慌ただしくなりがち

口を開けるのを忘れる

顎が上がらないように

Saで歌うと歌いやすい感覚がありました。

・歌詞になるとSaが歌いやすい分、少し歌いにくさを感じましたが、身体を使って実践できている証拠とのことで、この感覚を保てるようにしたいと思います。(HN

 

  1. 発声の時、音をとるのに気を取られ、頭が余計に動いてしまっていました。
  2. 楽曲の歌唱の際、イタリア語の発音に気を取られ、口元に力が入り、声がスムーズに出ていないことを教えていただきました。
  3. 直立より前屈した時の方が、声の出方や言葉のスムーズさが良く、直立しながら身体を支えて歌うことが難しいのだと気付きました。

・前屈して歌うと、音の飛躍する部分もだんだんと出やすく楽に歌える実感がありました。

直立してからも、直後だとその感覚が反映されているように感じ、とても気持ちよく歌えました。身体でこの感覚を覚えていきたいです。

・イタリア語の発音ができてるか気になり、意識し過ぎて、口元に力が入って声が前に出ていなかったようです。歯を閉じながらや頬を両手で支えて歌うと、歌いやすくなったように感じ、慣れない発音もこれを意識して身体になじませていきたいです。(RR

 

1.息が少しずつ深まっている。

2.腹で踏ん張るような感覚で息が深まる。(むやみに腹を凹ませたりしなくてよい)

3.普段の声がこもっているのは顎に余分な力が入っているからと思われる。

4.立った状態で声を出すときに顎が上がる傾向がある。

・腹で踏ん張る、または息を掘り出すような感覚の習得。

・顎が上がらないようにするトレーニング

・息を流して歌詞を読み上げるトレーニング(IO

 

1.ヴォーカルの基礎入門編P.664、四小節を二つの山に捉えて歌うのは良いけれど、音程が悪い。ドからラは思っているより、音の開きがある。山を上るつもりで、ドーラーと行く。そのあとの、ソーファーミーファレーのファが低い。ファとミは半音しか違わないので、ファーミーで落としすぎない。自分の感覚では、ファを頭声で取り、ミを地声にならないよう頭声で踏ん張れば、そちらの方が音程が良く聞こえる。地声にならないようにする、というのはちょっと抵抗があるが、頭声の方が音程が良いので仕方ないと思う。

2.音は音だけ取る、ではなく、どう歌うかのイメージと音を組み合わせて、練習する。それがコンコーネにも繋がるし、私の歌うシャンソンにも繋がる。(KR

 

1.「モ」は、吸って開いた状態のまま、息を吐く。それが全部声になるようにする。空気の振動で声は届く。

2.部屋では広がっている声でも届くけれど、ホールでは集めた声じゃないと届かない。

3.「マ」は オよりも口角を上げるけれど、あごは落としておく。そうすると、明るい響きになる。

4.「マ―モ―マ」モ で引いてしまわないで 、前へ。

・全体的に、特に高い音は、息が流れなくて、上だけの声になってしまっているなと感じました。

また、地道にやって積み重ねようと思います。

・コンコーネ26番は、前回にやった時には、全然スタッカートができなかったのですが、その時よりは切れるようになったなと感じました。(BY

 

50音の発声 (ゆっくり、早さを変えて)

教材を使用したナレーション

曲につなげていけるようなナレーション

強弱、早さ、感情を込める、表情について

・状況を自分なりに咀嚼し、ナレーションから曲につなげ1つの作品にするということ(GU

 

1.発声 

吸うとき 吸いこんでいる より 肋骨を開くように

手をつけて呼吸 の練習 発声

いつもと違うことをやるとできなくなる。不器用。呑み込みが悪い。

2.アクセント

上から と 下から 

と 最後が山形になるか平らにするかで間違う。

3.会話

アクセントを気にしながらであったが、

いわゆる棒読み であった。

・手を付ける、吸う、吐く、声を出すの連携が難しく、ぎこちなかった。

・会話 貧乏神以来だったので少し新鮮だった。(MT

 

  1. 口を横に開いて息が浅くなる癖がついている。
  2. 口を縦に開き「O」の発音で深い息の練習が出来る。
  3. 2.の練習を始めるとすぐに意識が朦朧とする。息を支える体が出来てない。
  4. 2.の態勢で「ハイ」と数回繰り返しメリハリのある声、遠くに通る声を目指す。
  5. 自分の声は日本社会の生活では通る方。

・腹式呼吸の感覚を体感出来た。

・通る声を先生の声で実感できた。

・分かりやすい自主練の方法を指南していただき実践出来ている。(IO

 

1.発声が最初はやはり首と下あごに力が入っている

2.回しながらの発声が徐々に力が抜けて、声が出しやすくなる実感がよくわかります。

3.喉に落ちてしまう発声を、上に上げていくこと

4.上に上げたら、ひとつの点に集中して、集めていくイメージで息と声を出す

5.歌になると、出だしが力が入っている、うまく息を流せていなく、滑らかさがない。声を出す時に横に広げていくイメージで力まず歌っていく

・首を回しながらの発声、大きくゆっくり上半身を回しながらの発声が、力の抜けた感覚がわかりやすいです

・息に乗せた声と、下に落ちない声、お腹からの息を上の歯辺りにぶつける感覚が、なんとなくわかった気がします。

・歌を表現してく場合は、とにかく滑らかに息を流し横に声を広げる感覚で歌っていく(OJ

 

1.頬骨から上のポジションに声を響かせて発声するイメージが、油断するとすぐ下におりてきてしまう

2.そのポジションをキープするためにすごい集中力を要する

3.そのポジションで発声すると、息、身体をとても使う

・頬骨から上のポジションを意識し続けて発声すると綺麗な響きになる

・そのポジションで歌うととても身体を使うので、自分のこと足りない部分がとてもわかりやすい

・今まであまり考えずに歌っていた歌がとても難しい歌なんだと実感した(IY

 

ボイストレーニング マックスまで声を使う 声帯の筋肉を鍛える

声を使っていることが鍛えられる

負荷をかけたトレーニングをする

お腹から息をはく、ツイストして息をはく

声帯をマックス使う

「あめんぼ」をお腹の底からレガートで発声する

・今回のトレーニングは具体的でとてもわかりやすく、そういったトレーニングも重要な事を学んだこと。

・自身に不足していることを知り、具体的にどうすればよいかについて学べたことで、自分自身には効果的だと思った。(GU

 

1.丹田のあたりをへこませて、 深く息を吐くトレーニング 。

喉の奥を開けて、摩擦のない息の吐き方をすることで、より 鍛えられる。

  1. 床に座って、体をひねって負荷をかけた状態で息を吐くトレーニング。

手でお腹の動きを感じながら、なんとなくではなくて、わざとポンプのように動かす意識を持ってやる。

お腹と息が連動していくように。

  1. お腹の底からの息に声を乗せて「 ハー」の声をだす。上だけにならないように。
  2. 骨盤の下の方から 、押し上げて、 頭蓋骨や口がい へというイメージを持って、息から声にする。

ミより上のファやソは、さらに下から引き上げて、口も縦に開ける。

  1. 胸郭のところは広げて 、そのまま 声を出していく。

・声を大きく出すことで 、負荷をかけていった方がいいと先生からは言われていました。

それ以外に、今日教わったような 内側の筋肉を強化するトレーニング方法を聞くことができてよかったです。

・まだ、内側の筋肉が弱いこともあって 、瞬発的に 出すことができなかったり、高い音が苦手なのかなと思いました。

鍛えたら、高い音が出しやすくなったり、ボリュームを持たせたり、強く歌ったりすることも、出来るようになるかもしれないなと感じました。

・いつもは高い音になると、上だけの細い声になってしまっていたのが、しっかり、下から、 息に乗っている声を出せた感じがしました。(BY

 

1.顎や首に力みがある。

2.練習曲で「い」や「え」の母音が苦手。

3.息に声を乗せレガートにお客様へふんだんに届けるイメージ。

・「い」や「え」の母音のとき舌根のポジションを意識するようになった。

・顎の脱力も心がけている。(KU

 

1.感動詞(P52) あいさつ

2.呼びかけ

3.うけこたえ

自分が置かれたシチュエーションによって意識的に表現を変えてみる。

4.かけごえ

5.さけび

さけびと言っても大声とは限らず、感情を抑えた静かな叫びもあることに注意。

・シチュエーションの想定を様々に変えることで、緩急、高低、遅速、硬軟を使い分けることができ、表現力の幅を広げるだけでなく、体を自在に使えることが解りました。(YD

 

1.イタリア語で数字を言ってみる(カンツォーネの本)

2.Amalilli 音読と歌唱

3.呼吸 壁に両手を押し当て、壁を押しながら呼吸

4.呼吸 両手で電子ピアノを押しながら呼吸

5.Bella Ciao 音読と歌唱

・イタリア語らしく聞こえると言っていただいた。

・イタリア歌曲が歌えているということが自信につながっている。(IG

 

1.カタリカタリをひたすら真似る

2.耳を鍛える

3.息を一定に吐く

4.わずかなズレも許さない

・僅かなズレも妥協せずもっと厳しくヴォーカルと向き合うべきだというのが分かった

・オペラを軽く聞いてくる

・息を弱くでも良いので一定に吐く(SS

 

紐をウエストに巻いて、それが呼吸の時にどうなるかをチェックしてもらった。姿勢は少しずつ改善傾向。呼吸はもうひとつ下から吐けるとよい、発声していると、お腹が常に動いていくことを忘れがち。口の開け方、割り箸の割ってないものをふたつ用意して、口に左右くわえ、アエイオウの発音。口の開きはそれくらいでよい。「あおあ」でスケール。アよりもオは口が下がってくる、そうならないように、アもオも同じ高さ。(KR)

 

1.姿勢と向きに気をつける

2.息を前でなく上に出す

3.限界までやって、その一歩先をトライする

4.腹式呼吸を意識

・腹式と上への響きの連動を意識する(IA

 

1.身体とお腹と背中の横隔膜をほぐしながら発声 息を声を出して吸って思い切り吐く

2.高い音はあくびの喉で下げる 発声の時の下に息を吐く感じ

3.ハミングからア 鼻腔に響かせる

4.アメージンググレイス 息を引かない だんだん強くする

5.アエイ 口の幅を変えない

・鼻腔に響かせる感じをつかめました

・歌はバカなほうが上達する

・歌う前に歌詞を朗読してみる 子音を大げさに この時も息を引っ込めない(MN

 

1.身体の使い方を学びました。

今までは声ばかりにフォーカスしていましたが、声をよくするためには身体の使い方を変える必要があります。出てきた声を操作するために、どこに響かせて声を出すかも大切です。ただ、身体をどう使って声を出すかも重要であることを改めて認識しました。

2.舌の位置や身体の緊張具合一つでも出てくる声が変わることを改めて認識しました。一つ一つが外に声が出ることを妨げていたことにきづいていませんでした。出た声を研究することも大切ですが、何が起こってその声になっているのかを身体一つ一つを固定して考えるという発想を学びました。

3.身体の使い方も継続しないと声自体は深まらないことも再認識しました。声はすぐに深まるものではありません。ライフワークと考えて一歩一歩声の可能性を広げていきます。

4.イタリアの歌手の方を聴かせていただきましたが、声に感情がすべて乗っており、それでいてしっかりとした声で支えられていました。このレベルまでいくには日常生活を大幅に変えないといけないくらい大きな差を感じました。一歩一歩声のための習慣をつくります。

・少しずつですが身体を使った息のコントロールができてきたように感じます。出した声に意識を向けないという視点を持つことで新たな切り口が見えてきました。(SG

 

1.曲

構成を意識すると「ただ歌っているだけ」から抜け出せる。テンポや調を変えたり、すべて母音で歌うなどしたりしてよい。できるところをよく練習すると、ほかの音がついてくる。今はぎりぎり歌えている状態なので1.5倍くらいは吸えるようにするとよい。出だしの音は特に注意。

「イ」音がつぶれないようにする。ブレスが間に合わない箇所があるので、位置を変えてみる。

2.ハミング

ンーンーンー:3音目にかけて一番大きくする。最後は小さく。響きを眉間あたりに集める。

ンーンーリー:最後の音(3番目)を一番大きくする。

リーリーリー:音が滑らかに聞こえるように出す。

・とにかく押して歌おうとする傾向があることに改めて気づかされました。また、構成について考える心の余裕が生まれてきてよかったと思います。

・ハミングをすることで、響きを感じられました。(OT

 

今回は、まさにこれを歌えるようになりたかった曲の一部を歌わせていただきました。

本当はラストまで行けるのですが、全部聴いていただくのはどうかと思い、遠慮もあってもごく一部です。

全力を尽くすラストパートなしの前半のみだったのですが、やはり、抑揚に関するご指摘を受けました。

常に最初から全力投球というのはバンド時代からのわるい癖です。

それでも最近は強弱を盛り込めるようになってきたと自負していたのですが、半分聴いていただいただけでまさにそこが弱点であると言われたことが、かえって自分の伸びしろを知ったようで嬉しかったです。

その後、100名ほどの前で語ったり歌ったりの機会があり、普段よりも大きく強弱や抑揚を盛りこんだことは言うまでもありません。立体的になった感じがします。

ご指摘、ありがとうございます。(SK

 

1.声に強弱がなくてベタっとしている

2.高い音になると声のポジションが上がって喉で歌っている感じがする

3.声に余裕がないから伸びやかでない

4.音符一音一音で何を表現するか伝えたいのかを紐解く必要がある

5.心や体が解放できてない気がするから体の底からの声ではなくて口先だけの声に聞こえる

・声が伸びやかになって「涙そうそう」の最初のフレーズだけでも全然聞こえ方が違った(UM

 

1.身体の深い所で声を作る。

2.声を出す時は呼吸を回す。

3.高音を出す時ほど体の低いところに力を入れる。

・自分でトレーニングする時は声が安定して来たように思うが、お稽古の時だとなかなか難しい。(EO

 

レッスン効果・体験・音信 No.326

<レッスン効果・体験>

 

1.歌詞の背景を深く考える習慣が少しずつついてきた(かな)

2.ブチブチ切らずに滑らかに繋げるように歌うというという感覚がわかってきた(AR

 

意識してやっている息の使い方などのレッスンが無意識にできるように地道にやっていこうと思う。(UN

 

ハイツェーまで発声練習で出せた!という自信から、普段のコーラスの練習でもソプラノが楽しくなりました。

半年前には息が続かなくてカンニングブレスしていた曲を、ブレスなしで歌えるようになりました。

友達と久々にカラオケに行きました。歌い方が変わって上手くなったと言われました。

週に2回は2時間以上歌いますが、まったくのどを痛めなくなりました。(ZZ

 

息を肺に入れることを意識すると、息を出す時にも息が安定するように思いました。(TO

 

1.録音を聞いて、声の質が始めより、良い方向へ変化してきているのを自覚できた。        

2.丁度、早くて、歌詞、リズムのつまっている曲を練習しているので、今回のブレスの練習、考え方は良いヒントになると思った。

3.踏ん張りの感覚がシンプルに感じ取れた気がする。

RT

 

毎日の発声練習の効果がようやく出てきたと思うので、さらに軽い声でもその成果が出るように頑張っていきたい。(ON

 

私でも、少しずつ楽譜が読めるようになれそうかなと思うことができました。 今までどういう風に手をつけていいかわからなかったので。

リズムも 一拍とか半拍とかというよりも、感覚的に長い、短いで捉えた方がやりやすいなと思いました。

メロディーが変化しても、和音が変わらないとつまらない曲に聞こえて、メロディーが変わらなくても和音が変わると事件が起こったように聞こえました。

こういう聞き方をしたことがなかったので面白かったです。

これから曲を聴くときに、ちょっと意識を持って聞いてみようと思いました。(BY

 

フレーズの最後で声が小さくなるような、弱くなるような傾向は改善してきたように感じます。

それに伴い、声も若干良く出るようになってきたように感じます。(MH

 

音を上から下まで一気に出すことで、音がよく出せるようになったと思う。

おなかの底から声を出せるようになってきたと思う。

OO

 

アニメ声を初めて出しました。

思った以上に声が楽に出せる感覚は新鮮です。地声でもこんな風に楽に出せたらよいです。(特に高い音)

色々な声の出し方にチャレンジする事で使える声を発見していきたいと思います。(TE

 

声の出る道のりを後方にもっていく。

そのことによって、高い声も無理なく出せるようになる。

教えてもらった日から、意識的にこれをやっています。

なんとまあ、効果的、具体的な導きでしょう。

本当に役に立ちました。

高い方が一瞬でも出せるようになるとは思っていませんでした。

練習レベルではありますが、レパートリーが広がっていきそうです。(SK

 少しずつ、実際の歌の中で頭の上や、首の後ろからの発声を意識できる余裕が出てきました。引き続き自宅トレーニングを続けていきます。(YG

 

肺に息が入っていないと、わかりました。肺に入れるように、胸を広げて吸うと、とても歌いやすかったので、ブレスができていないと、よくわかりました。歌う前に、しっかり吸います。(KR

 

新しく首を後ろに倒しながらの発声をやりましたが徐々に出しやすくなってきた事が自分で実感できました。

OJ

 

前回と同様、頭に筒を乗せたり、前屈になって身体を揺らしながら発声をすると、余分な力がぬけて前に飛ぶ声が出るという実感を得ることができた。(IY

 

あまり喉の調子が良くなかったけれど、それでも行えるトレーニングをしてくださり、大きな声が楽に出せました。(ZW

 

いくつか声の立ち上がりをよくするための方法を教えていただきましたが、先日本番直前の袖で 前屈しながら軽く声を出して臨んだところ、緊張しながらも声が出やすく、気持ちに余裕が持てました。(RR

 

今までは言葉の発音を意識すると口の形に拘るあまりに口に力が入りすぎていたことがわかりました。むしろ息の流れで発音を作ることこそが大切かつ有効であることに気付いたのです。(YD

 

以前より「声が出しやすくなった気がする」感覚がわかりやすくなっているような気がします。(HN

 

<音信>

 

レッスン内容他充実度でいえば随一だと感じました。仕事が多忙を極め、時間がとれないため、落ち着いたら、またお世話になりたいと思います。(NS

 

«レッスンからの声 No.326