サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

ブレスヴォイストレーニング研究所 レッスン受講資料請求

トレーナーの選び方

ヴォイトレレッスンの日々

13.知識/医学/科学など 463問~

2019年5月19日 (日)

Q.倍音とは、何ですか。

A.一つの音は、同時にその2倍、3倍、4倍…の周波数も出しています。それは、基本周波数の整数倍となります。私たちが聞いて認知するのが、そのなかで一番低い基本周波数です。(♯)

2019年5月12日 (日)

Q.声の音の高さは何で決まりますか。

A.ピッチとしての基本周波数は、張力/質量の平方根÷2×長さです。弦でみると、

a.長くなると、2倍で1オクターブ低くなる。

b.太くなると重くなる、2倍太いと4倍重くて、1オクターブ低くなる。

c.張りが強いと、4倍強く張ると1オクターブ高くなる。(♯)

Q.周波数とは何ですか。

A.音の高さです。繁雑がフリークエントリーで、周波数がフリークエンシーです。弦を弾くと左右にふれます。1秒間のふれる回数が110回なら110HZの音の高さとなります。このときの1回とは、1サイクルを指します。真ん中から左に揺れ真ん中に戻り、右に揺れ真ん中に戻って1サイクルです。これはギターの2番目に太い弦 (開放弦で)のA(ラ )=110HZ、A2です。(♯)

2019年5月 8日 (水)

Q.ヴォイトレでのポップスとクラシックとの違いは何でしょう。

A.クラシックの声楽は、本番でもマイクを使いません。具体化した共鳴、声量をもって効率よく長く伸ばせないと通用しません。ステージの条件が全世界で、およそ共通しているので、ヴォイトレとしては、共通のレベル設定がしやすいです。ポップスの23倍も余力がいるので、声楽はポップスの声の器づくりになると思います。ポップスの発声は、音響を使えるので、定義はありません。

2019年4月29日 (月)

Q.才能とは何ですか。

A.努力しても得られないもの。でもそれを発揮するには、それ以外のもの、まだ、得られていないものを努力で整えなくてはなりません。

2019年4月14日 (日)

Q.サービスとは、何でしょうか。

A.すぐに対応できる、安心、信頼できる、時間を無駄にしない。重要な人物として対処されること、心地よくもてなされる、丁寧に送り出される、好きなものを食べられる、ゆっくりと眠れる、こういうことです。それが嬉しいのは、誰でも同じです。(♯)

2019年4月 7日 (日)

Q.完全に集中したいのですが。

A.イメージからの集中は、意を注ぎます。執着を離れての統一で、のるゾーンに入ります。集中とは、注意集中のことです。(♯)

2019年3月31日 (日)

Q.加齢には、筋トレですか。

A.若いときと年を経ていくときとは違うでしょう。つくるのと保つのとの違いです。部分を強くではなく、体を均等に使うことが大切です。(♯)

2019年3月24日 (日)

Q. ウエイトトレーニングは、よくないと言われました。

A.ウエイトトレーニングの欠点は、筋肉をつくるので部分的に偏り、そこも重くなることです。相撲などでは、近年、筋トレなどで大きくなった力士が増えました。そのため、怪我も増えたのではないかと言われています。

でも、だからよくないとはいえません。(♯)

2019年3月16日 (土)

Q.オペラ歌手はなぜ大きな声が出るのですか、マイクは使わないのですか。

.呼吸のエネルギー、筋力、鍛え抜かれた声帯、最大限に開けた共鳴腔。これらを駆使することで、並外れた声量を出すことが可能になります。

マイクについては、基本的には使いません。ホールの収容人数が20003000人程度まででしたら、使うことはないです。それ以上になってくると、舞台上に収音装置を置き、客席のスピーカーから薄く音が出る程度に音響機器を使用することはありますが、あくまで補助程度です。観客も気づかないものです。歌手一人ひとりにピンマイクを付けるような使用はしません。

以前、音響さんにお話を伺ったところ、クラッシックでお客さんにバレない程度にマイクを入れる技術があるそうです。コツは、生の音よりもほんの一瞬だけ遅らせてスピーカーから音を出すこと。人間の耳は、先に鳴った音で音源の方向を判断する性質があるため、一瞬後で鳴り始めるスピーカーからの音は、発生源として認識されず、音量だけが増して聞こえるのだそうです。(♯∂)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00.トレーナー共通Q&A 同じ質問に対するトレーナー複数名の回答(同問異答) 01.姿勢 166問~ 02.呼吸 370問~ 03.発声 748問~ 04.発音/言葉 268問~ 05.声域/声区 207問~ 06.声量/フレージング 108問~ 07.共鳴/ミックスヴォイス 126問~ 08.リズム/リズム感 159問~ 09.音程/音感/聴音 125問~ 10.歌唱とステージング 240問~ 11.トレーニング/日常の練習 913問~ 12.表現/オリジナリティ 283問~ 13.知識/医学/科学など 463問~ 14.メンタルヘルス 88問~ 15.役者/声優/ミュージカル/アナウンサー 109問~ 16.一般/会話/話し方など 146問~ 17.歌、歌い手 18.トレーナーについて 19.ヴォイストレーニングの考え方 20.このQ&Aブログについて 21.その他、アーカイブ、研究所史 22.音大、教育法、声楽、クラシック、オペラ 23.一般的なレッスン、トレーナー、スクールなど 24.声の基本メニュ 25.ブレスヴォイストレーニング研究所とトレーナー 26.研究所のレッスン 27.レッスン受講について 28.福島英 29.ブレスヴォイストレーニングメソッド 30.Q&A 31.体と息のメニュ 32.発声、声量のメニュ 33.発音、ことばのメニュ 34.共鳴、声域のメニュ 35.せりふ、感情表現のメニュ 36.リズム感、音感、音楽基礎のメニュ 37.ビジネス、話し方のメニュ 38.メンタル、パフォーマンスのメニュ 39.歌唱、ステージングのメニュ 51.[2014/08/01~2015/03/31のQ&A] 52.(☆~☆☆☆)[2014/08/01~2015/03/31のQ&A]