カテゴリー

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2017年8月19日 (土)

Q.ある時は、口蓋を上げるように、口角を上げるように言われますが、ある時は、やりすぎないでと言われます。どちらが正しいのでしょうか。

.同じトレーナーであっても言うことが真逆のことがあります。

aという事柄をやってほしくても、大抵の人は、aのみならず他の筋肉にも力みを生じさせたり、またやりすぎてしまったために力みが生じてしまったりします。

口蓋を上げるように、とは口の中の空間を広くして共鳴する空間を確保するために言っているのですが、口蓋をあげたために、喉の奥が固まってしまったりしては本末転倒になってしまうのです。力みや固まりを回避するためには、いつも80%ぐらいの気持ちで取り組むのが最初はいいのかもしれないですね。

口角をあげるのも、高い声をだすときには とても役に立つ方法です。口を縦に開けすぎると喉の下のほうに押し込めてしまって高い声には制約を与えてしまいます。花のにおいをかぐかのように、自然に口角をあげて息を吸ってみましょう。

しかし、口角を上げることだけを力みでやってしまうと、両サイドに引きすぎた唇から、喉にまで緊張が伝わり、声帯が出そうとしている声にも悪影響を与えてしまいます。

このように、良しとされている技術でも、やりすぎ、未熟なうちに完全にやろうとすると命取りになってしまいますので、ゆっくり、じっくりやっていく必要があります。(♯β) 

Q.重心の下げるやり方を教えてください。そうする利点も知りたいです。

.重心を下げて歌うことは、歌う際にはとても重要な要素です。声が出るときに、日本人は特に喉がとても簡単に上がりやすいのですが、それに伴って肩も喉も胸も上がってしまったらどうなりますか。声が詰まって、聞いていて心地よい声にはならないと思います。上半身の胸や肩が上がるということは。それだけ上方に引っ張られたら、横隔膜は下げられなくなり、胸式呼吸を併発し、おなかで支えられた声とは真逆の声になってしまいます。ですので胸も肩も楽に下げて、横隔膜を下方に押し下げるフォームを作る必要があるのです。

では具体的な方法ですが、座骨と尾てい骨を下方向に下げていきます。そうすると、反り腰がまっすぐになり上半身と下半身がコンタクトを取りやすくなります。大抵の人が反り腰で、重心を下げられずに、腰のところで分断されたような体の使い方になっています。

重心を下げるときは座骨尾てい骨を下方向に下げてそれをキープしながら声を出してみてください。(♯β) 

Q.首を長くして、更に胸骨を下げるように指導されました。これにはどんな利点があるのでしょうか?

.首を長く感じることで、声道が長く確保できて、その結果、共鳴の空間を多く確保できるという利点があります。顎を上げて、声道の形をゆがめてしまうと、喉の位置も上がってしまい、声の響きが幼い子供のような平べったい感じになってしまいます。試しに、声を出しながら、頭を後ろに倒して声道の形や喉の位置を変えながら出した声と、首の後を長くたもった声を比較して出してみて下さい。

首の後を長く保ち、更に頭の後ろにも共鳴腔を感じるようなイメージで声を出してみると、より響きが豊かになると思います。

さらに、首の後ろが縮んでいるときには、喉が上がり、胸骨が上に引き上げられ、胸の上辺りが緊張して緩んでいないことがあります。この部分を緩めるために、胸骨を自分の背中側に押し込むように引き入れて、その結果少し猫背のような姿勢をとってみてください。猫背のまま、声を出して、声をリラックスさせます。その後、胸を張り出したり、猫背にしたりを繰り返しながら、声を出してみます。(♯β)

2017年8月18日 (金)

Q.声は、本音がみえるのですか。声で偽れるのではないのですか。

A. 表情やことばはごまかせても、声は嘘をつきません。ただ、相手が役者なら、ご用心を。(♭б)

Q.声のもつ情報って何ですか

A.声のもつ情報は、たくさんあります。声は多くのものをあなたに教えてくれます。

 TVで聞こえてくる声を画面を見ないで想像します。性別、性格、身長、体重、年齢、顔、表情、服装、姿勢・・。そして、確認してみてください。相手の寛容度、性格、能力、出世欲……。体調、気分、気構え、興味関心、評価感想。(♭б)

Q.有能になれば、恋愛もうまくいくのですか。

A.あなたが社会的に有能なのと、あなたとうまくいく人が現われるのとは違います。

あなたはパートナーと一緒に、パートナーの声と体、考え方、感情と一緒に齢を重ねることになります。

多くの女性の求める優しさは、感情に含まれます。言葉は、半分は内容や意味ですから、考え方、もう半分は声調として、体、つまり声に含まれます。でも、あなたは、言葉よりも、その声にもっと大きな安らぎを感じるはずです。

(♭б)

2017年8月17日 (木)

Q.「阿吽の呼吸」の阿吽とは何ですか。

A.狛犬は、二対あり、口を大きく開けているのをア(阿)、口を閉じているをウン(吽または?)と称しています。ちなみに 神社の狛犬は、狛=こま=高麗という名のように、日本のものではありません。中国でも宮廷に皇帝の王座のまえに飾られているのは、犬ではなく獅子です。

お寺の仁王も必ず、阿像、吽像の二対が配されていますね。そこで、二人の呼吸、気合い、動きがピタッと合うことを、「阿吽の呼吸」というわけです。古代インドの学者は、音声の両極に、ア(a)とン(m)をあてました。これが、「あ・うんの呼吸」というときの「あ」と「ん」です。(♭ф)

Q.中国の人が「だいがく」と言おうとして「たいがく」や「たいかく」になってしまうのはなぜですか。

A.中国や韓国の人には、日本語の有声音と無声音の区別、特に破裂音のタ/ダ行、カ/ガ行、パ/バ行の区別が難しいのです。

日本語では、発音のとき、声が出ているかどうかで音を区別します。これに対して中国語や韓国語では、音が作られた後に、息がつくかつかないかで区別しています。息がつく音を有気音と言い、音声記号では肩に「 h」をつけて表し、息がつかない音は無気音と呼びます。(♭ф)

2017年8月15日 (火)

Q.仕事とプライベートの両立に悩んでいます。

A.あなたは、今、何を望んでいますか。収入、学歴、仕事、財産? それらの多くは表向きのものです。仕事、会社、地位などは、能力の結果です。能力があれば、その能力が社会に発揮されていくのを待てばよいのです。(♭б)

Q.声で相手を見抜けますか。

A.見抜く人の力量によります。(♭б)

Q.自分の声を好きになりたいのですが。

A.次のことばを忘れず、いつも声に出していってください。

「私は自分の声も自分の話し方も、自分も大好き。」

「自分の声を大切にしたい・」

「私は幸せになる。今も幸せ、もっと幸せになる。」

「私はうまくいっている。もっともっと成功する。」

 

声は、内面からゆっくりと変わっていくものです。それをを待ってください。そのプロセスを楽しんでください。それが人生の醍醐味というものです。(♭б)

2017年8月14日 (月)

Q.日本語はVCVの形と教わりました。V、Cは何ですか。

A.母音はV、子音はCの略記です。

これは、母音=Vowel(声)、子音=Consonanteで、Con sonant(強くひびく+音)の略です。(♭ф)

Q.子音の息と声との関係は?

A.無声音の子音に「゛」(濁点)をつけると、有声音になります。s-z (サーザ)、 p-b (パーバ)、 t-d (ターダ)、 k-g (カーガ)、 f-v フーブ、濁点「゛」がついているのが、濁音です。こうして、声帯を振動させたり、振動させなかったりして、音の違いを生じさせるのです。

発声練習は、ヴォーカリーズ(母音)が中心です。子音であれば、有声音を使います。声帯の振動を伴うからです。(♭ф)

Q.子音は声なのですか。

A.「静かにしなさい!」というときの「シー」とか、ろうそくを消す「フー」というような音は、声帯が振動している音ではないので、無声音とよばれます。この「シー」と「フー」を、濁して「ジー」と「ブー」とすると、有声音になります。声といわれるのは、有声音ということが多いのではないでしょうか。(♭ф)

2017年8月12日 (土)

Q.ときどき、声が喉のところで止まってる感じがします。どのようにすれば普通の声が出せるでしょうか?

.声を出すときに、すこし緊張を感じたり、出すことに躊躇していたりということはありますか。誰しも、声を出すのに恥ずかしさや躊躇があると思います。それを克服して、人前でも堂々としたパフォーマンスができるよう、また、仕事で人前で話をするときなど、発表会などで歌えるよう訓練を積み重ねるわけですので、どうぞ日々の訓練で少しずつ克服なさってしてください。

声帯はとても繊細で、ちょっとしたことで平素の動きができなくなったり、強いストレスで声が出なくなったりします。まずはリラックスしたときの声帯の動き、声の出方を知っておくといいと思います。椅子にゆったり座り、肩や首を手のひらであたためながら、きわめてリラックス状態で、出しやすい音程で「ホ-」とだしてみましょう。

このときに普通に息を吐いた状態で出していただきたいのです。息をとめてしまったりしないように、まずは呼吸の練習からすることをお勧めします。「フー」という息を吐くのと「ホー」と音程をつけるのを交互に練習してみてください。

また、声が安定しない人の特徴で声がひっくり返るということがありますが、これは声帯をしっかり引っ張る筋肉が弱く、また咽頭が動きやすいということも原因かもしれません。声を、下の方に、横隔膜と連動して押し下げるようなイメージで発声練習していきます。咽頭部分が上下するのを防ぐためです。お腹を張り出しながら、声帯の筋肉も使ったまま発声する訓練が役に立つでしょう。(♯β)

Q.自分に最適なメニュは何ですか。

.歌い手としてもトレーナーとしても、日々のレッスンや練習から思うことは、「これらは実験の一種」であるということです。特にヴォイストレーニングにおいては、正解は一つではなく、多岐にわたります。

同じメソッドでも、人によって合ったり合わなかったり、多種多様です。その中で「自分に最適な方法を見つける」というのが、ヴォイストレーニングの真意ではないかと思います。

自分自身に最適な方法を見つけるためには、日々のレッスンや練習の中で得られる経験を積み重ねていくことと、レッスンの中では、その人に最適な方法を、トレーナーが見つけてすすめることが重要だと感じます。

世の中で、ノーベル賞などを取られた科学者の方々も、最初の実験で成功したという人は皆無でしょう。何千、何万という失敗の中から精査して、成功につないでいくのだと思います。ヴォイストレーニングも系統的に、これに当てはまるように感じます。楽しみながら実験するようなつもりで臨んでいただければと思います。(♭Я)

Q.本番になると、いつもうまくできません。

.これまで「こんなはずではなかったのに、本番では思うように声が出なかったんです」とか、「レッスンではできたはずのことができなかったんです」という声を聞いてきました。なぜレッスンではできることが、肝心な時にできなくなってしまうのでしょうか。

もともとリラックスできて本番を恐れないタイプの人はよいのですが、大抵は、本番ともなるとそわそわしたり、呼吸が乱れたりする人が多いです。緊張によっていつも使える筋肉が使えなくなって、支えも呼吸もバラバラになってしまう。自意識の問題でしょうね。

いつもよりうまく表現したい、とか、逆に、いつも通りにできなかったらどうしようなどど、無意識のうちに考えてしまうのですね。

ですから日ごろからイメージトレーニングをして、どんな状況にも屈しない強いメンタルを作っていくことです。

呼吸を整え、緊張でこわばった筋肉をほぐす訓練を積み重ねること。瞑想などもよいと聞いたことがあります。

そして、自分自身を信じること。

日ごろの練習は絶対に結果をもたらしてくれます。決して練習は裏切りません。練習すればしただけの結果が返ってくると私は信じています。声だけでなく、メンタル面もトレーニングしていきましょう。(♯Å)

2017年8月11日 (金)

Q.いい人に思われる声はありますか。

A.はい、あります。いい人だと思われたら、あなたはずっといい人でいられるのです。いい声の人と思われたら、ずっと、その声をもつあなたは、その誉れに讃えられるのです。(♭б)

Q.多くの人に広く浅く好かれる声が出せません。

A.必要なことは、一人の人に深く愛される声を選ぶことです。それも自分に合った一人の人に、です。そこではじめて個声といえるのです。あまり関係をもっていない人から何を言われても、あなたの声がどうであれ、あなたが気にとめる必要はありません。

仮に、あなたの個声が変な声であれば、その特別な声を認められるあなたは、永遠の愛を約束されたわけです。アナウンサーのような声なら、もっと感じのよい声の人がいたら略奪されるかもしれません。極端な例ですが。(♭б)

Q.アナウンス声を知るには。

A.まずは、伝える声としてのアナウンス声、さらにファミレス声を知るとよいでしょう。「いらっしゃいませ」「おはようございます」伝わる声としての大人の成熟した声、使い込まれた声を知ることになります。「ごぶさたしています」「申し訳ありませんでした」その先にあなただけの声を伸ばしていくことです。(♭б)

2017年8月10日 (木)

Q.母音と子音はどう違いますか。

A.母音は、有声音で、“声の有る音”です。声帯がふるえて声となります。

それに対して、子音は、有声音とはかぎりません。呼気を妨害して出します。母音は、有声音ですが、子音には、有声音と無声音があるわけです。(♭ф)

Q.歌は、必ずしも音楽的によいものが売れていない気がします。なぜですか。

A.一人ひとり異なる声というものに加えて、人間のもつことばがあるからです。歌において、日本人の耳には、特にことば重視の傾向が強く、楽曲演奏レベルで向上しにくいのだと私は思っています。つまり、一人ひとり違う声というのと、歌やせりふでのことばを伴う表現は、とても比較しにくいものとなり、音楽的な面での評価を難しくしています。でも、音楽的とはどういうことかという視点も必要かと思います。(♭ф)

Q.声は勉強しにくいものと思えるのはなぜですか。

A.まず、楽器のように、すぐれた人の演奏と自分とを客観視して比較しにくいのです。それぞれの人がそれぞれの声を持っているからです。そして、それがオリジナルだと思ってしまうのですね。それは、それぞれの人がそれぞれの顔を持っている程度のオリジナルで作品の価値とは関係ないにもかかわらず、声自体もですが、ことばを伴うとさらに強いメッセージ性をもつからです。

(♭ф)

2017年8月 8日 (火)

Q.愛される声にはなれますか。

A.余裕、落ち着き、エレガンス。若い声を演出している女性の中には、才気があり、器用な人もいるのです。一方、案外と地味な面をもつともいえます。男性からみると、そのギャップに驚いて、惚れてしまうこともあるでしょう。驚き、ときめきは、恋の常套手段です。私もこれまで、その人の印象が、声一つでイメージが180度変わったことがあります。また、知らないところで、全く違う声を使っている人にびっくりしたこともあります。

人へ訴求する魅力をもつ声、それが必要なのですよね。なのになぜ、皆、一様に甘えた声にするのでしょうか。(♭б)

Q.声と恋愛の相性はありますか。

A.あなたといると、とても楽しく安らげる。それには、あけっぴろげのスカスカな声などは、ふさわしいでしょうか。ちょっとならおもしろいかもしれません。しかし、長くたら飽きたり疲れませんか。

「でも、ぶりっ子のなのに、あんなに素敵な彼が」というケースもあります。

きっとその人は、彼の前ではそうでないところを、そうでない声を見せていると思います。彼の程度が低ければ別ですが。こればかりは、個性、そして相性ですから、声だけでは言い切れません。

しかし、“類は友を呼ぶ”ともいいます。

ここでは、顔やスタイルよりも、話し方や声が、恋の決定打として、大きな力をもつことを知ってください。(♭б)

Q.普段の語り口のままでよいのですか。

A.では、その難をなくすなということでしょうか。いえ、難のうち、個性として生かせるものとそうでないものを区分けするのです。そうでなければ、ぶりっ子声も立派な個性となってしまいます。天然ボケと同じ、それを魅力と感じる人もいるから、一口には言えません。(♭б)

2017年8月 7日 (月)

Q.人は人の声が好きなのでしょうか。

A.はい、人は、人の声やことばを聴きたがります。どんなによい楽器がつくり出されても、声を好むのです。

 欧米では素晴らしい音を奏でるオルゴールが発達していました。しかし、人の声の聞こえるレコードが発明されるや、それはとてもひどいノイズだらけのものだったにも関わらず、オルゴールは廃れていきました。人の声が聴こえたら、人はそれを聴いてしまうのです。(♭ф)

Q.生理は声でわかるのですか。

A.女性の排卵日を調べる方法といえば、オギノ式で、毎朝、決まった時間に基礎体温を調べる方法があります。声によってもわかるようです。

野鳥研究家の大分県の佐藤利明博士は、カッコウの鳴き声が、発情期になると「カッコウ」から「カカッコウ」に変化することから、人も発情期や排卵日になると声が変わるのでは、と研究をはじめたそうです。アメリカのNASAから、ロケット振動探知用機械をとりよせ、自分の病院の看護婦三人を被験者に、研究を開始し、排卵日には、ア音の周波数がいつもより3040ヘルツ下がることを突きとめました。女性の声は低くなるというのです。女性ホルモンの分泌と関係が深い視床下部が関係するらしいです。

(♭ф)

Q.ダイエットは声にはよいのですか。

A.太りすぎの人はともかく、ステージを考えたとしても、ダイエットに励んで、体を壊すなどというのは言うまでもありません。日常の活動に影響するようであれば、声にとっては、大敵です。度をわきまえて行なうようにしたいですね。

また、便秘も下腹部が張って横隔膜が上がり、腹式呼吸によくないので、規則正しい排便も習慣づけることです。

(♭ф)

2017年8月 5日 (土)

Q.胸を高く保つとは、どういうことですか。

.歌うフォーム、姿勢に関して「胸を高く」「胸を広げて」と指導されることがあります。実際、どんな呼吸の方法であっても息は肺に入るので肺が膨らむのは同じですが、胸を意識的に広げたり高くすると力みやすく、かえって声の持続力がなくなることがあります。

例えば、吸気の際、肋骨の一番下の骨が広がらずお腹が膨らむような意識をもって行います。声をだす段階で一番下の肋骨や周辺が第一声で動いたり、上下、前後するようだと息の流れはぶれます。第一声でフォームが崩れてしまって中々立て直しがききません。母音のみの発声練習ではうまくいっても、発音や表現で動き過ぎてしまうこともあります。

例えばテノールやソプラノのように日常使わない超高音を出すときには胸を引き上げて非日常の動きをする必要もありますが、テノール、ソプラノでも中低音で胸を上げ過ぎたりすることは、あまりいい結果を生みません。

むしろ、柔らかい声、レガート、持続力、といった重要な声の要素がなくなってしまいます。猫背の人に指導するさいには必要かもしれませんが、基本的には胸を常に張っているなどの姿勢は声にあまりいい影響をおよばさないと思います。(♭Σ)

Q.レッスンと本番のバランスについて教えてください。

.ヴォイストレーニングでは、指導者からここを響かせて、ここを張って、そこを絞めてなど、いろいろなアドヴァイスがあると思います。それ自体はとても重要なことですし、私自身もそれぞれのアドヴァイスをしていますが、実際の問題としてはレッスンで学ぶべき要素はステージでの発声の問題の五割にいかないと思います。実際には広いステージや舞台、ライブハウスなどで実際に声を出しながら身につけていくものがかなり重要だからです。

レッスンで学ぶことをいかにステージで応用、さらに含まらせていくかが重要であり、レッスンでうまくいけば全てのステージがうまくいくことはありません。

例えば顔の周辺の副鼻腔と呼ばれる部位を意識したり、目の周辺を意識するようにアドヴァイスされることが多い「マスケラ」ですが、そこを響かせればすべてが終了ではなく、そのマスケラで響いたものをホールに飛ばす作業が必要なのです。レッスン室では歌えるのにホールで歌いづらくなるという人は悪い意味で喉がなり過ぎているか、響きが外に出ていかないことが多いのかもしれません。

しかし、レッスンでの五割のものがとても重要であり、そこがクリアできてこその舞台という考え方もあると思います。やみくもにステージに立てるわけでも、ステージで歌っていれば上達するわけでもないので、まずはレッスンでの技術の向上を大事にしてそれを本番でどう活かすかということを考えなければいけません。(♭Σ)

Q.「何も考えるな」といわれました。

.私はしばしば「何も考えるな」ということがあります。しかしこの言葉はある程度の期間、ある程度以上のレッスン回数をこなした人にしか言えないと思っています。初期段階では言えません。

ある程度の年月や回数をこなしてきた人の中には発声の知識が増えすぎたり、情報が多くなりすぎて

「~しなければいけない」

「~でなくてはいけない」

という心理状態になる人が多いです。特に多くの指導者についている人に起こりやすいように感じます。

声の場合

・自分が声をだしていて、歌っていて気持ちいい

・聞いている人にとって心地よい、もっと聞きたい

は案外、感覚として解離していることが多いです。

まず聞こえてくる声と、人が自分で感じていることとの相違点をお互いが知ることが重要だと考えています。情報の多さは大事ですが時として、音楽を邪魔することが多いです。

知識が邪魔して音を感じることが薄くなると感じると「何も考えるな」と言うのだと思います。

このダメ出しをする人の多くは、テンポに乗り遅れたり、速くなったり、遅くなったりと、音楽やテンポ、リズム感を感じることが少ないように思います。

音楽を感じられない歌に発声のみを磨いても、実は発声もうまくいくことはありません。そう感じる歌を聴くと一度、発声から離れて音やリズムや言葉、テンポにかえることをお勧めしています。このダメ出しは真面目にレッスンを受けているからこそ出てくるダメ出しでもあります。

音楽を感じることをもう少しやってみるだけで変わると思います。(♭Σ)

2017年8月 4日 (金)

Q.ファーストフードやファミレスの応対の声について、どう思われますか。

A.マクドナルドなど、そういうお店の応対の声は、客に不快を与えない声がよいのです。“スマイル=0円”と同じ、つまり愛される声では、ないのです。エレベーターガールの声もそうですね。

ルックスのよいアナウンサーが、はっきりと言葉をしゃべります。そのアナウンス声に視聴者の男性は必ずしも魅かれていません(もちろん、例外はどこにもいます)。私は、どれもビジネス用の声と思います。

この物騒な世の中です。あまり多くの人に見境なく愛されてしまう声を出すのも考えものですから、それでもよいのでしょう。お仕事なのですから。(♭б)

Q.声のスキル、技術の習得は、仕事としては必要ですか。

A.有力な武器にもなります。しかし、そういうトレーニングは、あなたの難をなくすために行ないます。欠点、弱点を克服したり、見えなくするのです。ただし、それが必ずしも、声についてはよいことではないからです。(♭б

Q.人が魅かれる声とは何ですか。

A.声は内面を表わすものです。声に精神性を感じる人は少なくありません。

私も話し方教室やアナウンサーのスクールで、そういう勉強に熱心な人とはたくさん会いました。しかしそこでは、声の魅力というのとは、少し違い、基準が、明瞭な発音です。(♭б)

2017年8月 3日 (木)

Q.生理で声が変わるのものですか。

A.生理の前後は、ホルモンの変動が自律神経の調整を変えるので、血液の循環に影響します。風邪をひいたときのように声がかすれたり、低くなりがちです。声帯やのどに充血するために、むくんだり、声は重くハスキーに、音色が暗く、音もかすれたりフラットしがちです。中には、声帯が充血するので、調子がよいと感じる人もいます。

ただ、練習はやりすぎないことです。特に気分を沈めないように、精神的なコントロールをすることと、練習量を減らしたメニューに変えるなどの配慮をしたいものです。

声は疲労させない方がよいし、ストレスをためない方がよいなどといった、注意をもとに判断することです。(♭ф)

Q.プロとして一流の演奏活動をしている人ほど、ヘルシーになっていませんか。

A.プロが長く高レベルでの活動をするなら、自分の健康に気を使わざるをえません。著名なヴォーカリストには、禁煙どころか、ノンアルコール派も多いです。菜食主義で、毎朝のジョキングは欠かさないのが、今の時代を代表するヴォーカリストかもしれません。

(♭ф)

Q.冷やさないためには。

A.寒いところで声を出すのも避けた方が無難です。体を冷やすのもよくありません。特に冷暖房による温度差は、風邪をひいている人がせきこむことでわかるように、のどの粘膜にも悪い影響を与えます。少し体が慣れてから発声しましょう。(♭ф)

2017年8月 1日 (火)

Q.個性的な声とは。“個声”のことですか。

A.これは私のネーミングですが、同じように使っている人もいるかもしれません。この個声を使うべきだというのが、私の結論です。もともと一人として同じ声はないからです。今のよい声でなく、あなたの声の可能性を目一杯拡大した中で選び抜き、鍛え抜いた声のことです。(♭б)

Q.ベターな声、ベストな声とは何ですか。

A.ベターな声・・・今のあなたの中で選んだもっともよい声(もっともよい状態)

ベストな声・・・トレーニングで鍛えたあとのあなたの中でのもっとも理想的な声

くせ声・・・今のあなたの声をよくない方に無理にもっていって、つくった声(♭б)

Q.声色は一色ではありませんから、どんな声でもOKなのですか。

A.声は楽器ですから、基本は一つ、そこからは応用なのです。それを思い込んだ応用で固め、くせをつけないようにと言いたいのです。つまり、あなたのなかの、体と発声器官の発声原理に理想的に基づいた声を磨きましょうということです。 それを、あなたのオリジナル=個性の声、個声と呼びたいのです。(ベターの声)でもよいでしょう。それを磨くことで、本物のあなたの声(ベストの声)とします。そして、声に多用な応用力を身につけていくのです。

(♭б)

2017年7月31日 (月)

Q.乾燥させないためにどうしますか。

A.声を使う仕事をしている人のなかには、寒い日や人ごみのなかに出るときは、マスクして風邪が移らないようにしている人もいます。(湿気をもたせたマスクもあります)ホテルなどの乾いた部屋では、ぬれたタオルを干して、のどの乾燥を避けている人もいます。加湿器や吸入器の利用もよいことでしょう。(♭ф)

Q.のどを清潔に保つには。

A.のどは、敏感なもので、声を出したり歌ったりして、充血すると、バイ菌やウイルスがつきやすくなります。ですから、外から帰ったときや声を過度に使ったときには、ぬるいお湯でうがいをするとよいでしょう。(♭ф)

Q.過度の疲れののどへの影響は。

A.疲れているときには、体も声帯もよい状態にありません。そんな状態で、声を出したりヴォイストレーニングをすることは、効率が悪いものです。肉体的な疲労も精神的な悩みも、持ち込まないことです。(♭ф)

2017年7月29日 (土)

Q. ことば、発音が、はっきりしない

.ことば、発音が、はっきりしないと指摘される場合は、滑舌が悪い場合と、声がこもっている場合があります。もちろん、両方とも当てはまる場合も少なくありませんが、いずれにせよ、それぞれの問題点を改善していく必要があります。

滑舌の改善は、発声自体の改善でも、ある程度解決はされます。高校生などの演劇部や放送部、あるいは応援団などが、部活の時間に大きな声で繰り返し取り組んでいた昔ながらの発音練習を、恥ずかしがらずに根気よく実施することが、もっとも簡単で、意外に効果の出る方法でしょう。(たとえば「声とことばのトレーニング帖」のP26P33の課題などです。)

ことばの発音にかかわる顔回りの一連の筋肉の動きを、発音練習によって活性化し、強化し、機敏にしていくことが大切ですので、一週間に一度だけ長時間取り組むよりは、毎日こまめに実施していくことのほうが、達成感は少なくなりますが、効果が持続的になりやすく、より早めの上達が見込まれます。

一番の問題点は、恥ずかしくなく大きな声を出せる場所の確保だと思いますが、それほど長時間ではないので、ひとりカラオケなどの活用が、おすすめです。

もうひとつの問題点、こもった声の改善ですが、こちらは、滑舌の改善に比べると、それほど簡単には進まない人が多いようです。ひとことで言ってしまえば、声を前に出せばよいのですが、発声の癖や性格などの影響も少なくなく、なかなかひとすじなわでは解決できません。それでも、滑舌の改善トレーニングを通じて、ある程度は解消できるようです。(♭Ξ)

 

.トレーニングという側面でいくとひたすら発声のトレーニングをおこなうことです。発音がクリアでない人の多くは声そのものの力が弱い人が多く、声が外にでないので発音もはっきりしないという人が多いです。

このような状態のはトレーニングで改善していくと思います。しかし中にはトレーニングよりも根本的な問題を改善する必要がある人もいます。例えば先天的に

・舌の裏にある舌小帯とよばれる筋が短い

・下顎が前に出すぎている

・メンタルの問題で声が出づらい

などです。

舌小帯が短いと受け口になりやすいといわれています。下顎が前にですぎている状態ですね。下顎前突入とも呼ばれる状態です。舌小帯が短いと舌たらずのようなしゃべり方になったり、声がこもりやすくなる傾向があります。この様な状態だと、簡易手術で舌小帯を切って長くしたり、専用のマウスピースなどで矯正するなどの治療があるようです。

外国語のなかでは巻き舌の発音がある場合がありますが舌小帯が短いと巻き舌がやりづらくなることもあるそうです。

トレーニングで多少の改善はあるでしょうが、根本から直そうと思ったときにはこのような違う側面からの方法も必要かと思います。(♭Σ)

 

.多くの人に当てはまる要因として、口腔内が狭い、(口を開けないで話すので)口周りの筋肉が使われていない、ことが挙げられると思います。またこの状態だと息の流れが少なく喉で声を押してしまうので、さらに発音が不明瞭になりかねません。これらの理由から、まずは「しっかりと息を吐く」ことを行いましょう(呼吸の練習については割愛します)。一見、発音の明瞭化からはかけ離れるようにみえますが、息を吐かなければ声になりようがありません。その息をこれまでよりもスムーズにして、息の流れに声をのせていくのです。その次に、口腔内の空間を広げるトレーニングを行います。方法の一つとして、喉の奥と口をしっかり開けて無声で「ハッハッハッ」、次に状態を保ちながら有声で「ハッハッハッ」と交互に行います。母音部分を変えて「ホッ」や「ヘッ」でもよいです。ハ行(子音Hの発音)は喉に当てずに行えるので安全です。このように普段より口を開けて発音練習することで口周りの筋肉も発達していきます。(♯α)

 

.人と会話する時、しっかり相手に何かを伝えようとしているでしょうか。心を開いて相手の目を見て、「伝える」意思があるでしょうか。意識を変えるだけでも、ずいぶんと変わってくるものだと思います。自信がなかったり、気持ちが引き気味になっていると、ことばは自然に出てきませんし、発音もはっきりしないものです。

また、滑舌について言うならば、最近の若者は、舌の筋肉をちゃんと使ってしゃべっていないように思います。だらしなく、何を言っているのかわからないような話し人です。きっとそんな話し人をする人は、顔の筋肉も使っていないのでしょう。

とにかくすべてが弛緩している感じがします。しっかりと口角を上げ、使うべき子音の時には舌の筋肉をしっかり使い、深く息を吸って堂々と声を出しましょう。すると自然にことばや発音がはっきりしてくるはずです。

日本語はきれいな言語だといわれています。美しい表現や、素敵な単語がたくさんあります。その日本語が退化していかないよう、しっかり正しく話すように心がけましょう。(♯Å)

 

.ことばや発音がはっきりせず、何度も聞き返されたり、間違って認識されてしまったりする場合に考えられるのは、ことばを捌くための口の中があまりいい状態で使えていないことが考えられます。物理的な原因で発音しにくい場合、舌が長すぎたり、短すぎたり、顎の状態があまりよろしくないなどが考えられます。それについては、医学的な見地で、専門家の指導を仰ぐのがよいでしょう。そうではない場合、口を動かすことに慣れていないことが考えられます。そもそも、日本語という言語は、口をあまり開かない状態でなんとか喋れてしまう言語です。それゆえに、口があまり動かない状態ではことばがうまく捌けずに、近距離なら何とか伝わる状態であったとしても、遠距離や雑踏の中では伝わりにくくなってしまうことがあるのです。このような人たちは、まず、口を開くことに慣れるのが、第一段階として大事なことだと思います。腹話術のような状態では、相手にはモゴモゴ言っているようにしか聞こえません。口を開くことに慣れてきてから、次の段階として、呼吸のキャパシティを大きくしていくことや、遠くの相手に伝えるエネルギーを持つこと、届けるエネルギーを持つことを心がけるといいでしょう。(♭Я)

 

.音声として言葉に必要な要素は「母音」と「子音」です。特に、日本語は、一音節が一つの子音と一つの母音で成り立っています。(英語などと比較してみると顕著でしょう。英語は一つの単語の中に子音がたくさん入っていますね)。そして、音として、母音が大変多くの要素を占めます。この、母音をしっかり鳴らすことがまず第一条件になります。 

一音一音、お腹で支えられた音を目指しましょう。そのためには横隔膜の動きが必須になります。みぞおちのあたりに手を置いてみてください。この奥に横隔膜があります。笑ったり、咳をしたり、くしゃみをしたりしたときに、この部分がとても鋭角的な動きをすると思います。これをトレーニングして、一音に対して横隔膜も呼応して動かなければなりません。そうするととても張りのあるいい声が生まれてきます。

次に子音の扱いも、発音を明瞭にする役に立ちます。調音法をとりいてれて、ご自分の舌が、各子音の時にどのような位置に当たっているかを一度整理してみましょう。例えば「た」のTの子音の時に、舌先はどこにありますか。前歯の後ろ側にチョンとついていますね。これを息とともに、素早く下げます。この舌の圧力と、舌を下げるときの瞬間的な動きがポイントになります。また「ば」などは、両唇をしっかりくっつけて圧力をかけ、素早く離すときに明瞭な音が発せられます。一語一語分析して明瞭な発音を目指してみてください。(♯β)

 

.技術的な面と、「伝える」という本質的な面という、二つにに分けて考えてみます。

まず、技術的には、発音に必要な口腔内の器官をきちんと知ることが必要です。母音を発声するときの舌の位置はどのようになっているか。よく「はっきり発音」というと唇の形で5つの母音を発声しようとする人が多いですが、それでは唇や顎に不自然な動きが生じるので、まずは舌の位置で母音を使い分けられるようになることから始めます。また、すべての子音についても口腔内でどのような運動がおこって音になるのかを一つ一つ感じながら確認します。

一人、「伝える」という点に着目して考えた場合、自分が歌う歌、テキストをどのような人に何を伝えたいのかということがあいまいになっている場合があるのではないかと思います。

 歌うということは、聴衆を説得することに似ています。作曲家の意図する美しさ、作詞家の思いなど、歌い手は徹底的に一曲を分析し噛み砕いて自分の声で言葉で聴き手を説得するつもりで曲に向かいあうことが必要です。言いたいことがわからないから言葉がはっきりしない、相手に伝わらないのかもしれません。(♯ё)

 

.私は、昔よくレッスンや人前で歌った際にその時師事しておりました先生から「ことば、発音が、はっきりしない」ということを言われ続けていました。

今思うと、体を使わず(使えず)喉だけで歌っていたことが原因かと思います。その他に、歌詞、言葉を読まず、話さず、つい「歌ってしまう」ということ、母音自体が不明瞭であることも原因ではないかと思います。

まずは、喉から下の筋肉をよく使い、喉から上はリラックスするということをイメージします。喉から上は普段話しするくらいの力加減がよいです。そして、みぞおちから胆田、腰の筋肉を長くゆっくり使い、上顎の柔らかいところへゆっくり息を送ります。そのときに母音をはっきり発音し、母音を繋げていきます。喉から下と上双人のバランスを意識します。力加減の喉から下:喉から上=91もしくは82くらいです。

あとは歌詞、テキスト、台本を自分の言葉として話せるようになるまで何回も音読することをおすすめします。

以上のことを意識するだけで、ことば、発音が少しでも明瞭になり、聴き手側に「生きていることば」として伝わるのではないかと思います。(♭й)

2017年7月28日 (金)

Q.日本人の声のオリジナリティとは。

A.このことは、日本人の声を考える上で、複雑な問題を投げかけています。これまで歌というと、欧米のもの、発声というとクラシックを基準に考えていたのに、日本古来の声でも、欧米の声でもない、今の日本人特有の声といえるものも、現れてきたからです。これについては、その違いをじっくりと見ることに留めたく存じます。

(♭б)

Q.声の色について、どのように思いますか。

A.次の声を比べてみよう

1.日本古来の声

2.欧米の声

3.今の日本人の声(♭б)

Q.日本人には、日本人の声と思いますが。

A.日本人が金髪やパーマにする、美しい黒い髪があるのにもったいないことでしょう。日本人は羽織、袴、着物が似合い、洋服はだめとまでは言いません。

“ざんぎり頭を叩けば……”から150年ほど、体格もよくなり、スーツの着こなしも身についてきました。しかし、背広などは、肩幅のある向こうの人に合っているのです。日本人の体型や、歩き方などには、着流しが一番ですね。

日本の女性の長い黒髪に象徴される美しさには、オリエンタル、エキゾチックを越えて、憧れともなっています。着物も、それを着ると、向こうの美女さえかすんでしまう。なのに、なぜ、向こうのまねをして、向こうのものを身につけるのでしょう。

グローバル化の時代、体に洋服、口に英語でもよろしいでしょう。しかし、それを国際化と思ってはいけません。

日本というのは、舶来主義で、向こうのものばかりに目を向けてきました。そんな時代があったからこそ、追いつき追い越せたのですが、今こそ自国を、足元をみつめることです。

最近、嬉しいことに、日本人の男性も、評価を少しずつあげてきています。支配階級の民族は、被支配階級の女性と結ばれました。その逆、女性が自分よりも下とみる国の男性を選ぶことはないのです。ところが、日本の男もイチロー、松井、中田をはじめ、国際的に進出して評価を得ています。もう日本一でなく、世界一でないと通用しないという時代なのです。

今ほど日本が文化において、世界の注目を浴びている時代、日本人が尊敬されている時代はありません。

海外に学びに行くのはよいとして、そこで日本の芸能や歴史、風土、食べもの作法など、尋ねられて答えられないのは、情けないことですね。彼らは、遠い国にいて、日本を学んでいるのに、日本人が、日本について何ら語れないのでは?(♭б)

2017年7月27日 (木)

Q.ねぼけ声で声を使わないようにと言われました。

A.起きたときには、誰でもねぼけ声です。声が眠そうにしか出ません。頭は目覚めても体が半分、寝ています。そんなときは、声帯はまだ、うまく使える状態からはほど遠いのです。声帯が充分に機能するのは、起きてから数時間経ったときです。人によって異なるので、自分なりに把握しておきましょう。

早朝から声を使わなくてはいけないときには、入浴か、軽い食事をしてみるとよいでしょう。何かを飲んで、体を動かすだけでも大分、違います。うがいをして、表情筋を動かし、舌の運動をしましょう。(♭ф)

Q.寝不足は、声に悪いですか。

A.肌に悪いなどということは、声にもよくないのです。寝不足の日には、普段の声でも出しにくくなります。よく寝ることこそ、第一の、よい声づくりの秘訣です。(♭ф)

Q.のどを守るために気をつけることは? 

A.日常生活の中における声の管理で気をつけたいことを述べておきます。

・疲れているときは休ませる。極力、のどに負担をかけないことです。

・長話しや長電話は禁物です。用件は短く、必要以外の声をセーブしましょう。

・大声を出したり、叫んだり、怒鳴ったりするのは愚の骨頂です。

 相手に近づいて話すとか、マイクを使うことも、声の負担を抑える方法です。長時間、大声でのしゃべりすぎが、声をこわす一番の原因です。(♭ф)

2017年7月25日 (火)

Q.日本人の声への感覚は鈍いのですか。

A.私はフランスのオペラ座のヴォイストレーナーから、「なぜ日本人の声は二通りしかないのですか」と言われたことがあります。彼女に言わせると、日本人は男の声、女の声、その二つ。耳のよくない人なら、そんなものかもしれませんが、トレーナーとして最高の耳をもつ彼女が、そんなことを冗談でも言うわけがありません。

それでは、「フランス人は?」・・・「一人ひとり違っている、そして、一人でいくつもの声をもっている」と。日本在留の長い彼女の言うことですから、納得せざるをえませんでした。今、考えると、彼女にとっては、極東の国にいったら、全員が一色の色の口紅を塗っていた、そんな感じだったと思います。私たちは声に対して、まだ口紅さえ塗っていないのかもしれません。

私はこれを拙著「人に好かれる声になる」という本の推薦文カバーに日本人へのメッセージとして入れてもらいました。

あれから確かに、一般向けの本が出るほどに声への関心が高まり、嬉しく思います。しかしまだ、実際の効果はそれほど出ていません。あなたはその先駆けを切ってください。

そこまで、日本では、多くの人が自分の声に関心がないのです。

(♭б)

Q.オリジナルの声はどう見つけるのですか。

A.歌詞や文章を読んでみます。そこで自分の声でバリエーションにとんだ声を出してみます。

a.好きな声

b.嫌いな声

c.自分らしい声

d.自分らしくない声

ここからあなたの今の声の特徴をつかんでいきましょう。それ以上は、文章では説明できません。(♭б)

Q.「どんな声にもなれる」という人もいますが、本当ですか。

A.マイクに音響効果をつけたら、脚色演出できるし、発声でもかなり、加工できます。ものまねもできます。そうするほど、声は本来のパワー、その人自身の力を発揮しなくなるのです。

声にも指紋と同じく、声紋がその人を特定できるだけの個人差があるそうです。証拠能力も高いそうです。犯罪捜査や認証などで、声が使われているのは、一人として同じ声はないからです。(♭б)

2017年7月24日 (月)

Q.カラオケボックスへ行ってビールを飲みながら歌いまくって、翌朝、声の出なかったのですが。

A.一度こわしてしまうと、声帯はなかなか元には戻らないし治ってもクセになってしまうことが多いのです。くれぐれも無理は禁物です。(♭ф)

Q.アルコールは禁じるべきですか。

A.酒は「百薬の長」ですが、発声のためののどには、あまりよくありません。個人差が大きいので一律にはいえません。ただし、飲んだときには大声を出さないようにしてください。

お酒のよいのは、血行をよくすること、ただ同時に神経を鈍くします。声帯は充血し、一時、調子がよくなるのです(これは風邪のひきはじめにも似ています)。その分、疲れも早く出ます。

のども水分が奪われ、かわきます。耳がきこえにくくなり、乾いた声帯で声をはりあげがちになります。(♭ф)

Q.タバコをやめられません。

A.22,3歳を過ぎたら、自分のことは自分で決めればよいでしょう。しかし、それ以下の年齢のヴォーカルは、タバコをやめるようにいっています。できる限り、周りのメンバーにも協力してもらうとよいでしょう。

ヴォーカルというのは、体が資本であり、声帯が商売道具です。一流のスポーツ選手には、タバコを吸いません。それによって体力が落ちるし、息が切れるようになるのを知っているからです。ヴォーカルもステージをもたせるのに相当の体力が必要なはずです。歌い続けるのに、息が切れてはいけません。

音楽を聴く方は幻覚的になるのもよいですが、歌う方は、クールな頭でやらなくてはいけません。ひとつでも自分で回避できることで、不利な条件を持たないことです。

声帯は、若いときほど悪影響を受けます。タバコによって、声帯は乾燥したり腫れたりします。水ぶくれのようなものができ、固まってくるとポリープになることもあるからです。のどが相当、強い人でも、咳やたんがからんだり、のどの一部に痛みがでたりします。タバコが声帯に悪いのは、吸ったことのある人なら実感としてわかるはずです。タバコを吸うと、タールやニコチンが煙となって体の中に入ります。声帯は気道=通りみちにあり、しかも突き出た形になっているために影響を受けるわけです。長い期間、タバコを吸いつづけると、声帯がブヨブヨになって声もかすれたり、出なくなっていきます。これから長く声とつきあっていこうとする人には、タバコ銭ももったいないし、思いきってやめることをお勧めします。

(♭ф)

2017年7月22日 (土)

Q.ダメージがない発声を第一にしてよいのですか。

.発声に関する本やネットを見ると「喉に負担をかけない」「喉を傷めない」などの文言をよく見かけます。しかし現実問題、声を出しているときはそれなりの疲労を伴います。問題は、ある程度の喉の疲労ならば、ある程度の声のレベルを維持できるというのが重要です。

例えばどんな発声練習でも1時間やれば程度の差はあれ、ある程度は声帯や声帯周辺の筋肉は充血します。発声が悪ければ本来必要ない箇所まで充血することもありますし、疲労が速かったり、パフォーマンスが落ちるでしょう。

我々は本番前に「本番前に声を温める」という理由で発声練習をすることがありますが、これは、声がよく出る状態まで充血させているのと同じことなのです。

歌うことよりも喋ることの方が喉が疲れます。人の歌を聴いていても、声帯は人の声に反応して動くことがあるので、人のレッスンを行うというのは歌っているときよりも喉の疲労が大きいことが多いです。レッスンの人数が多いと、23日はダメージをひきづることがあります。

しかし、全く傷めない、全く疲れない発声などはなく、皆それを乗り越えたり、それをカヴァーする技術や精神力をもっているなだと思います。(♭Σ)

Q.真似だけではうまくなりませんか。

.マリオ・デル・モナコというテノール歌手がいます。黄金のトランペットと言われ、オペラを志すテノールならば、そのほとんどが彼にあこがれた経験を持っているかもしれません。

そして彼の声に憧れ、模倣した結果、声を潰したり、かえって発声を壊していったテノールの多さでも群を抜いてるかもしれません。

マルティヌッチというテノール歌手がいます。彼もすさまじい声の歴史に名を残す歌手です。しかし彼も有名になる前はモナコに憧れまねをして声が出なくなった経験を持っている一人です。

彼の模倣をやめ自分の声を見つけてくれる教師に出会ってから有名になっていくことになります。

モナコ自身も最初についた教師に自分に合わないものを歌わされて声を壊していたという話があるくらいですから、自分の憧れの存在や師匠が絶対的な正義かというとわからないです。

師匠の真似や教えを守れば全てが正解かというとわかりません。それだけでものすごい声になるならば、凄い声の歌手がもっとたくさんいるようになっていたでしょうね。(♭Σ)

Q.歌い手としての立場で発声の注意点を教えてください。

.私が発声の中でもっとも注意しているのは

・レガートができること

・ジラーレができること

・派手にださない。地味にだすこと

の三点です。上2つは声楽経験者ならば理解しやすいかと思いますが、三番目は中々理解されないのですが私にとってはとても重要なのです。

5つの母音で私が苦手なのはイとエです。5つの母音は全て同じように歌うものだと思っていたのですが、私の場合は歌いやすいオに合わせてイやエを歌うと中々うまくいかないことが多かったのです。それはオが声が出やすいのでその声の響きを他の母音でも再現しようとする癖がついていたためです。しかしイとエをびっくりするくらい地味にオブラートが10枚くらいかかったようなイメージをもつとイとエがうまくいくようになりました。もっと言えばイとエがうまくいくオブラートがかかったような声で歌うとかえって声が飛ぶ、喉が楽になるということがわかったのです。しかしこれは自分にあまり聞こえないですし、自分にはモサモサ聞こえるので不安でしかありませんでした。なのでトレーニングでもあえて地味にだそうという意識がとても大事なのです。 (♭Σ)

2017年7月21日 (金)

Q.物まね声をあまり評価しないのですか。

A.私が、ぶりっ子やカラオケ声といったのを、よく思わないのは、声は生まれつき、それぞれの体に備わった楽器だからです。つまり、よい方に磨いたり鍛えたりしていく可能性もあるのに、クセをつけると限界に行き詰るからです。(♭б)

Q.キャピキャピ声の定義は何ですか。

A.男性版もありそうですが、若い女性の声の印象について、実際に聞いて判断してみましょう。

いろんな人がいますから、声と話し方に分けて考えてみましょう。また、海外の女性と比べてみましょう。(♭б)

Q.なぜ日本人の女性の声は高く浅いのですか。

A.日本の男性の多くは、ロリコンなのです。そうでない男性もいますが。これが声の文化、特に女性の声の使い方に大きな影響を与えています。その代表が、今TVのレポーターの、あのカン高くかわいいようでかわいげのない声です。私はこれを、キャピキャピ声といっています。「ウッソォ~」「ホントォー」「ヤダー」の類です。ぶりっ子風の声ともいえますが、女子大生のブームから生じてきました。小さな子どものあいさつや、遊ぶのに似た所作にこの発声を伴います。確か、80年代? 山根一真氏が変態少女文字の研究を発表しました。私は変態少女発声の研究をしています。(♭б)

2017年7月20日 (木)

Q.ミュージシャンには、なぜ喫煙者や酒好きが多いのですか。

A.音楽は、暗いところでビートを繰り返すことで、聴き手の理性を眠らせ、情緒に直接働きかけやすくします。

そこに、アルコールやタバコというのは、さらに効果的な役割を果たすことになるのです。

スタジオの中が、狭く空気が悪くムンムンとしていて、しかもタバコの煙がもうもうというのが、一昔前のミュージシャンの練習スタイルでした。(♭ф)

 

Q.たばこを吸う人に名歌手はいないのですか。

A.たくさんいます。

ヘビースモーカー…ジュゼッペ・ディ・ステーファノ

スモーカー…レナータ・デバルディ、パヴァロッティ(♭ф)

Q.タバコは声によくありませんよね。

A.声帯は、肺と口の間にあります。タバコを吸うとタールやニコチンが煙となって体の中に入ります。声帯はそこに突き出た形になっているために直接、影響を被ります。事実、タバコを吸いつづけると、声帯がブヨブヨになって声がかすれていきます。まわりの人のタバコの煙は、ストレート(フィルターなし)なので、さらによくありません。(♭ф)

2017年7月18日 (火)

Q.海外でもロリ声は流行しますか。

A.日本のアニメとともに、こういう幼さを狙った声も、海外に出ているのかと思うや、向こうの吹き替えではしっかりとなっていました。パフィーの声でのアメリカ進出の成功は、逆にそのあたりに秘訣があったのでしょう。(♭б)

Q.キャピキャピした声といわれます。

A.若い女性のキャピキャピ声に対しては、

1.そういう声をわざと使っている人

2.使っているのに自覚のない人

3.嫌っている人

この3タイプがいます。

媚びているような、甘えているだけの声、これは大人のセクシーヴォイスとは、違います。大人として愛される声とは違います。そういうのが好きな日本の男性も多いのは、彼等もは子どもということでしょうか。

幼さの自己演出も表現力といえなくもないのですが、ぶりっ子の元祖、松田聖子さんは、女性から大きな支持を得ています。そのショーは、まったく大人のものだからです。(♭б)

Q.カラオケの功罪は何ですか。

A.私はカラオケの普及活動を頼まれていたとき、「日本はアジアにカラオケとガキの声を広げている」と言われました。日本の“少年隊”をまねて、韓国に“消防隊”というのが出た頃です。日本のカラオケが進出すると、アジアの歌のレベルが落ちるなんて言われていたのです。当たっていないわけでもなかったかもしれません。でもいいことです。誰もが歌うことを楽しむようになったのですから。(♭б)

2017年7月17日 (月)

Q.どうして自分を音痴と思っている人が多いのでしょうか。

A.そのほとんどは、日本の学校教育の生み出したものでしょう。音痴という思い込みで、実際は、歌うのに何の支障もないのです。これまで、自分のことを音痴だと思っていた方は、もう気にしないでください。今の小中学生は、身長が大きくなっている上に、大きな声を出さないから、余計に高い声が出なくなっています。

音楽の教科書の歌のキィが高すぎるため、女の子は裏声、男の子ものど声になり、突っかかったり、裏声にひっくり返りやすくなります。小学校で、一点ハ(ド)からの1オクターヴ上のド、さらにレ、ミも出てきます。上のラ、シくらいで小学生や女性は出しにくくなります。そこで、届かないために、音が下がり狂うのです。子供にはうまく声が届かないことから、音痴の意識を植えつけられます。高音に届かない、元より歌いやすいところで歌に慣れていないのに、急に1曲まるまる歌わせるわけです。

多くのケースは、移調して下げたらほとんど問題ないのです。あるいは、もう少し、高くして裏声へもっていくと楽になるのに、地声の限界点で、無理が起きやすいところにかかるから難しいのです。まずは、低くして出せるところで使うことをお勧めしたいものです。音程が外れやすい人は、知っている童謡や唱歌を反復してチェックするとよいでしょう。(♭ф)

Q.音感が悪いのですが。

A.音を聴く力としての音感は、楽器などをやっていると比較的、磨かれます。音感があっていても、出した声ではずれることもあります。現に音楽家や指揮者の音痴もいます。つまり、音痴とは歌うときにはずれることをいうのであり、そうならないためには聴いた音を正しく反復できなければ、だめなのです。これには、音感があるだけでなく、とった音を声に何度も結びつけていく経験(反復トレーニング)が絶対に必要です。音感が悪くて外れる人は、歌っても正されないことも多いので、指導を受けた方がよいでしょう。

(♭ф)

Q.音痴の正しい定義を知りたいのですが。

A.音聾とは、tone deafeness、つまり音を聴くことに問題があるということで、音痴と同じように使われています。調子はずれ(out-of-tone singer)というよりは、音感が乏しく正確に歌えない(poor pitch singing(er)inaccurate singing(er))ということです。音唖(tone dumb)は、声を出す方に問題があり、monotoneは一定のキィに合わせて歌えないときに使われることもあります。つまり、音痴といっても、いろんな原因があるわけです。(♭ф)

2017年7月15日 (土)

Q.選挙中の政治家の声をどう思いますか。

.選挙する上で各候補者や政党の話を聴くこと、知ることはとても重要だと考えていますが、選挙演説の声が、私にはダメなのです。

よく新宿駅前などで選挙カーの上でマイクで訴えているのですが、あんな場所で騒音の中演説されてもよく聞き取れません。近くで別の候補者の演説があったりしたときにはよく分かりません。なによりも演説しすぎて、あのしゃがれた声では何かしゃべっているのはわかるのですが内容が聞こえないのです。

日本ではよくない意味での根性論があり、声がつぶれるまで演説したのは努力みたいに言われますが、大事なのは選挙の公約や中身なのに中身が聞こえないのは少し考えものだと感じます。

人に何かを伝えるためには、内容以前にこの声を聴いていて「ひきつけられる」ことが重要ではないでしょうか。多数の人をひきつけるために、声はとても重要です。第一声で人をひきつけられるかは政治家の資質の一つだと思います。

政策や好き嫌いはおいて、田中角栄元首相や田中眞紀子さんなどは美声とは思いませんが、ひきつける声をもっていたと思います。

有権者の一人として、政策はしっかり聞きたい。でもこの話をしっかり聴きたいと思わせてくれる演説を期待したいです。(♭Σ)

Q.力みやすいのですが。

.ヴォイストレーニングを受けていると「力まない」「硬くしない」「脱力」などの言葉が飛び交うことがあります。私も力みやすいタイプなので散々苦労しました。今でも調子が悪いと力みやすくなります。全ての人に対応できるとは思いませんが、これまで多くの力みやすい人を見てきたり、自分自身が改善していくために一番行なったことは単純な発声練習の見直しです。

単純なドレミレドです。曲を歌うことよりもこの訓練です。高い音はほとんど歌いません。むしろ低音、中音ばかりの訓練です。

最も大事なのは呼吸で力まないことです。力まない呼吸を行なうのにとても時間を費やします。ここは根気がいります。呼吸で力まなくなると、これまで力んできた人にとっては不安定、ふわふわした音しかでなくなります。でも、それでもいいんです。毎日続けていくと声の出て行く道がわかります。そうするとボリュームも出てきます。

この訓練は仰向けに寝ながらやるととても効果的です。仰向けに寝て歌いづらい人は必ずどこか発声に不具合で起きています。

母音で歌うとき、全てが同じ方向に感じるまでにも時間がかかるかもしれません。頭の近くにメトロノームを置いて、早いテンポやゆっくりなテンポなどでテンポをかえてもトレーニングします。喉の力みをとることで胸などの力みがとれる場合があることは、覚えていて損はないと思います。(♭Σ)

Q.お腹の脱力と使い方を知りたいです。

.喉の脱力はよく耳にしますが、お腹の脱力は、ほとんど聞いたことがありません。お腹には、力を入れれば入れるほど、よい声が出るのでしょうか。何事も、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」、お腹もまた喉と同じで、脱力し過ぎていては役に立ちませんが、入れ過ぎはかえってマイナスになります。ただしこれは、しっかりとお腹を使えるようになってからの話なので、まずはしっかりと使えるように、トレーニングを積み重ねなければなりません。お腹の使い方も、喉の使い方と同じで、様々な流派のようなものがあります。初歩の段階では、いろいろと迷ってしまうと思いますが、その方法を推奨する先生にとっては、それがベストと考えている方法なので、少なくとも一度は取り組んで、様子をみるのがお勧めです。それはひとつの方法で、唯一無二のものではないということも、忘れないようにしてください。別の方法に出会ったら、今度はそれを納得のいくまでトレーニングすることです。どんな方法が自分に合うのか、中途半端に投げ出さず、しっかりと取り組んで、見極めていくことが大切です。(♭Ξ)

2017年7月14日 (金)

Q.子供っぽい声がいやです。

A.あなたにとって、大人の声とはどのようなイメージですか。誰の声をイメージしますか。中高年の声とは何か、いろいろと考えてみてください。

例)都会っぽい声、田舎っぽい声、若い声、老けた声、セクシーな声、成熟した声

成熟した声のイメージは、けっこう大切です。映画スターなら、誰をイメージするでしょうか。

ちなみに日本人の声や歌の世界進出は、まだ王・長嶋時代の野球以下、その頃の日本のサッカーレベルという感じです。(♭б)

Q.日本人の声は成熟しきれていないのですか。

A.年齢をとることを楽しみにしていますか。嫌でしょう。日本では若い方が好まれるからです。それも、若いほどよいという価値観が、はびこっているからです。

欧米などでは子どもが、早く大人になりたく思い、若い女性でさえ、早く年齢を重ねたく思うのとは逆です。海外に行くと、中高年が本当にセンスよく、よいものを着て、カップルとして人生を楽しんでいます。大人の恋愛の粋を楽しみます。

それに対して、日本の中高年というのは、何か今一つと、思われませんか。中には、そうでない人も出てきましたが。

日本人の男性、特に文化人、評論家、政治家、教授の声は高く浅く、子どもっぽくなりました。以前は大人の風格、声をしている人が少なくなかったのですが・・・。(♭б)

Q.どの声が正しいかわかりません。

A.日本人には、レッテルを貼らないとつきあえない人が多いようです。これでは子どもと同じです。

声を扱っていると、いかにこの二分する考えが無意味なことかがわかります。

「正しい声はどれか」「呼吸法は間違っていますか」といわれ、いつも困ってしまうのです。

「あなたの声も息も、あなたのままでよいのではないですか」

「声配りに、もう少し工夫しましょう」

「相手にどのように聞こえるかから、入りましょう」

と返答します。

「仕事はおもしろい」「夢に向かって楽しい」と、ストレートに声を出してみましょう。その方が、心がはずんできませんか。人生にときめく機会が増えることを請負いますよ。(♭б)

2017年7月13日 (木)

Q.生理的な欠陥としての音痴の判断はどうされるのですか。

A.ほとんどいないので心配ご無用です。話してみて、おかしくなければ大丈夫ということです。耳(や脳)が悪いとアクセント、イントネーションを正しく普通に話すことはとても難しいからです。聴く力と、それを声に出すことについてチェックしてみましょう。テープに聴いた自分のことばがおかしくなければ大丈夫です。ただし、歌うことに充分に慣れていないから外れるのです。(♭ф)

Q.音痴とは何ですか。

A.「生理的欠陥によって、正しい音の認識と記憶ができないこと、また、その人の、俗には音楽的理解の乏しいことや、そのために正しい音階で歌えないことをいう。音聾」とあります。(広辞苑)つまり、音痴とは聴覚、音声障害(者)のことを示すのですが、一般的には、聴覚音声の障害がないのに、歌うときに調子はずれになることを意味しているわけです。調子はずれは、uncertain singersということです。(♭ф)

Q.音痴ではないかと思い、音程やリズム感の悪さを気にしています。

A.歌にさしつかえるほどの音痴というのは、大脳の先天的音楽機能不全のことで、本当にほんの少数の人しかいません。あなたが仮に相当ひどい音痴といわれていても、たぶんこれにはあたらないはずです。自信をもち、慣れていってください。(♭ф)

2017年7月11日 (火)

Q.海外レベルの声のスキルを身につけたいのですが。

A.まずは、世界のあいさつを原語で言ってみましょう。

例)グッドモーニング、ハロー グーテンモルゲン、ボンジュール、ボンジョルノ、ニイハオ(♭б)

Q.日本では、男性が女性に声をかけると、変に勘ぐられるし、女性が男性にとなると、曲解されかねません。どうしてでしょうか。

.まだまだ自分に自信がないからでしょう。一方で、自己主張、権利ばかりを騒ぎ立てている気もします。義務はどうしたのでしょう。いろんな考えや判断の人もいるのです。相手によって、対応も違うし、ケースバイケースです。

口を開くときは、愚痴でなく、しっかりと声で主張しましょう。

(♭б)

 

Q.日本の生活風土、慣習には、必要以上に他の人と関わらないという姿勢がありますか。

.イギリスなどの紳士とやらもそうらしいですが、他人と関わろうとしないのは、やや異常かもしれません。他人が信じられず“疑心暗鬼”では、フレンドリーな関係には、なれないでしょう。そのことが逆に危ないともいえます。男女関係なく声をかけ、それによって支障をきたすことを避けます。お互い知らない人だから、出会って、知って、決めていけばよいという考えなのです。自分の責任判断で頭から決めつける必要はないのです。ただし、必要なこと以外、ぺちゃくちゃ話さないことです。(♭б)

2017年7月10日 (月)

Q.カラオケ採点機で高得点をあげるには。

A.ガイドメロディで、タイミング、音程などをみましょう。歌心や情感、こぶしやくずしは、邪魔、ソルフェ-ジュのように譜面通りです。大きな声やワイヤレスマイクは不利です。リズム感のよくない人はスローで、音符は長く、短い曲がよいでしょう。(♭ф)

Q.カラオケではうまく聞こえるのは、なぜか。

A.カラオケも、もともと日本人のうまく出ない声をよくするために、つくられた日本人の知恵のつまった器械だからです。(♭ф)

Q.声の筋肉は、大声で歌ったり、まわりの人と大声で話すと、疲れるのですか。

A.部屋の乾燥も関係します。外との温度の変化が激しいと、冷たいものを飲み、のど全体をも冷やします。

アルコールを飲むと、のどの水分がなくなります。

体を柔軟にして運動したり、呼吸のトレーニングをして体を温め、少々発汗するくらいで歌に入るとよいでしょう。

温かいもので水分を吸収して、のどの乾きを唾液の分泌を促し、のどの負担を減らすとよいでしょう。(♭ф)

2017年7月 8日 (土)

Q.体操選手の筋肉は違うのでしょうか。

.男子体操選手の筋肉は、男性ならば一度くらいは、必ずあこがれるものではないでしょうか。筋肉といえば、ボディビルダーの筋肉を思い浮かべますが、こちらは、それぞれの筋肉を大きく成長させるために、専用のマシンや運動方法を、いくつもおこなって、細かい部分から筋肉を作り上げていきます。つまり、それぞれの筋肉を育て上げることが、運動の目的です。

一方、体操選手の筋肉は、筋肉を育て上げることが目的ではなく、それぞれの運動・体操の技を綺麗にスムーズに、立派にこなすための練習の中で、自然に形成されたもので、筋肉をつけること自体は、全く目的ではありません。体操の技を磨き続けた結果、二次的にできあがったものです。

同様にしてできあがったものの中で、私が実際に目にして知っているのは、バレエダンサー(もちろん男性)の足です。「日本製の靴は履けない。」というほど、足の甲や土踏まず周りの筋肉が発達していて、なるほどこれなら、ステージ上を華麗に美しく力強く、息も弾ませずに動き回れるだろうと想像させられます。

オペラ歌手のお腹が、一般の人よりもかなり膨らみやすいことは、目にしている人も多いと思いますが、その首や肩も、ドラマティコな歌手になるほど立派なことが多いのは、多めの脂肪にコーティングされていることもよくあるので、知らない人も多いかもしれません。(♭Ξ)

Q.声の出しやすさがいつも違います。

.朝起きて、声を出すと、かなり声が出し難いことに、驚いたことがある人は、少なくないでしょう。はじめは、喉の調子が悪いのかと心配したこともあるかもしれません。しかし、ストレッチや呼吸練習など、いろいろとウォーミングアップをした後は、声が出やすくなることは、実感しているでしょう。また、少し声を使い続けていると、さらに出しやすくなっていくことも、わかると思います。

ですから、歌う仕事が長時間になることが判っている場合などは、あまりウォーミングアップをせずに、歌う最初の一時間ほどを、ウォーミングアップ代わりにする声楽家も少なくありません。

はじめのうちはベストの声は出せませんが、逆に仕事の終盤に、喉の疲労の影響でベストの声が保てず、無理な発声になってしまうよりは、安全だからです。それでも、全く何もしないのでは、逆にいつもの声にしようと、喉が無意識のうちにがんばってしまったりするので、声を使わないウォーミングアップだけは実施して、ベストの声ははじめは出ないことを、肝に銘じてがんばらないようにするのです。そのうちに、声はとても出しやすくなってきますが、ここで調子に乗ってしまうと、よい声は出ても、最後まで続かない可能性もあるので、うまくコントロールすることが大切です。(♭Ξ)

Q.喉を開けるイメージがつかみません。

.私が子供の頃は、ルゴール液というものが、一般家庭にも常備薬として置かれていました。風邪などで喉が痛いときに、金属でできた長い棒状の器具の先に、脱脂綿を絡み付け、その脱脂綿にルゴール液を浸して、扁桃腺などの喉の入り口に塗り、殺菌消毒をするものです。病院でも、同じように使われていました。

ルゴール液は、うがい薬のイソジンと同じような薬剤で、においも似ています。風邪で喉が痛いときには、必ずといっていいほど、父にルゴール液を喉に塗ってもらっていたので、喉を開けるのがうまくなりました。大きな口を開け、舌も平らにしていないと扁桃腺などが見えづらく、ルゴール液を塗りにくいので、病院で大きく口も喉も開けられることは、子供にとっては、少し誇らしいものでした。

喉の奥を開けるのは、あくびで喉の奥を広げるのと同じです。朝などは開けにくく、歯磨きのときに、歯ブラシが奥歯の奥に入ったときに、反射で吐きそうになるのは、朝の方が多いようです。少々荒っぽいですが、このことを利用して、口の奥に指を入れて、喉を開けるウォーミングアップをする男声声楽家もいます。(♭Ξ)

2017年7月 7日 (金)

Q.海外で出会った日本人同士があいさつしないのは、どういうことなのでしょう。

.みんな声を掛け合うことがよいと思っているのに、そうしないのでしょう。日本人の同胞意識の欠如でも、日本人は日本人だけで固まりがちなのでよいのでは。海外にいってまで日本人同士話す必要がありますか。(♭б)

Q.声のコミュニケーションスキルが日本は低いと思うのですが。

A.日本人は、思っていても押し黙る、気がついても声をかけない傾向が強いようです。でも、社内に小さなゴミが落ちていたら拾うし、人にも分け隔てなく親切にする、お互いの立場を尊重しあうことでは、すぐれていると思います。

海外などに行って、まわりから声をかけられると嬉しくなり、日本に戻ると、さみしくなります。海外が好きだという人は、そのあたりのフレンドリーさを求めているのでしょう。でも、それがよいなら、日本でもそうすればよいでしょう。(♭б)

Q.人とうまくやっていくのが苦手です。

A.人間づきあいというのはわずらわしいものです。でも皆、気をつかって悩み、こなしているのです。とはいえ、そういう捉え方は、すでにネガティブです。人間そんなに複雑なものではありません。どんな人も一皮むけば、感情のかたまりです。そことうまくやっていくのには、声の使い方がとても大切なのです。(♭б)

2017年7月 6日 (木)

Q.一般的な日本人の声の特徴は?

A.日本人では、男性の声はのど声で、こもっていて、聞きづらく、それよりは少し高いほうがよいということなのかもしれません。

日本人の浅くて、か細い声、これが、日本人の声が、外国人に評判が悪くなる理由の一つなのです。

日本人は開国以来、欧米人の文化にあこがれ、彼らのようになりたいと願い、実際にそのように変えてきた国民です。わずか三十年ほどで身長から寿命まで、著しく伸びました。スタイルもよくなりました。身長が伸びれば声帯も伸び、それによって、声は低くなるのです。それとともに一方で低い声自体が日本人の社会でも認められるようになってきたことの影響も少なくありません。(♭ф)

Q.男性は声が太い人が少なくなりましたね。

A.私は力関係が表わされていると思っていますから、もはや歌が世の中をひっぱるのでなく、わき役にまわったということのように思えます。女性の低声化、男性の高声化は、まさに女性優位の世の中を象徴しています。そういえば、ウーマンリブ運動以降のアメリカ人の男性の声は、結構高いですね。日本人の女性とつきあうやさしい外国人の声も高いような気がします。(♭ф)

Q.日本人の歌がカン高く聞こえるのは、なぜでしょうか。

A.これは歌い手の声が浅く、音の高さより音色がそのように感じさせてしまうのです。同じ音域を使って歌う海外のヴォーカリストのハイトーンとトーンが違うのです。ヴォリューム感がないためなのです。

プロといえる声の基本技術をもった歌い手が日本に少なくなったのも、大きな要因の一つでしょう。ヴォイストレーニングも、見本を海外や昔にとらなくてはいけない受難の時代になりました。

(♭ф)

2017年7月 4日 (火)

Q.他の人に自分から声をかけるのは苦手です。

A.声かけのための声とスレーズを用意しましょう。

どういう声をかけますか。いくつか考えてみましょう。

「お元気ですか?」

「がんばってください」

「おひさしぶりですね」(♭б)

Q.毎日、使うためにどうすればよいですか。

A.人に声をかけるようにしましょう。

1.今日は誰に

2.何声かけましたか(♭б)

Q.声を現実に活かす勉強はどこからはじめるべきですか。

A.「お金なんて幸せと違う」「他の人に頼って生きていきたくない」 本当はそんなことではないのは知っているのに、目的とプロセスを直視したがらない人も少なくないのです。

何かしら自分が学んだことや、理論で正当性を得たいのです。そういう人には、最初から、自分の答えがあり、それを頑なに変えないのです。それで、これまでうまくいかなかったのなら、うまくいくはずがありません。また勉強に行き、さらに自分の考えと、行動の仕方を固めてしまうからです。

こういう人は、自分を磨き、成功するために、投資を惜しみません。キャリアアップに英会話、パソコンなど、エステやフィットネス、ジムに行っています。それは、感心なことです。

ただ、他人に対して何らかの価値を与えていかなくては、何も開かれていかないのです。

ところが、まわりの人を見て見ぬふりをしているのです。だから、近所の八百屋さんや、身近かで困っている人に、声をかけたりしません。

そこを直すところからです。今の状況を壊すことです。勉強でなく、行動で学ぶことです。

だから「声かけ」からなのです。「小さな親切、少しの勇気から」です。(♭б)

«Q.ヒットソングはキィが低いのですが。