« 「プレイヤーとマネージャー」 Vol.235 | トップページ | 「生命からの情報」 Vol.237 »

「正誤より至ること」 Vol.236

私見ですが、ヴォイストレーニングで、正しい、間違いということが言われるようになったのは、ここ20年のことです。世間でも正義と悪とが二分され、清く正しく美しくという風潮が、さらに強まった気がします。  
そもそも文化とか芸術というのは、他人の創り得ない、理解できないところから、切り出されるものですから、定まった“権威”から判断されるような正誤や善悪でなく、常にどこまで至るか、すごいかということなのです。
     学んでいくプロセスでは、今ある(つまり、すでに過去の)一流のものに引っぱられるようについていきつつ、新たに切り出していくものです。
客やプロデューサーはもちろん、トレーナーのアドバイスさえ、そのまま受けとって行ってみながらも、自分でとことん吟味して、判断して創造していかなくてはなりません。
     スーパーオペラレッスン(NHK)でバーバラ・ボニーは、これを次のように述べています。
     「教師の指示通り、努力するだけでは何かを失ってしまいます。そして、通常それは、別世界への最後の扉を開くカギです」この人は、正誤でなく、至ることを知っている人だと思います。

« 「プレイヤーとマネージャー」 Vol.235 | トップページ | 「生命からの情報」 Vol.237 »

5.プロフェッショナルの伝言」カテゴリの記事