サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

ブレスヴォイストレーニング研究所 レッスン受講資料請求

トレーナーの選び方

ヴォイトレレッスンの日々

14.メンタルヘルス 88問~

2019年5月18日 (土)

Q.緊張していいパフォーマンスができません。

.リハーサルで「緊張する練習」をするのがお勧めです。直前に一度思い切り緊張しておけば、二度目はどうということはないです。本番で100パーセントの力を出せないものです。60パーセントぐらい出せれば十分だと思ってください。それで足りないなら、練習で150パーセントを作っておきましょう。きっと本番は100パーセントになります。

失敗しても、調子が悪かったなら仕方がないですね。お客さんに「今日は調子が悪い」と言っておけば、本当はもっと上手いのだと思ってもらえるかもしれません。でも、調子が悪いと口にすると、本当に調子が悪くなります。そんな予防線は張らず、嘘でも「今日は調子がいい」と言っておきましょう。いい方向に向かえます。(♯∂)

2019年5月 4日 (土)

Q.舞台の公演中、声が出にくくなると対処方法がわからず気持ちが不安になります。

.そのような状況での対処方法はいろいろありますが、その方法がどれくらい有効に働くか(効果を実感できるのか)は人それぞれです。ですので、普段からご自身の調子を戻しやすいと感じられるトレーニング方法を見つけ、その方法を実践してやり慣れておくことをお勧めします。

さまざまな状態に対応できるようトレーニング方法はひとつに絞らず、いくつかの選択肢を持っておきましょう。なぜなら同じ方法を行っても、その日の体調や精神的なもの(緊張や不安など)によって効果は微妙に違ってくるからです。

焦ることはありません。いつもの効果的な方法を行ってすぐに整えばよし、整わなければ落ち着いて他の方法をさらに行えばよいのです。

ひとつの方法で効果がいまいちでも他の方法で整えれば大丈夫、と思えるだけで精神的にも不安な気持ちを払拭する助けになります。ぜひご自身の傾向を知り、効果的な方法を増やしていくためにレッスンを活用していってください。(♯α)

2019年4月21日 (日)

Q.サービス、心地よい対応について、ムラがあります。

A.そのときのあなたの気分が決めているとしたら、そこを直さないと何ともなりません。出し惜しむのはもったいないです。憧れの人が来たつもりになって、いつも対応するとよいでしょう。(♯)

2019年4月17日 (水)

Q.トレーナーとは公私でも親しくなって、何でも言ってもらいたいのですが。

A.あまりに強い依頼心や依存しようという気持ちがあると、あなたはトレーナーの後に隠れて個性を出せなくなります。それでは感性や考える力が磨かれません。歌や芝居に、教えられたものが教えられたままで出てしまいます。

2019年4月15日 (月)

Q.どうしても表現をセーブしてしまいます。どうすればカラを破れますか。

A.伝わって人の心に残るのは演技や声でなく、それを通して突き抜けていく気の力のようなものです。今ある形をぶち壊して練習しましょう。本番で客の前に出ると収まるように収まります。

2019年4月14日 (日)

Q.緊張して、はっきり話そうとすると、呼吸も苦しいですね。

A.相手に対そうとして硬直するのは、不要なことです。(♯)

Q.対立して、うまくいきません。

A.対立するというのは、似た感情、似た行動をとって、似てしまうわけです。同化しようとしてこそ、本当の違いがみえ、一人ひとり異なることができるのです。相手を取り込むのでなく相手のなかに入ることで、心身も自由になることで、生きるのです。(♯)

2019年4月13日 (土)

Q.あのとき無理をして喉を壊さなければよかったのにと、どうしても後悔してしまいます。

.喉は壊さない方がよいに決まっていますし、壊すとわかっていたなら無理をしたはずがありません。そのときの辛さは実際に経験した人にしかわからないことです。心身への負担を考えるとお気持ちをお察しいたします。ただ、今もなおその後悔のせいでマイナスな気持ちになり続ける必要はないように思います。もし仮に、そのとき喉を壊さないでいたら今どうなっているか。と想像しみてください。その代わり喉へ負担をかけ続けていたかもしれません。この先無理をして、もっと喉を壊さないとも限りません。ですが、辛い経験をしたことで、それ以降はきっと練習時間や喉の調子などにより一層気を配るようになったでしょう。この先はもう喉を壊すほどの無理を強いないようになっているはずです。その経験が後にくるより、早い段階に知ることができてよかったともいえます。辛い経験も含めて、どれも前に進むための肥やしになってくれるのだと捉えてください。(♯α)

2019年4月10日 (水)

Q.人前で緊張してしまい、力を発揮できません。

A.メンタルトレーニングの本でも読みましょう。人それぞれの処方があります。緊張イコール失敗するとは考えないことです。すぐれた人ほど緊張もします。緊張しないと舞台も成り立ちません。テンションと捉えてみましょう。どうにも無理なら、命をとられるわけでないと開き直りましょう。

Q.大役を抜擢され、夜も眠れません。

A.大体、人はできないことなどめったにやらされない、やりたくてもやらせてもらえないのです。抜擢されたのは、やれる、やれるようになるからです。もし実力がないのならミスキャスティングは抜擢した人の責任です。あなたは、その人の期待にこたえるべく、力を出しきってやればよいだけです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00.トレーナー共通Q&A 同じ質問に対するトレーナー複数名の回答(同問異答) 01.姿勢 166問~ 02.呼吸 370問~ 03.発声 748問~ 04.発音/言葉 268問~ 05.声域/声区 207問~ 06.声量/フレージング 108問~ 07.共鳴/ミックスヴォイス 126問~ 08.リズム/リズム感 159問~ 09.音程/音感/聴音 125問~ 10.歌唱とステージング 240問~ 11.トレーニング/日常の練習 913問~ 12.表現/オリジナリティ 283問~ 13.知識/医学/科学など 463問~ 14.メンタルヘルス 88問~ 15.役者/声優/ミュージカル/アナウンサー 109問~ 16.一般/会話/話し方など 146問~ 17.歌、歌い手 18.トレーナーについて 19.ヴォイストレーニングの考え方 20.このQ&Aブログについて 21.その他、アーカイブ、研究所史 22.音大、教育法、声楽、クラシック、オペラ 23.一般的なレッスン、トレーナー、スクールなど 24.声の基本メニュ 25.ブレスヴォイストレーニング研究所とトレーナー 26.研究所のレッスン 27.レッスン受講について 28.福島英 29.ブレスヴォイストレーニングメソッド 30.Q&A 31.体と息のメニュ 32.発声、声量のメニュ 33.発音、ことばのメニュ 34.共鳴、声域のメニュ 35.せりふ、感情表現のメニュ 36.リズム感、音感、音楽基礎のメニュ 37.ビジネス、話し方のメニュ 38.メンタル、パフォーマンスのメニュ 39.歌唱、ステージングのメニュ 51.[2014/08/01~2015/03/31のQ&A] 52.(☆~☆☆☆)[2014/08/01~2015/03/31のQ&A]