サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

Q&Aについて

ブレスヴォイストレーニング研究所ホームページ

トレーナーの選び方

ヴォイトレレッスンの日々

17.喉、身体 、生理学

2020年8月22日 (土)

Q. レッスンで口を横に引っ張る癖を指摘されました。直したいのですが歌っていると横に引っ張りたくなるのを感じてしまいます。

A.声は前に進みたいのに、横に引っ張る力が加わると声は進みにくくなるのは想像に難くないと思います。時間がかかってもいいので今後のために改善していきましょう。その改善していく過程としては、状態はちゃんと前進していると思います。

その癖を指摘されるまでは、無意識の行為だったために何の意識も向けていなかったのが、いまは意識下に置くことができています。そのおかげで、横に引っ張りたくなるという感覚を察知することができるようになったのです。これは、無意識のままでは決して自覚できなかったものです。

今回のことに限らず、何らかの癖を改善するには、まず無意識の状態から抜け出すことから始まります。あたなはもうその段階は過ぎて、横に引っ張りたくなる感覚と格闘しているときです。それは、改善までは時間の問題ということです。焦らずに少しずつ、よい状態を身体に覚え込ませていってください。(♯α)

2020年8月19日 (水)

Q.表情筋もトレーニングするのですか。

A. 顔の筋肉も使わないと垂れます。下がり、だぶつき、たるんでくるのです。下がるのですから、上がるように動かすのが、トレーニングとして有効でしょう。動かなければ指で触って動かせばよいのです。(♯)

2020年8月 9日 (日)

Q.目の使い方のアドバイスをお願いします。☆

A.上まぶたの上眼瞼挙筋を働かせると、まぶたが上がり目が大きくなります。口角も口角挙筋によって上がります。目力が発揮され、自信が伝わります。(♯)

2020年7月12日 (日)

Q. 人の喉の交差ということが、よくわかりません。

. 人間の咽頭では、空気と食べ物の通り道が交差しています。

しかし、動物では、立体交差で分けられています。喉頭の軟骨が咽頭のなかで高く突き出ていて、鼻の奥の後ろの方に嵌まり込んでいるのです。気道と食道がきちんと分かれているのです。

人は吐気が鼻でなく口からも出るので、複雑に音声を組み合わせたことばになります。(動物は、鼻息で鳴くわけです。)

でも、飲み込みながら話せません。そのときは、気道を塞ぐからです。(♯)

2020年7月 6日 (月)

Q. 腰を支えたいのですが、ツールはありますか。

. 腰ベルトで腹圧を高め、いきんで力が入るので重いものが持てます。重量挙げでも使います。腹筋が働き、腹圧で胸部が押し上がると立ち上がりやすくなります。腹圧は、腰の保護にも大切です。昔の日本人は、肚に帯を巻きました。(♯)

2020年6月19日 (金)

Q. 低い位置に喉頭をおくことは絶対なのでしょうか。

A.発声を勉強していくと「喉を下げる」「低い喉頭」などが出てきます。私自身は低い喉頭であろうと努力していますが、これは私が理想とする声に低い喉頭のポジションが必要だからです。

絶対的に喉頭が低くなければいけないとは思いません。私は、すべての人に喉頭を下げることを推奨はしません。必要だと判断したらアドバイスします。気をつけているのは、喉は「下げなければいけない」という思い込みでしょうか。私の歌にとって下げることはパフォーマンスを上げるためにも必要ですが、下げることに意識がいきすぎると、喉や胸を固くしたり、声を作ってしまってかえってパフォーマンスの質を下げることがあります。発声はあくまでも体のバランスが重要だと考えていますので時にはあえて喉をあげて歌うこともあります。

扉は開閉できなければ機能としては不完全です。開けるしかできない、閉めるしかできないではなく両方に動いて初めて扉としての機能をもちます。

それと同様、どちらにも動かせる自由な喉をもち、自分のパフォーマンスに必要な喉の状態でいられることが重要と考えます。(♭Σ)

2020年6月17日 (水)

Q. 咳喘息とCOPDについて教えてください。

. 咳喘息は、炎症で気管が狭くなるものです。風邪に併発して起きやすく、喘鳴はないのです。長引くと気管支喘息になるので危険です。

喉がイガイガ、痰がからむなら肺炎、結核に、慣性閉塞性肺疾患(COPD)かもしれません。これは、昔は慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれていました。

気管支の炎症や肺胞の破壊で酸素の取り込みや二酸化炭素の排泄がうまくできなくなります。(♯)

2020年6月16日 (火)

Q. 風邪の喉への影響を知りたいです。

. 風邪は、喉の痛みか鼻水か咳のうち2つを伴います。喉の痛みだけのときは、怪しいです。

唾を飲み込むと痛いときは、急性喉頭蓋炎の疑いがあります。これは、気道の閉塞で窒息死の危険があります。扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)、これも窒息死を招きます。

これらは、細菌感染なので抗生物質を用います。

喉の感染症には、他に、咽後膿瘍、溶連菌感染症、EBウイルス感染症、咽頭クラミジアなどがあります。(♯)

2020年6月15日 (月)

Q. 喉の痛みは、どんな病気に関係しますか。

. 喉の痛みは、心筋梗塞、狭心症などの放散痛として、喉、奥歯、肩などにも出ることがあります。高齢者や糖尿病の人では、無痛性心筋虚血で胸が痛まないこともあります。

大瀧詠一さんや阿藤快さんの患った大動脈解離は、心臓の大動脈の内部が裂けて窒息死に至ることもある危険な症状です。背中の痛み、咳、喉に、その前兆が表れることがあります。

脳卒中のくも膜下出血も、喉の異変がサインとなることがあります。

1ヵ月も咳が続くなら病院へ行ってください。(♯)

2020年5月23日 (土)

Q. 声を支えるにはお腹を張っておけばいいのでしょうか。

A.体で声を支えなければひょろひょろとした音声になってしまいます。声を支えるためにお腹を張るというのは、間違ってはいないと思いますが、重要なのは横隔膜です。それもただ、力んで筋肉を固めたり、静止して張るだけではいけません。横隔膜は流動的に、フレキシブルに動くようになっていなければならないのです。

歌っている間も、張ったり、緩んだりを繰り返しているのが理想です。ただでさえ不随意筋の横隔膜を自由自在に動かすというのは、大変難しいことかと思います。しかし、それを自分の意志で動かせるようにしていくのがトレーニングなわけです。

ことさらに、ここ一番のパワフルな声を出さなければならないときに横隔膜が張り出すように使うのが理想的です。横隔膜は肋骨の下の内側についていますので、この部分を下げながら広げるというイメージです。日々の訓練がものをいいます。たゆまず訓練を続けていきましょう。(♯β)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00.同問異答(20人のヴォイストレーナーと専門家の回答) 01.姿勢  02.呼吸  03.発声  04.発音/言葉  05.声域/声区  06.声量/フレージング  07.共鳴/ミックスヴォイス  08.リズム/リズム感  09.音程/音感/聴音  10.歌唱とステージング  11.トレーニング/日常の練習  12.表現/オリジナリティ  13.知識/医学/科学など  14.メンタルヘルス  15.役者/声優/ミュージカル/アナウンサー  16.一般/会話/話し方など  17.喉、身体 、生理学 18.トレーナーについて 19.ヴォイストレーニングの考え方 20.このQ&Aブログについて 21.その他、アーカイブ、研究所史 22.音大、教育法、声楽、クラシック、オペラ 23.一般的なレッスン、トレーナー、スクールなど 24.声の基本メニュ 25.ブレスヴォイストレーニング研究所とトレーナー 26.研究所のレッスン 27.レッスン受講について 28.福島英 29.ブレスヴォイストレーニングメソッド 31.体と息のメニュ 32.発声、声量のメニュ 33.発音、ことばのメニュ 34.共鳴、声域のメニュ 35.せりふ、感情表現のメニュ 36.リズム感、音感、音楽基礎のメニュ 37.ビジネス、話し方のメニュ 38.メンタル、パフォーマンスのメニュ 39.歌唱、ステージングのメニュ 51.[2014/08/01~2015/03/31のQ&A] 52.(☆~☆☆☆)[2014/08/01~2015/03/31のQ&A]