サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

ブレスヴォイストレーニング研究所 レッスン受講資料請求

トレーナーの選び方

ヴォイトレレッスンの日々

33.発音、ことばのメニュ

2015年3月 5日 (木)

Q.高低アクセントのトレーニングとは。

Q.高低アクセントのトレーニングとは。

A.少し大げさに高低の区分けをするため<頭高型と尾高型>で言い分けましょう。

朝=麻、アナ=穴、籍=咳、足袋=旅、tuna(ツナ)=綱、鶴=蔓、都市=歳、訳=役。(♭)

2015年2月24日 (火)

Q.共鳴と母音との関係は。

Q.共鳴と母音との関係は。

A.母音は、舌の位置で口の中の空間を変え、フォルマントを変えて形成します。母音は、声としての楽器音といってもよいでしょう。吹奏楽器のように、特有の音色、長短、強弱、高低などを生じさせることができます。

「あー」と声を出し、口を縦に横にと、交互に開けてみてください。明るく、暗く、硬く、柔らかく、軽く、重くなど、いろいろな音色にすることができます。いくつか試してみてください。母音によっても、出しやすい音色が違いますね。「アーン」とNをつけると鼻に抜け、深く柔らかくなります。

 

Q.いろいろな音色を出してみるとは。

A.・あくび 「(あーあー)」

・大笑い「あははは」「いひひひ」

・号泣「エーン」

・喘ぐ「アーン」

・冷やかす「イエイ」

 

Q.調音と子音との関係は。

A.子音は、唇、歯(茎)、鼻、舌を使って、声や息の流れを妨げて生じさせます。こうして発音することを構音(調音)といいます。どの音もすべてもっともよい声でそろえるようにしてください。常に、音の高さや発音よりも、「よい声」にすることを優先してください(「悪い声」→「よい声」→「ベターな声に」)。今の「ベターな声」については、さらによくしていってください。(「ベターな声」→「ベストの声」)

 

Q.舌を使うトレーニングとは。

A.1.ランダ・ナンダ・ガヤダ

2.タテタケカケタ

3.タカラダタケダ

※どのトレーニングも、もっとも出しやすい音(できたら深い声、音の高さ、強さ、長さ)で行なってください。

 

Q.子音の発音を学びたい。

A.日本語の子音は母音につく(日本語の場合は原則として1子音+1母音)ので、柔軟かつすばやく出すことが求められます。母音がその共鳴で歌の流れをつくり出すのに対し、子音はそれを妨げかねないからです。あとにくる母音を生かすように注意してください。

 KTFなどは、声帯をふるわさずに大部分、のど、舌、唇によって発音されます(これを無声音といいます)。

 LMNRZVWなどは、母音と同じく声帯の振動を伴います(これを有声音といいます)。

 これは次にくる母音と分かれて聞こえないように、注意しなくてはなりません。MAMAと2つの異なる音の高さで聞こえないようにします。とくに巻き舌のRなどでは、注意してください。

 

K 舌の中央を山型に軟口蓋につけ、息を止めてこれを離すことで発音します。「か(K)や、が(G)」は、舌根の奥で行なっているため、次にくる母音が不明瞭になりやすいです。

N 日本語の「ん」とは違います。歯茎の軟口蓋に舌の先がついて、瞬間的に鼻に抜けます。

VFW 下唇の裏と上の前歯で摩擦して発音します。

Z 歯の間ではなく、舌を歯の間で出します。

 

Q.ラのRLとの違いは。

A.R 舌を薄く柔らかにして、舌の先端を振動させ巻き舌にします。声を発するのが、のど奥になります。

L 舌を柔らかく薄く扱い、舌の先端を軽く上の前歯の先方につけ、前にはずしながら発音します。

「ラ」 Lより少し縮まり後方につき、舌根がやや固くふくらみます。どちらかといえば「Da」に近いようです。

lalalaは「ラララ」と違って、あごは動きません。

 

Q.英語での発声から発音へのトレーニングとは。

A.日本語のアエイオウを、AEIOUとおきかえて、英語で説明します。ただし、英語のAは口内が狭くなりがちなので注意してください。

A……GARDEN(ガーデン) 口を大きくあけ、舌を平らにして明るく。薄っぺらな声にならないように

E……EVER(エバー) Iより口を大きく。多くの息を使う

I……CHEESE(チーズ) 唇がほどよく開き、明るく広く

O……FOR(フォー) 舌を平らにする

U……FOOL(フール) 唇をあまり前につき出さず、鼻音にもならないように気をつける

ついでにもう3つ、発音を学びましょう。

ユ( j)(ウムラート)……ウの口形でイを発音(英語になく、ドイツ語・フランス語)[※ウムラート・・・後続母音の影響による母音変異]

アー(ER)……HER、口を中くらいにあけて、やや唇をつき出す

ア(A)……HAT、大きな口で明るくはっきりと出す

 

Q.日本語の発音トレーニングは。

A.ア行 愛は、上を向く              ガ行 ガキがグッとでカエルゲコー

カ行 柿食えば、けっこうな          ザ行 ザジが地図を善三にざっくり

サ行 さしつ、そそられ、せすれば     ダ行 ツチのコ出たのどこだ

タ行 たてつつ、たちつつ、ちょっとと     バ行 ボビーのブーは、美人でべっぴん

ナ行 なに縫って、寝るの           パ行 ペーパーとポプリでピーピー

ハ行 派兵され、被弾で訃報         ン行 新聞は先代の本屋さんから

マ行 豆も、むりにいみな           ☆特殊音節 ※母音が無声化するときもある

ヤ行 やい、髪を結えよ             拗音 「ャ」 キャキュキョ シャシュショ

ラ行 ラッパの列と羅列             撥音 「ン」 先代 仙台 先頭

ワ行 わをいえずにうんと            促音 「ッ」 やっぱり さっぱり トロッキー

 

Q.早口ことばのトレーニングとは。

A.発音をはっきりとさせましょう。滑舌=アーティキュレーションをよくするのです。

 

<ア>あら、また、あかいはたがあがった、かった、かった、あかがかった。

<イ>いちり、にり、しちり、いちにちに、ぎりぎり、しちり、いった。

<ウ>歌うたいが歌うたいに来て歌うたえというが、歌うたいが歌うたうだけうたえ切れば、歌うたうけれども、歌うたいだけうたい切れないから歌うたわぬ。

<エ>蝦夷(えぞ)で暮すも一生、江戸で暮すも一生。

<オ>老いては負うた子に教えられ。

 

<カ>神田鍛冶町の角の乾物屋の勝栗(かちぐり)買ったが、固くて噛めない、返しに行ったら、勘兵衛のかみさんが帰ってきて、かんしゃく起して、かりかりかんだら、かりかり噛めた。

<キ>菊桐菊桐三菊桐(みきくきり)、合わせて菊桐六菊桐(むきくきり)

<ク>くりくり坊主が栗食って、くりくり舞をくりかえし、くるりと庫裡(くり)へくり込んだ。

<ケ>怪我負け、怪我勝ち、大怪我、小怪我。

<コ>小卵大卵(こたまごおおたまご)、大卵小卵。

 

<サ>笹原さん、佐々木さん、佐々三郎さん、三人早速あさって誘ってさしあげましょう。

<シ>信州信濃渋井村、新家(しんけ)の重(しげ)さんの尻にしらみが四匹(しひき)しがみついて死んだ。

<ス>住吉(すみよし)のすみにすずめが巣をくって、巣早すずめの巣立ちするらん。

<セ>浅草寺(せんそうじ)の千手観音(せんじゅかんのん)、専念千日千遍(せんじつせんぺん)拝んで、千束町(せんぞくちょう)で煎餅買って千食べた。

<ソ>そんじょそこらのそばかす小僧が、そちをそしって逃げたとしても、そちはそれほど、そっとこらえてそしらぬ顔とは感心だ。

 

<タ>この竹垣に竹立てかけたのは、竹たてかけたかったから、竹立てかけたのです。

<チ>茶たばこのんでたばこ茶のむ、茶たばこたばこ茶々たばこ、のむ。

<ツ>つるてんつるてんはぎわらてん、破れた前だれあててんてん、夏は寒天心太(ところてん)、島島弁天(とうとうべんてん)手をうちゃ合点、一天合中六天(いってんがっちゅうろくてん)、それで私のもとでこてん。

<テ>テレピン油(ゆ)を掌(てのひら)にたらして手と手でもんでおてんてんへつけて見ろ。

<ト>とてちてた、とてちて、とてちて、とてちてた、おっと踊った。とんつつ、とんつつ、ととんつつ、どんたく踊りをおどろうぞ。

 

<ナ>長持(ながもち)の上に、生米、生麦、生卵。なた豆七つぶ生米七つぶ、七つぶなた豆。七つぶ生米。

<ニ>二条の西の洞院(とういん)、西入人形屋(にしいるにんぎょうや)の二階で、鶏が二羽、西向いて逃げた。

<ヌ>盗人と濡衣担(ぬれぎぬにな)い、悩みぬぐえず、七日七晩(なぬかななばん)泣きぬれる。

<ネ>年々ふえる年祖捻出(ねんそねんしゅつ)、なんとかならぬか泣言(なきごと)ならべた。

<ノ>農商務(のうしょうむ)省特許局日本銀行国庫局。

 

<ハ>パイプの火の不始末から火花ふいて、本家分家を灰にした。

<ヒ>かえるひょこひょこ三(み)ひょこひょこ、四(よ)ひょこひょこ、五(ご)ひょこひょこ、六(む)ひょこひょこ、七ひょこひょこ、八ひょこひょこ、九ひょこひょこ、十ひょこひょこ。

<フ>武具馬具(ぶぐばぐ)、武具馬具、三武具馬具、合わせて武具馬具六武具馬具。

<ヘ>家(うち)の牛(べ)こはよい牛こ、隣の牛こもよい牛こ、向こうの牛こもよい牛こ、三つ合わせて三よい三牛こ。

<ホ>坊主の貧乏、非常にふびんと坊主と坊主の父母が、奉仕と募金。

 

<マ>青巻紙赤巻紙黄巻紙(あおまきがみあかまきがみきまきがみ)、黄巻紙赤巻紙青巻紙、長巻紙に赤巻紙。

<ミ>猫が拝(おが)みゃがる、犬が拝みゃがる、馬が拝みゃがる。

<ム>麦ごみ麦ごみ三麦ごみ、合わせて麦ごみ六麦ごみ。

<メ>ちょっと流し目したら、目くじら立てて怒られて、ひどい目に会った。

<モ>すももも桃ももう熟れたから、もう売れよう。

 

<ヤ>おやおや、八百屋さん、お綾(あや)は親とお湯屋(ゆや)よ。

<ユ>湯河原に遊びに行って夕月を眺めたら、愉快になった。

<ヨ>居合(いあい)の用意はよいな。用意はいいよ。よいよい。やあやあ、いよいよ居合をやるぞ。

 

<ラ>雷鳥は寒かろラリルレロ。

<リ>瓜(うり)売りが瓜売りに出て瓜売れず売り売り帰る瓜売りの声。

<ル>虎をとるなら、虎をとるより鳥をとり、鳥をおとりに虎をとれ。

<レ>冷蔵庫から、冷凍料理を出してこいと言ったら、冷蔵庫から冷凍料理を出さないで、冷蔵庫からビール出してラッパのみした。

<ロ>とろろ芋をとる苦労より、とろろ芋からとろっとするとろろ汁をとる苦労。

<ワ>わらわば笑え、わらわは、笑われるいわれはないわえ。

 

Q.滑舌のトレーニングを教えてください。

A.「外朗売り」の中ほどの部分です。

 

そりゃそりゃそらそりゃ、まわってきたわ、まわってくるわ。アワヤ咽(のど)、さたらな舌(した)に、カ牙()サ歯音(しおん)、ハマの二つは唇(しん)の軽重(けいちょう)、開合(かいごう)さわやかに、あかさたなはまやらわ、おこそとのほもよろを、一つへぎへぎに、へぎほしはじかみ、盆(ぼん)(まめ)、盆(ぼん)(ごめ)、盆(ぼん)ごぼう、摘(つみ)(たで)、摘(つみ)(まめ)、つみ山椒(ざんしょう)、書写山(しょしゃざん)の杜(しゃ)僧正(そうじょう)、粉()(ごめ)の生がみ、粉米の生がみ、こん粉の子生(こなま)がみ、繻子(しゅす)ひじゅす、繻子、繻(しゅ)(ちん)、親も嘉()兵衛(へい)、子も嘉兵衛、親かへい子かへい、子かへい親かへい、ふる栗(くり)の木の古切口(きりぐち)。雨合羽(あまがっぱ)か、番(ばん)合羽(がっぱ)か、貴様(きさま)のきゃはんも皮(かわ)(ぎゃ)(はん)、我等がきゃはんも皮(かわ)(ぎゃ)(はん)、しっかわ袴(ばかま)のしっぽころびを、三針(みはり)はりながにちょっと縫()うて、ぬうてちょっととぶんだぜ、かわら撫子(なでしこ)、野()石竹(せきちく)。のら如来(にょらい)、のら如来(にょらい)、三()のら如来に六()のら如来。一寸先(ちょっとさき)のお小仏(こぼとけ)におけつまずきゃるな、細(ほそ)(どぶ)にどじょにょりょり。京のなま鱈(だら)祭良なま学(まな)(がつお)、ちょっと四、五貫目、お茶立()ちょ、茶立()ちょ、ちゃっと立()ちょ、茶立()ちょ、青竹(あおだけ)茶筅(ちゃせん)でお茶ちゃっと立ちゃ。

 

 来るわ来るわ何が来る、高野(こうや)の山のおこけら小僧(こぞう)。狸(たぬき)百匹(ひゃっぴき)、箸百(はしひゃく)(ぜん)、天目(てんもく)百杯(ひゃっぱい)、棒(ぼう)八百本。武具(ぶぐ)、馬具(ばぐ)、ぶぐ、ばぐ、三武具馬具、合せて武具、馬具、六武具馬具。菊、栗、きく、くり、三菊栗、合せて菊、栗、六菊栗。麦、ごみ、むぎ、ごみ、三むぎごみ、合せてむぎ、ごみ、六むぎごみ。あの長押(なげし)の長薙刀(ながなぎなた)は、誰()が長薙刀ぞ。向こうの胡麻(ごま)がらは、荏()のごまがらか、真ごまがらか、あれこそほんの真胡麻殻(がら)。がらぴい、がらぴい風車(かざぐるま)、おきゃがれこぼし、おきゃがれ小法師(こぼし)、ゆんべもこぼして又こぼした。たあぷぽぽ、たあぷぽぽ、ちりから、ちりから、つったっぽ、たっぽたっぽ一丁だこ、落ちたら煮て食お、煮ても焼いても食われぬものは五徳(ごとく)、鉄(てつ)きゅう、かな熊(くま)童子(どうじ)に、石(いし)(くま)、石持(いしもち)、虎熊、虎きす、中にも東寺(とうじ)の羅生門(らしょうもん)には、茨木(いばらぎ)童子(どうじ)がうで栗(くり)五合つかんでおむしゃる、かの頼(らい)光こうのひざもと去らず。

  鮒(ふな)、きんかん、椎茸(しいたけ)、定(さだ)めて後段(ごだん)な、そば切り、そうめん、うどんか、愚鈍(ぐどん)な小新(こしん)発地(ばち)。小棚(こだな)の、小下の、小桶(おけ)にこ味噌(みそ)が、こ有()るぞ、小杓子(しゃくし)、こ持って、こすくって、こよこせ、おっと合点(がってん)だ、心得(こころえ)たんぼの川崎、神奈川(かながわ)、程ヶ谷(ほどがや)、戸塚は、走って行けば、やいと摺()りむく、三里ばかりか、藤沢(ふじさわ)、平塚(ひらつか)、大磯(おおいそ)がしや、小磯の宿(しゅく)を七つ起きして、早天(そうてん)早々(そうそう)、相州(そうしゅう)小田原とうちん香、隠(かく)れござらぬ貴賎(きせん)群衆(ぐんじゅ)の花のお江戸の花ういろう、あれあの花を見てお心をおやわらぎやという。産(うぶ)子、這(はう)子に恥(いた)るまで、この外郎(ういろう)の御評判(ごひょうばん)、御存じないとは申されまいまいつぶり、負(つの)出せ、棒(ぼう)出せ、ぼうぼうまゆに、臼(うす)、杵(きね)、すりばち、ばちばちぐわらぐわらと、羽目(はめ)を弛(はず)して今日(こんにち)お出()でのいずれも様(さま)に、上げねばならぬ、売らねばならぬと、息せい引っぱり、東方(とうほう)世界(せかい)の薬の元(もと)(じめ)、薬師(やくし)如来(にょらい)も照覧(しょうらん)あれと、ホホ敬(うやま)って、ういろうは、いらっしゃりませぬか。(♭)

その他のカテゴリー

00.研究所の複数トレーナーへの共通Q&A(同問異答) | 01.姿勢 166問~ | 02.呼吸 370問~ | 03.発声 748問~ | 04.発音/言葉 268問~ | 05.声域/声区 207問~ | 06.声量/フレージング 108問~ | 07.共鳴/ミックスヴォイス 126問~ | 08.リズム/リズム感 159問~ | 09.音程/音感/聴音 125問~ | 10.歌唱とステージング 240問~ | 11.トレーニング/日常の練習 913問~ | 12.表現/オリジナリティ 283問~ | 13.知識/医学/科学など 463問~ | 14.メンタルヘルス 88問~ | 15.役者/声優/ミュージカル/アナウンサー 109問~ | 16.一般/会話/話し方など 146問~ | 17. | 18. | 19. | 20.このQ&Aブログについて | 21. | 22. | 23.一般的なレッスン、トレーナー、スクールなど | 24.声の基本メニュ | 25.ブレスヴォイストレーニング研究所とトレーナー | 26.研究所のレッスン | 27.レッスン受講について | 28.福島英 | 29.ブレスヴォイストレーニングメソッド | 30. | 31.体と息のメニュ | 32.発声、声量のメニュ | 33.発音、ことばのメニュ | 34.共鳴、声域のメニュ | 35.せりふ、感情表現のメニュ | 36.リズム感、音感、音楽基礎のメニュ | 37.ビジネス、話し方のメニュ | 38.メンタル、パフォーマンスのメニュ | 39.歌唱、ステージングのメニュ | 51.[2014/08/01~2015/03/31のQ&A] | 52.(☆~☆☆☆)[2014/08/01~2015/03/31のQ&A]