サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

ブレスヴォイストレーニング研究所 レッスン受講資料請求

トレーナーの選び方

ヴォイトレレッスンの日々

18.トレーナーについて

2019年5月 6日 (月)

Q.複数のトレーナーについています。うまく使うコツはありますか。

A.それぞれの先生のやり方で、とりあえず、一番やりやすかったところを基本のメニュにする。

それぞれの先生のどこをどう使うかを決める。

それぞれの先生のメニュの組み合わせをまとめていく。

今、使えないメニュがあってもよい。今は必要がないだけでまた使えるかもしれないので、とっておく。

2019年4月24日 (水)

Q.うまくいったからといってトレーナーの名は出すなと言われました。

A.うまくいったとしたら本人の力です。トレーナーが何をアドバイスしようと大して変わらない人も多いのです。トレーナー歴を並べる人も多いのです。日本ではクラシックの音楽家などは権威づけに使います。そんなことを価値と思うから、にせベートーベンなどが出るのです。作品は独立して評価すべきです。場合によってはアーティストの名さえ外してもよいくらいです。本人が出した作品や舞台がすべてなのです。トレーナーの教えを消化していたら、それでよいのです。両親の名前を出さないのと同じことです。

 

Q.ヴォイストレーナーに向いている人、向いていない人は。

A.声に恵まれた人、最初から器用に声を使い分けられる人、歌のうまい人、そういう人は、必ずしも向いていません。なぜ歌手、役者、声優にならなかったのか、なれなかったのかをきちんと乗り越えてこないと、その人ほどに恵まれていない声や歌の人を育てるのは難しいと思います。向いているのは逆のパターン、不器用な人、声に恵まれなかった人で、かつ、それを克服したプロセスを把握している人の方でしょうか。

2019年4月 8日 (月)

Q.先生は何でも答えられてすごいと思います。

A.よく読んでみてください。私たち自身、あまりにきちんと答えられているものが少なくて唖然とします。これは答えでなく問いかけですと言っています。こうして自分が知らないこと、答えられていないことを知る、すると、少しは次に学べるのです。それは、研究所においても、ヴォイトレが必ずしもすべての人にすべて満足いくほどにできていないことをプロとして恥と思い、克服していくためです。

2019年4月 3日 (水)

Q.絶対にヴォイトレで間違えたくないので正しいトレーナーを教えてください。☆

A.間違い、正しいという区分自体がおかしいと思います。それでもというなら、大きなリターン、成果を期待しないこと、時間をたっぷりかけること。それが間違わない秘訣です。それと同時に、他の人がやれば間違いになるものを魅力にまで高めた人が一流というものだと、頭のどこかに入れておいてください。

Q.世界の一流のアーティストのヴォイストレーナーは、一流の手腕をもつのですか。

A.私もその何人かに会いましたが、技量はともかく、一流のアーティストが来るだけの何かがあるのは確かです。そのうちの一人は、アーティスト顔負けの、すばらしい声をしていました。ただし、一流のアーティストを育てたのとは違うと思うのです。一流のアーティストになりたいと言っても、誰かが教えて必ずなれるものではないでしょう。(海外のヴォイトレは、いくつか述べてきましたが、いつかまとめるつもりです。ここに長くいるプロの何人かも受けに行っているので、そういう感想も合わせます)

しかし、声の後進国の日本では、現実に私のところでは、歌唱力のあるプロについては、どのトレーナーがついても大丈夫です。アマチュアのなかでもどうにもならないような人をどう伸ばすのか、プロにまでするのかこそ、実力が問われます。

2019年4月 1日 (月)

Q.ヴォイストレーナーは、声をチェックするのにどこをみているのですか。

A.体の動きはもっともわかりやすいところです。そこで大切なのは、表面よりも内部の動き、呼吸をみます。呼吸がどう発声になって共鳴しているのかをみます。みえないものを自分の体と発声の感覚に置き換えて感じます。そこで不具合を感じたことを直すために注意したり、メニュで変化させ矯正します。

私は、ときに自分の体を捨てて、他の体にあてはめてみることもあります。すぐれたトレーナーやアーティストの体の感覚を借りることもあります。

2019年3月24日 (日)

Q.指導で、必要なこと以上を求められているように思います。

A.まずは与えられたことをやりましょう。自分のよしとするよりオーバーすることを求められるのは当然です。求められることをオーバーするくらいやってこそ、可能性が開けることでしょう。マックスを想定するべきです。

(♯)

2019年3月17日 (日)

Q.トレーナーの言うこととすることに違いがあるときは、どうするのですか。

A.トレーナーが、あなたのためにしていることは、トレーナーのすることでなく、あなたのすること、した方がよいことです。トレーナーのすること、できること以上を目指しましょう。(♯)

Q.違うと思う指示にも従うのがよいですか。

A.言う通りにするのは、言う通りにしないよりはよいのです。言う通りにできないから悩むのなら、言う通りにしようと努めつつ、そのギャップを考えることです。人に歪められない真理、万物の正解、基本を知っていくことです。(♯)

その他のカテゴリー

00.トレーナー共通Q&A 同じ質問に対するトレーナー複数名の回答(同問異答) 01.姿勢 166問~ 02.呼吸 370問~ 03.発声 748問~ 04.発音/言葉 268問~ 05.声域/声区 207問~ 06.声量/フレージング 108問~ 07.共鳴/ミックスヴォイス 126問~ 08.リズム/リズム感 159問~ 09.音程/音感/聴音 125問~ 10.歌唱とステージング 240問~ 11.トレーニング/日常の練習 913問~ 12.表現/オリジナリティ 283問~ 13.知識/医学/科学など 463問~ 14.メンタルヘルス 88問~ 15.役者/声優/ミュージカル/アナウンサー 109問~ 16.一般/会話/話し方など 146問~ 17.歌、歌い手 18.トレーナーについて 19.ヴォイストレーニングの考え方 20.このQ&Aブログについて 21.その他、アーカイブ、研究所史 22.音大、教育法、声楽、クラシック、オペラ 23.一般的なレッスン、トレーナー、スクールなど 24.声の基本メニュ 25.ブレスヴォイストレーニング研究所とトレーナー 26.研究所のレッスン 27.レッスン受講について 28.福島英 29.ブレスヴォイストレーニングメソッド 30.Q&A 31.体と息のメニュ 32.発声、声量のメニュ 33.発音、ことばのメニュ 34.共鳴、声域のメニュ 35.せりふ、感情表現のメニュ 36.リズム感、音感、音楽基礎のメニュ 37.ビジネス、話し方のメニュ 38.メンタル、パフォーマンスのメニュ 39.歌唱、ステージングのメニュ 51.[2014/08/01~2015/03/31のQ&A] 52.(☆~☆☆☆)[2014/08/01~2015/03/31のQ&A]