サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

ブレスヴォイストレーニング研究所 レッスン受講資料請求

トレーナーの選び方

ヴォイトレレッスンの日々

12.表現/オリジナリティ 283問~

2018年9月18日 (火)

Q.気づいたこと、感じたことをどう声で伝えるのですか。

A.自分一人で感動する、でも人は、誰かと共有したいと思いますよね。できたら親しい人と一緒に見たい、聞きたいと思います。それがムリなら、伝えたい、話したい。そして、その体験を共有したい。強く念じましょう。

人間の言葉がこんなに進歩したのは、伝える相手にも自分と同じ感動を分け与えたいということからです。これは、言葉、文字ではないのです。人の言葉は世界にたくさんあります。文字のある言葉は少ないのですが、音声は必ずあるのです、声は。だから、メールでなく、声で伝えましょうね。(♭б)

2018年9月 3日 (月)

Q.日本人と海外の人との音声力の違いは何ですか。

A.彼らは日常であのような対話やスピーチをしている国を代表する表現のプロなのです。まさにこれは、基礎としての音声表現力での国力の差でもあるのです。

普通の外国人の声や話も、日本人なら役者レベルにあると考えてみるとよいかもしれません。特に欧米の言語は、演劇的なことばです。

つまり、アメリカに二十年も住んでいたら、英語が話せるように、アメリカに二十年住んでいたら、声も息も話す力も鍛えられるのです。知識は時間と比例しますが、感覚は必ずしもそうはなりません。そこで、声にはヴォイストレーニングが必要となるのです。

ここでメンタルとつけたのは、ものを言い切るには、責任と覚悟と勇気がいるものであり、そうしないと、心身も伴わず、説得力も声も息も出ないということを述べたかったからです。(♭ф)

2018年4月10日 (火)

Q.目標をかなえ、成功するためのトレーニングを教えてください。

A.成功者は、運やツキや人様のおかげで成功したといいます。成功のパワーというのが、人間一人でできないことを後押しして、気づいたら、そのように成し遂げさせてしまうのです。ちっとも不思議なことではありません。それだけ目的のために、毎日やっている人が少ないだけです。

「絶対に達成いたします」

「約束は必ず守ります」

「武士に二言はございません」(♭б)

Q.毎日、目標を唱えるとかないますか。

A.成功者の中には、日夜、目標を声で唱えている人も少なくありません。イメージを目標にする。そして、それを具体化しているということを忘れてはいけません。

若くして一代であなたの何十倍も稼いでいる人もいます。その人は、あなたの何十倍も働いているのでしょうか。いえ、時間ではありません。彼らたちは目標をもち、それを可能にする毎日を送ってきたからです。(♭б)

2018年3月27日 (火)

Q.声をよくするとお金が稼げますか。

A.お金にとらわれたくなければこそ、価値を創造し、お金持ちになればよいのです。お金持ちには、一人ではなれません。他人があなたをお金持ちにしてくれるのです。お金持ちが嫌いなら、お金を捨てればよい。お金などに左右されずに、何でも選択できる自由度こそが大切なのです。お金持ちが、必ずしも幸せでないというのは、言うまでもありません。しかし、最低限のお金がないと、幸せも遠ざかりかねません。もちろん“竹林”での自給自足の一人暮らしを幸せというなら別です。

人間は、食べるためでなく、よりよく生きるために仕事をするのです。もっと楽しもうと考えるべきです。その手段は何か、と考えるのです。

あなたは何で人に働きかけますか、まずは、声ですね。

(♭б)

Q.声をよくすることでの価値とは何でしょうか。

A.私は時間をたくさん投じて、声を磨いてきました。その声が、今のさまざまな出会いをもたらしているといえなくもありません。

声そのものが、すでに価値をもっている。それは、誰でも同じです。

歌などをやっても、食べていけないという人がいます。それは声や歌を本当に使い切れていないからです。アーティストは、1曲わずか3分間の作品で価値を創っています。今は人前に出なくても、家にいても稼げます。

声も歌も仕事なら他の人に価値を与えてなんぼのものです。自分で心地よく歌うのと、他人に歌って欲しいと求められるのとでは逆でしょう。その見返りとなるのが、感謝なのです。客に求められないものでは、売れないのはあたりまえです。(♭б)

2018年3月12日 (月)

Q.歌の聞き方で日本人の特色はありますか。

. 歌は、海外では、リズムと音色、日本はメロディと歌詞中心です。ラップは、メロディがないし、スキャットはことばがないですね。彼らは、強弱、息、音色(子音)中心に、私たちは、高低、音の響き(母音)、長短を中心に聞くのです。(♭ф)

Q.不自然な歌とはどういうことに使うのですか。

A.日本のポップスでは、曲を輸入したときに、ことばでないところ、特に声の音色だけで展開するところ(スキャットなど)は、よくカットされます。声の技術だけでみせるところが、あまり重要視されないのです。詞がついているところだけ、コピーしてしまうのです。本当は詞のないところも歌であり、音楽なのですね。技術的にカバーできないのか、客が望んでいないのか、両方あると思います。

日本のミュージカルなどでは、やたらと発声技術をふしぜんなまで強調して、みせようとしているものもあります。(♭ф)

2018年3月 5日 (月)

☆Q.分野によっての声の出し方や違いを教えてください。

A.私は、その人の中心にある声を一つに捉えることをメインにしています。日本の声楽家やポピュラーのヴォイストレーナーは、プロの役者や声優、アナウンサーのトレーニングは必ずしも引き受けていません。ヴォイストレーニングなのに、私の研究所のように、歌手と役者、両方の人が学べるところが少ないのは、基本の基本でなく、声が使われるときの機能面、応用のトレーニングを基礎としてやっているからでしょう。(♭ф)

Q.プロらしい声とは、何ですか。

A.多くのプロの卵が、歌には“歌声”、俳優には“役者声”、アナウンサーには“アナウンス声”があると信じて、それをマスターしようとしています。おもしろいことに、これらが分野別に全く違う発声のように、分かれているのが日本なのです。自分自身のもっとも使いやすい声よりも、それが優先されてしまうのは、残念なことです。あまり他の人の一つの声にこだわるのはよくないと思ってください。(♭ф)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00.研究所の複数トレーナーへの共通Q&A(同問異答) | 01.姿勢 166問~ | 02.呼吸 370問~ | 03.発声 748問~ | 04.発音/言葉 268問~ | 05.声域/声区 207問~ | 06.声量/フレージング 108問~ | 07.共鳴/ミックスヴォイス 126問~ | 08.リズム/リズム感 159問~ | 09.音程/音感/聴音 125問~ | 10.歌唱とステージング 240問~ | 11.トレーニング/日常の練習 913問~ | 12.表現/オリジナリティ 283問~ | 13.知識/医学/科学など 463問~ | 14.メンタルヘルス 88問~ | 15.役者/声優/ミュージカル/アナウンサー 109問~ | 16.一般/会話/話し方など 146問~ | 17. | 18. | 19. | 20.このQ&Aブログについて | 21. | 22. | 23.一般的なレッスン、トレーナー、スクールなど | 24.声の基本メニュ | 25.ブレスヴォイストレーニング研究所とトレーナー | 26.研究所のレッスン | 27.レッスン受講について | 28.福島英 | 29.ブレスヴォイストレーニングメソッド | 30. | 31.体と息のメニュ | 32.発声、声量のメニュ | 33.発音、ことばのメニュ | 34.共鳴、声域のメニュ | 35.せりふ、感情表現のメニュ | 36.リズム感、音感、音楽基礎のメニュ | 37.ビジネス、話し方のメニュ | 38.メンタル、パフォーマンスのメニュ | 39.歌唱、ステージングのメニュ | 51.[2014/08/01~2015/03/31のQ&A] | 52.(☆~☆☆☆)[2014/08/01~2015/03/31のQ&A]